ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

にゃなか presents 『今夜は♡猫♡に感謝祭』 ライブレポート(17.03/15開催)

2017年05月04日

にゃんコラム「猫と一緒に」 by 藤村晃子

非営利一般社団法人・日本動物虐待防止協会(NIPPON SPCA)代表理事を務める藤村晃子さんは、放送作家であり、猫ライター。東野さんとともにBS日テレの「わんニャン倶楽部」という番組に携わっていました。

 

藤村晃子さん(日本動物虐待防止協会)
藤村晃子さん

 

東野さん
「ペットや動物番組の制作って実は難しいんです! ただ可愛いだけではダメで、これは動物虐待ではないかといったクレームが来ることがあるんですね。だからその道の専門家に企画の段階からチェックしてもらって、もしクレームを受けてもきちんと説明できる番組作りをしていかなければなりません。」

東野さん
「そこで、藤村さんに動物虐待防止、動物愛護の視点から番組作りに関わって頂いていました。『にゃなか』 においても動物愛護の視点から連載して頂こうと思い、執筆参加して頂いています。」

 

東野さんと藤村さんが作っていたペット番組
わんニャン倶楽部

 

藤村さんは保護猫の問題にも取り組んでいます。1年間で殺処分された猫は6万7091頭(平成27年度)。毎日180頭以上もの罪のない命が消えている計算になります。藤村さんは幸せに猫ライフを過ごすことができるシェルター式保護猫カフェを作るためのクラウドファンディングを実施。先頃、横浜・岸根公園近くに保護猫カフェ 「保護猫の家 * ARIGATO」 をオープンさせました。

藤村さん
「単に猫と遊ぶだけではなくて、飼い主のいない猫ちゃんを保護して、カフェに遊びに来たお客さんがその子を気に入ってくれたら飼い主になってもらったり…。動物福祉向上のセミナーなども開催しています。日本動物虐待防止協会の方でも愛護動物虐待防止管理士という資格を発行していますので、ご興味のある方はお問い合わせください。」

 

保護猫の家*ARIGATOオープン!
保護猫の家*ARIGATO

 


 

缶詰博士・猫缶を語る…さらに!?

 

イベントも中盤に差し掛かり、ここからは変化球的な企画が続きます。

”缶詰博士” こと 黒川勇人さんが登壇。
黒川さんは「にゃなか」で 『妄想猫』というコンテンツを更新中。

 

黒川さん「みなさん、缶バンワ〜♪」
缶詰博士・黒川勇人さん

 

黒川さん
「猫は大好きなんです!…が、今はペット禁止のマンション住まいなので飼えないんです。だから色々と妄想しながら更新しています(笑)。」

そんな缶詰博士に「猫缶」について語ってもらいました。

 

缶詰博士による猫缶トーク
猫缶…!?

 

いなばペットフードの猫缶「CIAO」
CIAO-チャオ

 

黒川さん
「僕はいなば食品さんの猫缶 『CAIO(チャオ)』 がちょっと面白くて好きなんです。いなばさんといえば…そう、ツナの缶詰ですよね?  いなばのライトツナはとても美味しいですよねぇ。」

黒川さん
「実はいなばさん、その得意のツナを使って、猫用の缶詰も作っているんです。もちろん味付けは人用と猫用で違い、調味料の量や配合比は異なるのですが、使っている原材料自体は全く一緒! 作っている工場も一緒です! 」

黒川さん
「あとは ”とりささみ”。やはり味付けは異なりますが、これも人用と猫用で原料は同じです。いや、猫用には蟹が入っていますからむしろ猫用の方がが贅沢ですね!(笑)。」

人間が食べている缶詰と、猫が食べている缶詰は実質同じモノ。

…と言うことは、まさか、、、

黒川さん
「はい。この機会に猫缶、味見してみませんか?」

…ということで、突如始まった100人超の猫好き人間による猫缶体験会

 

CIAO開缶!
チャオ開缶!

 

では、ひと口…
猫缶試食

 

恐る恐るつまんでみると…あれっ? すごく美味しい!!

客席、各テーブルからも「知らなかった! 猫缶ってこんなに美味しいんだ! 」 との声が上がります。同じ原材料で作られているので当たり前といえば当たり前ですが、驚きの美味しさでした。

 

まさかの猫缶体験に客席は大盛り上がり!
100人で猫缶試食

 

もちろん、「にゃなか」 メンバーの皆さんも試食!

 

川上さん、ラサールさん、猫缶実食!
川上さんとラサールさんも猫缶を試食

 

川上さん「あっ! 美味しい!!」
川上さん、実食!

 

なお、猫缶ならどれでも人間が食べられて美味しいというワケではないので要注意。黒川さんが以前味見した某メーカーの猫缶は牛骨粉らしきものが添加されていてジャリジャリとした異様な食感と得体の知れない臭みがあり「とても不味かった」とのこと。飼い主はは人用の缶詰を、猫は猫用の缶詰を食べましょう(笑)。でも、今回は貴重な体験でした!