愛でる食べる楽しむキノコ

終了 キノコナイト~不思議かわいい奇妙な世界~

2012年
06月23日
土曜日
よる
OPEN 17:00
START 18:00
END 20:30 (予定)
SOLD OUT!
このエントリーをはてなブックマークに追加

植物でも動物でもない、菌類である「きのこ」。

地球上の菌類は100万~150種と想定され、現在明らかになっているのは、そのうちの5%にも満たないというまだまだ謎の多い生きものです。
微生物とあなどるなかれ、面積にして890ヘクタール・推定年齢は2400歳!なんていうきのこもいるんです。
世界最大&最長寿の生きものが、実はきのこだなんて、驚きませんか?

その他にも、絵本や物語に登場するメルヘンでかわいいきのこ、ゲームに出てくる魔法のきのこ、映画に出てくるちょっと不気味で怖いきのこ、古くから呪術や儀式で使われているきのこ、そして、食卓を飾る美味しいきのこ。

きのこは、色も形も様々で、小さくもあり大きくもある、
関わりがないようでいて実は私達の生活にも深く関わっている存在なのです。
今回のキノコナイトでは、きのこグッズ、きのこ映画、きのこ文学、きのこ音楽、きのこアート、きのこ公園などを中心に、
文化の中に生えている様々なきのこを採取し、その魅力に取り憑かれた3名がきのこにまつわるアレコレを語ります。

きのこを通して見てみると、なんだか違う世界が見えてくる…
そんな不思議で、楽しくて、かわいくて、ちょっと奇妙なきのこの世界へご案内します。

【出演者】
・飯沢 耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家)
1954年、宮城県生まれ。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学
大学院芸術学研究科博士課程修了。きのこ関係の著書として『きのこ
文学大全』(平凡社新書 2008)、『マジカル・ミステリアス・マッシュルーム・ツアー』
(東京キララ社、2009)、『きのこ文学名作選』(港の人
2010)、『きのこのチカラ』(マガジンハウス 2011)などがある。現在、「きのこのメッ
センジャー」として各方面で活動中。

・堀 博美(きのこライター)
1971年生まれ。神戸生まれ京都在住。ベニテングタケとの出会いを機に、どっぷりと
きのこにはまる。主著「きのこる キノコLOVE111」(山と渓谷社)。
そのほか、雑誌などにきのこ記事を執筆し、「胞子活動」にいそしむ。最近ではライ
ターの枠を超えて、きのこグッズの制作や、TV・ラジオ出演、きのこガイドなど
も行い、きのこの伝道につとめる。日本菌学会・関西菌類談話会会員。

・とよ田 キノ子(きのこグッズコレクター、グラフィック・ウェブデザイナー)
2007年に“きのこ病”を発症し、以後「とよ田キノ子」名義で活動中。きのこグッズコ
レクションの展示や、きのこをモチーフにしたイラスト作品展、きのこイベ
ント等を開催。2011年9月、グラフィック社より出版された『きのこ(乙女の玉手箱シ
リーズ)』を監修。
日々、きのこの魅力を伝える“胞子活動”を行っています。
信州きのこの会会員。

前売り券は終了しました。

前売券はイープラスにて1人8枚まで購入可能になります。ファミリーマート店頭ファミポートで予約なし手数料なしで24時間直接その場で買えます。ネット予約の場合はセブンイレブン、ファミリーマートで支払い受け
取りすれば手数料無料!どの購入方法でも「カルカル」で検索すればすぐ当公演が探せます!!

お台場・東京カルチャーカルチャーは全席自由席で入場は前売券の整理番号順~当日券の方の順の御入場となります。飲んだり食べたりしながらイベントを楽しめる飲食スタイルのお店で、飲食代は別途必要となります(ビール¥600、ソフトドリンク¥390など)。
美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。
(運営・ニフティ株式会社)

このイベントに関連するキーワード: きのこ