ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

終了 平本知樹・神田沙織 presents

3D Printing Summit 2014 ~3Dプリンティングの今と未来~

2014.08.21
木曜日
よる
OPEN
18:30
START
19:30
END
21:30
※予定時刻
SOLD OUT!

なにかと話題にことかかない3Dプリンターイベントが東京カルチャーカルチャーで初開催決定!

2012年のメイカーズムーブメント以降、そのキャッチーさから大注目の3Dプリンター。
最近では銃の制作や猥褻物と見なされたデータの配布など、ものづくり倫理や3Dデータの扱いに関する法律がこの技術によって再考され始めています。
その一方で、家庭用の安価な3Dプリンタの購入者の半分はほとんど使わず埃を被っていると言われるほど、その使用方法については取り上げられる機会が多くはありません。
そこで、今年4月にオライリー・ジャパンより『3D Printing Handbook』をリリースした平本知樹とものづくり系女子・神田沙織が、3Dプリントサービスを運営する「中の人」をゲストに「いま、なにが3Dプリントされているのか?」「これから、なにが3Dプリントされるようになるのか?」を話したいと思います。

【出演者】平本知樹、神田沙織(ものづくり系女子)、他ゲストあり!

(出演者プロフィール)

平本知樹
大学院在学中にFabLab Japanの発足に携わる。構造設計事務所勤務の後、株式会社prsmを共同設立。デジタルファブリケーションを中心としたものづくりから新しいものづくりとライフスタイルの提案を行う。
著書に 「3D Printing Handbook / オライリージャパン」「僕らの未来を変えるマシン『3Dプリンタ』知る編 / 渋谷ラボ」、同 「使う編 / 渋谷ラボ」など。2013年~2014年 3D FABに特化したワークショップスペース、しぶや図工室の企画・運営。2013年~桑沢デザイン研究所非常勤講師、2014年~大分県立大分芸術文化短期大学非常勤講師。

神田沙織(ものづくり系女子)
3Dプリンタ評論家。アッシュ・ペー・フランス株式会社Lamp harajuku広報を務めるかたわら、ものづくり系女子として160人のメンバーと共に活動。リビングに3Dプリンタを置き、マシンを組立てたこともある日本で一番3Dプリンタに詳しい女子。
著書に 「3D Printing Handbook / オライリージャパン」「僕らの未来を変えるマシン『3Dプリンタ』知る編 / 渋谷ラボ」、同 「使う編 / 渋谷ラボ」など。2013年より公益財団法人ハイパーネットワーク社会研究所共同研究員、2014年より大分県立芸術文化短期大学非常勤講師。

関連サイト

※当日券は、会場内受付でお求め下さい。
お台場・東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら楽しんで頂く飲食店です。
全席自由席で入場は前売チャージ券の整理番号順での入場となります。
飲食の1オーダーは必須となります(アルコール¥500、ソフトドリンク¥420など)。
美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。
(主催・運営:ニフティ株式会社)

※ 金額はすべて税込表記です。

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。