ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

初心者大歓迎!誰でも死ぬほど楽しい音楽とクイズ好きの伝説の交流型クイズイベント QUIZ JAPANプレゼンツ 『イントロクイズナイト2~昭和歌謡、JPOP、アイドル、アニソン!みんなで早押しイントロドン! supported by いいちこ 』ライブレポート(17.09/15開催)

2017年10月05日

【ルール説明】

 

簡単にルールをまとめておきます。

  • 1チーム5名で戦う団体戦(A,B,C,…,STの全20チーム)
  • 第1回戦は20チームを4組に分け、4チームから2チームが勝ち抜ける早押しイントロクイズを行う。問題数は各ラウンド20問で、正解すれば1ポイント獲得。5ポイント獲得で勝ち抜け。
  • 準決勝は1回戦を勝ち抜いた10チームに敗者復活戦を勝ち上がった2チームを加えた12チームを3組に分け、4チームから1チームが勝ち抜ける早押しイントロクイズを行う。問題数は20問で正解すれば1ポイント獲得。5ポイント獲得で勝ち抜け。
  • 曲名は正しく当てること(アーティストやアニメ・番組タイトルだけでは不正解)
  • 準決勝までは自信がなければチーム内で話し合って回答しても良い(ボタンを押した人と回答者が異なっても良い
  • お手付き・誤答はチームで1回休み。
  • 1回戦は様々なジャンルからランダムに出題される。準決勝は 「J-POP」→「懐メロ」→「アニメ特撮」→「アイドル」→「洋楽」の順で出題される。J-POPは90年代以降、懐メロは80年代以前の邦楽から出題。アニメ特撮、アイドル、洋楽は新旧織り交ぜて出題する。

(決勝戦と敗者復活戦のルールについてはまた後ほど…)

文字にしてしまうとややこしく感じてしまうかもしれませんが、ルールはいったってシンプル! 曲が分かったら誰よりも早くボタンを押してチームで答える。5ポイント先取で勝ち抜け! それだけです!

 

お酒ソングをマークせよ!

そうそう、 勝負の行方を左右するような 重要なヒント がありました。それは、今回は ”いいちこ” がスポンサーということで、各ラウンドで必ず ”お酒にまつわる曲(お酒のヒットCM、お酒を歌ったヒット曲)” を出題されるというもの。

…ということは、開演前に流れていた ”あの曲”も、どこかで出題されるということでしょうか? 要チェックです!

さて、ボタンの動作確認が行われ、いよいよ戦いの火蓋が切られます!

 

ボタンOK!!
ボタンチェックOK!

 


 

【 1回戦~準決勝まで… 】

 

さあ、始まりました!
1回戦始まる

 

イントロ・ドン!!
イントロ・ドン!

 

初心者でも大活躍

土屋さんの 「イントロ・ドン!」 の掛け声で曲が流れ始めると、1秒もたたないうちに(コンマ数秒の世界)一斉にボタンの早押し合戦が始まります。そして回答権を得た人が次々と正解していきます。

速っ…!! 凄っ…!!

これにはイントロマエストロの藤田さんも 「何が起こったのか分からないぐらい速いですね…(汗)」 と驚きを隠せない様子。

初心者を対象とした前回大会とは異なり、今回はイントロクイズの上級者もエントリーしてきています。なので、きっと上級者ばかりがドンドン答えてしまうのだろうと…と思いきや、いざ勝負が始まってみると 「人生で初めてイントロクイズに挑戦しました!」 という人でも上級者に負けず劣らずの大活躍!

やはり皆さんそれぞれに好きな音楽、得意なジャンルがあり、それがハマった時はイントロクイズ経験の有無なんてもはや関係なし! 初心者でもドンドン正解していきます。お話を伺ったところ「まさか自分があんなに早押しできて、しかも正解できるなんて!」と、本人が一番驚いていました。(笑)

また、準決勝まではチーム内で相談OKなので「聞いたことはあるけど曲名が出てこない」 「サビは歌えるとけどなんの歌だっけ?」という場合でも、とりあえずボタンを押してしまっても大丈夫! 互いにフォローし合い、チームワークを高めながらポイントを積み重ねていきます。

時々、知るぞ人知るマイナーな曲が難問として出題されるのですが、藤田さん曰く「正解が出ない予定で出題した曲」であっても、三人…いや五人寄れば文殊の知恵! チームの力を結集して正解に辿り着いていきます。面白すぎるぞ、イントロクイズ団体戦!

どの試合も驚きの連続でとにかく熱い!
夢中になっているうちに時間があっという間に過ぎていきました。

 

団体戦ゆえチーム力も試される
見事正解!