ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

終了 「エスカルゴ兄弟」(津原泰水著/KADOKAWA)で話題の高瀬社長がやって来る!

エスカルゴ牧場 2016秋 ~食べて!触れて!乾杯しよう!~

2016.10.14
金曜日
よる
OPEN
19:00
START
19:30
END
21:30
※予定時刻
SOLD OUT!

エスカルゴ料理と笑いと感動が心を満たす青春小説として「エスカルゴ兄弟」(津原泰水著/KADOKAWA)が話題騒然!主人公・尚登がエスカルゴ料理習得のために出向く「エスカルゴ・ファーム」はなんと三重県松阪市に実在した!そのモデルとなった「エスカルゴ牧場」の高瀬俊英社長が世界最高級のエスカルゴをもってお台場に登場。イベントでは、エスカルゴに魅せられた鉄工所の高瀬社長が巨額の資材を投入して研究と情熱を注いだ世界で唯一のヘリックス・ポマティアを試食頂けます。試食は、フランス料理の最高峰であるエスカルゴに加え、話題の高級缶詰「缶つま」シリーズ(国分)の中からセレクトした高級貝類缶詰の試食(5種類)と国分特選ワイン(4種類)の試飲もご一緒にお楽しみ頂けます。エスカルゴを触れる展示も予定。

「エスカルゴ兄弟」(津原泰水著/KADOKAWA)
唯我独尊の変人カメラマンと巻き込まれ体質の元編集者。男ふたりの無謀な挑戦の行方は!?
出版社勤務の柳楽尚登(27)は、突然のリストラに遭い、吉祥寺の家族経営の立ち飲み屋が新しい職場と知らされ愕然とする。料理上手で調理免許持ちという理由で、料理人として斡旋されたのだ。しかも店の長男で”ぐるぐる”モチーフを偏愛する写真家・天野秋彦(28)は、立ち飲み屋をエスカルゴ料理店<スパイラル>に改装するのだという。彼の妹・梓の「上手く行くわけないじゃん」という嘲笑、看板娘・剛さんの「来ないで」という請願、そして三重の養殖場で味わう“本物のエスカルゴ”に、尚登の律儀な思考は螺旋形を描く。心の支えは伊勢で出逢ったうどん屋の娘・桜だが、尚登の実家は“宿敵”、讃岐うどん屋で…

【試飲・試食ラインナップ】

<エスカルゴ>
ヘリックス・ポマティア

<缶つま>
・缶つまプレミアム 広島県産 かき 燻製油漬け
・缶つまプレミアム 北海道産 ほたて燻製油漬け
・缶つまレストラン ムール貝の白ワイン蒸し風
・缶つまグローバルツアー サバのエスカルゴバター
・缶つまスモーク つぶ貝

<ワイン>
・ロシュ・マゼ カベルネソーヴィニヨン
・ロシュ・マゼ シャルドネ
・ガストン ボルドー グランド・レゼルブ 赤
・ガストン ボルドー グランド・レゼルブ 白

【出演】高瀬俊英(エスカルゴ牧場社長) エスカルゴ伯爵
【企画・司会・プロデュース】テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)
【企画協力】トーハン(ほんをうえるプロジェクト)

関連サイト

お台場・東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながら楽しんで頂く飲食店です。
全席自由席で入場は前売チャージ券の整理番号順の入場となります。
美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。
(主催・運営:ニフティ株式会社)

※ 金額はすべて税込表記です。

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。