ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

終了 ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル日本支局×東京カルチャーカルチャー presents

美食とアートの国・ベルギーナイト!~ベルギー在住日本人とハネムーンに行った日本人のとっておきベルギー案内~

2013.08.07
水曜日
よる
OPEN
18:30
START
19:30
END
21:30
※予定時刻
SOLD OUT!

東京カルチャーカルチャーの恒例人気イベントが夏に開催決定!
毎回テーマを変えて開催してきた「ベルギーナイト」。今回は、ベルギー在住の日本人であり元ベルギーリーグのサッカー選手・小松裕輔氏と日本に22年在住でベルギー観光局ワロン・ビリュッセル日本支局局長のダミアン・ドーム氏を迎えて、日本人がハマったベルギーカルチャーのあれこれをディープに案内いたします!

ワッフル、チョコレートに始まり、タンタン、小便小僧、ムール貝、ベルギーポテト、ベルギービールに、レストラン、マグリット美術館、ホテル情報、お土産、そして、観光ガイドには載っていないディープスポットの紹介、日本人だけが出来るモダーブ城の結婚式など盛りだくさんの生情報トークでお届けいたします!
さらに、FINNAIRの北川昌彦氏も参加決定!

イベントの特別メニューとして、ムール貝、ベルギービール、ポテトの販売も予定しております。

【出演者】
ダミアン・ドーム氏(ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル日本支局長)
小松裕輔(ベルギー・ブリュッセル在住)
北川 昌彦(フィンエアー東京支店 旅客営業部課長)

【企画・司会】
テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)

<出演者プロフィール>

ダミアン・ドーム(だみあん・どーむ)
ベルギー観光局ワロン・ブリュッセル日本支局局長。ベルギー出身。
1991年に来日。週に2~3冊の小説を読むくらい、現代フランス文学が大好き。健康のために、毎朝、仕事行く前にプールで1時間ぐらい泳ぎますが、友達と遊ぶことも好きなので効果はあまり感じない!週末は出来る限り、犬(3匹)と自然の中、”心のエコ”のために日本の色々な所に遊びに行きます。自分が一番気をつけていることは、”人と上手くコミュニケーションを取ること”。故郷のベルギーと第二故郷日本のために、少しでも役に立つ仕事や、人を大事にすることに毎日努めていきたい。
ベルギービール・ウィークエンドでは司会を務める。東京カルチャーカルチャーでは、ベルギーをテーマにしたイベントに多く出演している。

小松裕輔(こまつ・ゆうすけ)
埼玉県出身。31歳。
3歳からサッカーを始め、高校を卒業した後、父の海外赴任に伴い、家族で初ベルギーへ。ブリュッセル市内で約3年間暮らし、サッカーチームに所属。ベルギーリーグでプレーしていた。帰国後は、スポーツ関連・ファッション関連・モデルのマネージメント等の仕事を幅広くこなす。
24歳で起業し「ウォルウェー」を立ち上げる。ちなみに社名の「ウォルウェー」とは、ブリュッセルにある地区名。
昨年7月、再度ベルギーへ。現在は、ツイッターやフェイスブックを利用しベルギーを日本に広める活動をしている。
『日本⇔ベルギー間の直行便を復活させること』が夢。

北川 昌彦(きたがわ まさひこ)
フィンエアー東京支店 旅客営業部課長
大学卒業後、旅行会社勤務を経て、現職に至る。
主に旅行業界向けの商品開発・プロモーションを担当。

フィンエアーは今年、ダミアン氏が司会を務める「ベルギービールウィークエンド2013」のオフィシャルパートナーとしてイベントに参加、ヨーロッパと日本の文化交流を幅広くサポートすることから、この協賛を通じて食や音楽の文化交流が盛んになること、フィンエアーが日本から最短最速で到着するベルギーの首都ブリュッセルの認知度向上にも寄与するとしています。
今夏、成田・関空・名古屋からブリュッセルまで、ヨーロッパの玄関口ヘルシンキを経由して、デイリー運航でご案内しております。(所要時間14時間15分)

テリー植田(てりー・うえだ)
東京カルチャーカルチャーのイベント・プロデューサー。
大使館・観光局や地方自治体とコラボレーションしたイベントを東京カルチャーカルチャーで多くプロデュース。今年6月にベルギーに滞在し、モダーブ城で挙式を挙げた。

関連サイト

※当日チャージ券は、会場内受付でお求め下さい。
お台場・東京カルチャーカルチャーは全席自由席で入場は前売券の整理番号順の御入場となります。飲んだり食べたりしながらイベントを楽しめる飲食スタイルのお店です。
(運営・ニフティ株式会社)

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。