ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

終了 2017年 ゲルマン民族、(渋谷に)大移動!

『ドドンとドイツ!!3 ~今度は渋谷におジャーマンしますヨ』

2017.02.25
土曜日
よる
OPEN
17:00
START
18:00
END
21:00
※予定時刻
出演:〇マライ・メントライン○神島大輔○伸井 太一○イスクラ
SOLD OUT!
ドドンとドイツ!!3 ~今度は渋谷におジャーマンしますヨ
リアルなドイツを、その愛すべきところもザンネンなところもガッツリ紹介する『ドドンとドイツ!!』
既に中毒ならぬ「厨独者」続出?のイベントがカルカルに三度登場!いつもは地味に真面目に日独交流に励む『公益財団法人 日独協会』 (日本とドイツの文化交流一筋106年)が今年もハジけます。
この人たちなくして『ドドンとドイツ!!』は成り立たない!マライ・メントラインさんと伸井太一さんのおふたりに加え、初回から出店して頂いているイスクラさんが今回はトークにも登場です。フロリアンさん&タベアさんの司会コンビによる「これ、なんジャーマン?」なクイズタイムも予定しています。
ファッシング(謝肉祭)シーズンでドイツ各地はちょー盛り上がるこの時期、本場に負けず、冬の寒さをぶち破る熱~いひとときを渋谷で一緒に過ごしましょう!
お菓子なトー独 ~東ドイツのお菓子とパッケージデザイン~
心のふるさとは旧東ドイツのヴァイマールと語り、今はなき東ドイツの欠片たちを求めて旅するイスクラさん。そんなイスクラさんに、東ドイツのお菓子とパッケージたちについて、様々なエピソードとともにご紹介頂きます。
キワドイツ ~Bild_de_pon~
ドイツの「東スポ」的大衆紙『Bild(ビルト)』。これまでも多くのトンデモネタを提供してくれた同紙から、選りすぐりの記事をご紹介。今回もマライさんと神島大輔さん夫妻の掛け合いが織りなすキワどく知的なつっこみが、それらに潜むドイツ人のメンタリティを白日の下にさらします。公的機関「非推薦」な、リアルドイツ深層紹介暴露レポートがあなたを直撃!
知っ得?知っ独!~日本ドイツの密かな関係
今回はちょっと趣向を変えて、日本におけるドイツの、ドイツにおける日本の「密かな影響」を楽しんで頂きます。真面目なネタからトリビアなネタまで縦横無尽に、伸井さんのトークが炸裂。聞いた端から誰かに教え(呟き)たくなる情報満載でお届け予定です。メモの用意をお忘れなく。物販はイスクラさんの東ドイツ雑貨、PS-PAPAIN(ピーエス・パパン)さんのドイツパンや書籍の販売などを予定しています。
2月25日の夜はぜひ「渋(しぶ)ドイツ」で!ツイッターなどで情報拡散よろしくお願いします
ハッシュタグ #ドドンとドイツ

【出演者】
○マライ・メントライン
ドイツ北辺の町キール出身。NHK教育『テレビでドイツ語』等に出演。早川書房『ミステリマガジン』誌等で執筆。最初から日本語で書く、翻訳の手間がかからないお得な存在。ドイツミステリ応援係だが自国の身贔屓はしない主義。
記事サイトはコチラ→マライ・de・ミステリ
ツイッター: marei_de_pon
神島大輔
マライ・メントラインの夫。異常なほど第三帝国に詳しいので、それ系の文芸の考証役として地下活動している。というかこんな人がドイツ人と結婚していいのか? ちなみに妻との会話は日本語オンリーだが、議論で一度も妻に勝てたためしが無い(らしい)。400戦無勝の男。まさに逆ヒクソン・グレイシー状態と言えるだろう!
○伸井 太一
ドイツの製品や文化史のライター。ドイツの素晴らしいところと、残念なところが好き。著書に、東独・西独製品を紹介した『ニセドイツ』シリーズ(単著、社会評論社)など。実は、ドイツ現代史の研究者(秘密ではない)。本名では、『日本人が知りたいドイツ人の当たり前』(鎌田タベア氏との共著、三修社)『教養のドイツ現代史』(田野大輔氏との共編著、ミネルヴァ書房)も。
ツイッター: nob_de
○イスクラ
2005年よりネットショップを中心に東ドイツ製品を販売。大阪ナンバにて東ドイツ民生品展示室コメット運営。ドイツテレビ局MDRにて世界の果てに東ドイツを見つけたと特集される。著書「共産主婦」(旧社会主義国の女性の一日と生活用品について)。現存する東ドイツを探すのが趣味。好きな街はヴァイマールとライプツィヒ。
HPはコチラ→イスクラ
ツイッター: DDRplanet

【司会・進行】
○フロリアン・ガイヤ
都合の良い外国人(30歳♂)。飲み会を盛り上げる最終兵器、ドイツ製だが燃料はビールではなくコークハイ。出身地はドイツ人も知らない超田舎。日本の会社に就職し、サラリーマン始めました!ダジャレを愛し、トマトを憎むナイスゲルマン。
○鎌田タベア(日独協会職員)
東ベルリン出身。プロイセン王国を熱く語りながら、バイエルンの衣装「ディアンドル」で日本各地に笑顔を振りまく。初恋は『ベルばら』のアンドレ。日本でビールとバウムクーヘンが好きになった逆輸入系?女子。昨年、タベア・カウフから鎌田タベアになりました♡ KAMATAではなくKAMADAです。

※ ドレスコードについて
ドイツらしい衣装を着用してご参加頂くことはまったく問題ありません。ドイツモチーフの漫画やアニメのコスプレもOK。軍服も原則禁止はいたしません。ドイツさんたちを連れてきて頂いても追加料金は発生いたしません(笑)
ただし!ここからがいつものお約束です。
当日はドイツにプチトリップということで、会場内では皆様にもドイツの法律に従って頂こうと思います。
軍服などにドイツで禁止されているシンボルが付いている場合は、外すか、こちらが用意する禁止ステッカーを貼りつけてご入場頂くことになります。(お持ちのシンボルがドイツで処罰対象にあたるかを受付でスタッフが確認させて頂きます)
ご理解とご協力をお願いいたします。一緒に楽しいドイツ時間を過ごしましょう!!

<関連サイト>
公益財団法人 日独協会 HP ツイッター フェイスブック
ジャーマニアックス・レビュー

渋谷・東京カルチャーカルチャーは飲んだり食べたりしながらイベントを楽しめる飲食店です。
全席自由席で入場は前売チャージ券の整理番号順の入場となります。
当日ワンオーダーのほうが必要となります。
美味しい飲み物も食べ物多数準備して皆様のお越しをお待ちしております。

(主催・運営:ニフティ株式会社)

※ 金額はすべて税込表記です。

このイベントに関連するキーワード

※イベントの時間は予定であり、当日の状況により多少前後する場合があります。