ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

水族館プロデューサー・中村元 presents 『中村元の超水族館ナイト2017夏 〜最新水塊のレシピ〜(vol.27)』ライブレポート(17.06/18開催)

2017年09月14日

お客さんが水中感・浮遊感に心地良く浸ってジーッと水槽を眺めていると、従来の展示方法では見向きもされなかった魚を、お客さんの方から見つけて観察してくれることもあるそうです。

中村さん
「山に遊びに行った時に、遠くの方に鹿がチラッと見えたり、野ウサギがピョーンと跳ねて逃げたり…。離れた場所のほんの一瞬の出来事なのに、それが脳裏にもの凄く鮮明に焼き付いている。そんな経験はありませんか? 動物園に行けば鹿を間近に見ることができるし、ウサギなんて抱っこまでできてしまう。なのに、遠くの一瞬の体験の方が何十倍も感動が強いんです!」

この ①生き物が自然の中にいて  ②それを自分で見つけることができる という2つの要素を水族館の展示に取り込んでいくと「水族館の展示はドンドン面白くなっていく!」と中村さん。

それを究めたのが中村さんが信念をもって作り続けている水塊です。この日は今年できたばかりの 最新の水塊 を中村さんが解説してくれました。

 


 

【 九州の自然を再現した水塊 】

 

この夏オープンの中村元プロデュース水族館は2つですが、実はもう一つ、春(2017年4月)にリニューアルオープンした マリンワールド 海の中道』も中村さんが基本計画に関わった水族館。中村さんは途中でプロジェクトを離れてしまったものの、中村さんが「こんな展示をやろう!」と提案したイメージをスタッフがブラッシュアップし一生懸命に作り上げ、結果、素晴らしい水塊が出来上がったそうです。

中でも中村さんが「圧巻!」と語るのが 『玄界灘の水槽』 。天井に向かって湾曲した半トンネル型の水槽で、見上げると海面から太陽の光が差し込み、キラキラと水の存在を感じることが出来きます。

 

玄界灘の水槽
玄界灘の水槽

 

中村さん
「これだけでも完全に海の中にいるような気分になれますが、この水槽にはもうひとつ水の存在を感じさせてくれるある仕掛けがあります。約1分おきに0.5tもの水がドサッと海面に落ちてくるんです!」

 

これが水槽上部にあるその仕掛け
荒波発生マシーン

 

中村さん
「玄界灘の荒波を再現しています。水が落ちた時に生じる大量の気泡で光が遮られ水槽の中が真っ暗になります。それまで群れを作っていた魚もグシャグシャになってね。」

ちなみにエントランスはこんな感じ(↓)に…。

 

緑と水を感じる爽やかなエントランス
マリンワールド海の中道

 

リニューアル前とは随分と印象が変わりました。 「滝と緑のセンターガーデン」 と呼ぶそうで、15 メートルの吹き抜けを水と緑で彩ったリゾート空間となっています。

 

阿蘇 水の森
阿蘇の水の森

 

「阿蘇 水の森」は南阿蘇に数多く見られる湧水池を再現した新展示。緑に囲まれた木漏れ日の中、透き通った水が豊かに湧き、その中に水草や藻が茂る緑豊かな水槽です。

 

ペンギンの丘
こちらは 『ペンギンの丘』

 

順路から外れた屋内プールにいたペンギン達も屋外の芝生広場に移動。柵もガラスもなしにペンギンを間近に見ることができます。緑の芝生の上のペンギンはとても可愛らしく、生き生きとして見えます。

細かい部分では水槽の照明も色々と変更を加えた…。

中村さん
「最近流行りの深海生物などは本当の深海みたいに暗くして展示している水族館が多いです。でも暗い水槽は誰も見てくれません。そこで深海生物には色温度の高い青(寒色系)の照明を使うようにしています。そうすることで暗くせずに深海っぽく見せることができます。」

 

照明効果による比較
照明にも工夫が

 

他、「マリンワールド 海の中道」の目玉と言えば、博多湾を望むショープールが挙げられますが、

中村さん
「ショープールの後ろに壁があったのね。ショーに使う小道具などを隠すためのものだったらしいんやけど、そんなもの取った方が良いとアドバイスしました。壁がなければ博多湾を借景にすることができます。…で、取りました。こうなりました!」

 

博多湾とショープールが一体化!
イルカショ-プール

 

でも、中村さん的にはまだ不満なご様子…。

中村さん
「トレーナーが立っている場所の床を低くしてそこに水を引き込めればベスト。工事費用の問題でそこまでは無理なら、せめて床を青く塗ればもっともっと良くなるはず! そう思って試しにパソコンで塗っちゃいました!(笑)」

 

もしも床を青く塗ったとしたら…!?
イルカショープール2

 

客席:「全然違う!」

中村さん
「なっ、凄く良くなったやろ!?」

テリーP
「色を塗っただけでこんなに印象変わるんだ。人間って、凄く単純なんですねぇ。」

中村さん
「そう!単純!でもその単純なことを積み重ねていくことで、より素晴らしい水塊が出来上がっていく!」

「マリンワールド 海の中道」はリニューアルに要した期間が短かったため、大規模工事を伴う大型の新設展示こそないものの、かなり箇所が新しく生まれ変わっている様子。私も早くこの目で確かめに行きたくなりました。

 

最新水塊が紹介されるたびに
客席からは拍手やどよめきが沸き起こる
中村節に聞き入る

 

さぁ、次はいよいよ新設水族館 「マリホ水族館」