ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

初心者大歓迎!誰でも死ぬほど楽しい音楽とクイズ好きの伝説の交流型クイズイベント QUIZ JAPANプレゼンツ 『イントロクイズナイト2~昭和歌謡、JPOP、アイドル、アニソン!みんなで早押しイントロドン! supported by いいちこ 』ライブレポート(17.09/15開催)

2017年10月05日

ウィットに富んだ出題

対戦だけでなく藤田さんの問題の出し方や演出も絶妙でした。

例えば、aikoの 「ボーイフレンド」 を出した直後に、aikoの元彼=星野源の 「君は薔薇より美しい」 を出題。さらに今度はそこから ”薔薇” 繋がりで『ベルサイユのばら』のオープニング主題歌 「薔薇は美しく散る」 を出題する…といった具合に、問題の裏には常に ”流れ” があり、それを追って読み解いていくのも楽しみで、ワクワクさせられました。

「LOVE涙色(松浦亜弥)」 からの 「LOVEかくし色(森山達郎)」  という出題や、小難しいものでは 「ねぇバーディア(Negicco)」 から ”Ba de ya ” で繋いで 「September(Earth,Wind & Fire)」 なんてものまで(笑)。さすがイントロマエストロ。実に芸が細かい!

ステージで戦っている人達にはそこまで細かな裏読みをする余裕はなさそうですが、「瞳」 「渚」 「ロマンス」 「天国」 「花火」…等々、同じキーワードを含む曲が連続して出題されやすいことは皆さんよく知っていて、早押しという一瞬の勝負ではあるものの、正解を閃くキッカケ、ヒントになっていたようです。特に1回戦の第4試合では 「恋」 で始まる曲が延々と出題されました。

「恋の呪文はスキトキメキトキス」
「恋のメガラバ」
「恋はあせらず You Can’t Hurry Love 」
「恋のダウンロード」
「恋のフーガ」
「恋の予感」
「もう恋なんてしない」

 

真剣勝負! だから熱い! 面白い!
真剣です

 

客席も固唾を飲んで勝負の行方を見守ります
客席も固唾をのむ

 

全員が主役のイベント

このイベントの特徴を簡潔に表現するならこの一言になるのではないでしょうか。真剣勝負なので答えられた人もいれば答えられなかった人もいます。チームが勝った人もいれば負けてしまった人もいます。でも、この日カルカルに集まった人達は全員が主役として輝いていました。短い対戦時間であっても、その人その人の個性が強烈に発揮されていました。ステージに上がってイントロクイズにチャレンジするという非日常体験がそうさせるのでしょう。誰もがキラキラと輝ける、そんなイベントです。

 

ももクロTシャツで参加の彼はBABY METALの
「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を振り付きで回答
BABY METALのフリ

 

”注目のお酒ソングは…!?” 

実際に出題された ”お酒ソング” を全部ではありませんが気づいたものを書き出してみました。

「メモリーグラス(堀江淳)」
「乾杯 (長渕剛)」
「酒と泪と男と女(河島英五)」
「日本全国酒飲み音頭(バラクーダ)」
「ホテル・カルフォルニア(イーグルス)
「カルアミルク(岡村靖幸)」
「恋人はワイン色(CHAGE&ASKA)」
「ブランデーグラス (石原裕次郎)」
「スーダラ節(植木等)」                    …等々

ブランデーグラスは1977年発売の曲ですが、これを一瞬で正解したのがなんと21才の青年。

藤田さん
「ええっ!! なんで答えらえるの!? 生まれてないどころじゃないでしょ!?」

客席からもどよめきが起こる波乱の展開が続きます。

 

手に汗を握る接戦に大盛り上がり
接戦が繰り広げられる

 


 

敗者復活戦

1回戦と準決勝の間には 敗者復活戦 が行われました。1回戦で敗れてしまった10チームから2チームがここで復活して準決勝に挑みます。敗者復活戦は早押しではなく ボードクイズ形式 。土屋さんの「イントロ・ドン」に続いて数秒間流された曲名をチームで相談しながらホワイトボードに記入して答えます。

 

協議中…
チームで答えを相談

 

答えをボードに書いて掲げる
ボードを掲げて回答

 

そして、やっぱり来ました!

あの ”お酒ソング”が満を持してここで出題!

 

「絶対にあの曲だ!」 と色めきだつ
絶対あの曲だ!

 

回答「また君に恋してる」
ビリーバンバンの…

 

回答「また君に恋してる」
まだ君に恋している

 

正解はもちろん ”いいちこ” のCMソングとしておなじみ、ビリー・バンバンの 「また君に恋してる」 でした。開演前に何度もスクリーンに流されていたこともあり、この問題を外した1チームはありませんでした。お見事!