ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

終了 メディアファクトリー新書presents 『消えた戦国武将 帰雲城と内ヶ嶋氏理』発売記念

加来耕三トークライブ「消えた戦国武将 帰雲城と内ヶ嶋氏理を語る」

2012.01.15
日曜日
ひる
OPEN
12:00
START
12:30
END
15:00
※予定時刻
SOLD OUT!

天正13年(1585年)11月29日。難攻不落を誇った奥飛騨の帰雲城は、突然起こった大地震による山津波にのまれ、城主・内ヶ嶋氏理と一族郎党500余名と共に、一夜にして地中に没した。

一片の遺物も発見されず、城のあった場所も特定されぬままに、帰雲城はやがて、その存在すら忘れられていった――。

◆戦国武将・内ヶ嶋氏理とは、どんな人物だったのか?
◆謙信や信玄さえ攻めあぐねた帰雲城はどのような城だったのか?
◆いまだ特定されていない帰雲城の埋没地は、どこなのか?
◆二兆円とも五兆円ともいわれる埋蔵金は、本当に存在するのか?

この戦国時代最大にして最後のミステリーを解き明かすべく、歴史作家・加来耕三が現地に飛び、その謎に迫った『消えた戦国武将 内ヶ嶋氏理と帰雲城』

今回のトークライブでは、本の内容を余すところなく紹介し、さらに制作秘話や、ミステリーの舞台である白川郷の現地レポートをお届け! このイベントのために制作したスペシャルムービーも上映します。

歴史好きはもちろんのこと、地理好き、埋蔵金が気になる人、などなど。皆さんぜひお気軽に遊びに来てください!

【出演者】
加来耕三(歴史作家・『消えた戦国武将 内ヶ嶋氏理と帰雲城』著者)、
江守敦史(メディアファクトリー編集)

他!決まり次第随時発表!

【プロフィール】
加来耕三(かく・こうぞう)1958年、大阪市生まれ。歴史家、作家。奈良大学文学部史学科卒業。1983年より、歴史的に正しく評価されていない人物や 組織の復権をテーマに、著作 活動に入る。歴史の転換期にメスを入れ、豊富な資料を読み解いて史実の新しい断面を解明する大胆な手法には定評がある。

関連サイト

当日券お求めの方はそのままお越し頂ければご入場できますのでお気軽にお越し下さい。
東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながらイベントを楽しめる飲食スタイルのお店で、全席自由席です。

ご入場は前売券の整理番号順~当日乗車券の方のご入場となります。

美味しいお酒、お食事、多数ご用意してお待ちしております!

(ニフティ株式会社運営)

お台場・東京カルチャーカルチャーは全席自由席で入場は前売券の整理番号順~当日券の方の順の御入場となります。飲んだり食べたりしながらイベントを楽しめる飲食スタイルのお店で、飲食代は別途必要となります(ビール¥600、ソフトドリンク¥390など)。
美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。
(運営・ニフティ株式会社)

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。