ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

駿河湾産桜えびと最高級・用宗港水揚げしらすを地元メニューで堪能。地酒と野菜もたっぷりあるだよ。 『しずぉ〜かの桜えび&しらす祭り〜静岡の幸を味わい尽くせ! 』ライブレポート(17.11/13開催)

2018年01月09日

旨味の濃い駿河湾の釜揚げしらすは、和食だけでなく、ピザやアヒージョにも最適! 釜揚げしらすをたっぷり使ってサクサクの生地で焼き上げた 釜揚げしらすのピザ は絶品でした。そして、釜揚げしらすのアヒージョはこの日の一番人気! 実は釜揚げしらすとオリーブオイルは相性抜群で、コクが出てとても美味。

 

釜揚げしらすのピザ
しらすのピザ

 

釜揚げしらすのアヒージョ
客席から「うまい!」と驚きの声の上がった。

しらすのアヒージョ

 

この他、「葵美人」という開発されたばかりの静岡県オリジナルもち米で作られたおこわが2種類。葵美人は静岡県内の農家でまだ試作している段階なのだそうですが、その名が示す通り白肌ツヤツヤの美しいもち米。 「粒が大きく食べ応えがあり、冷めても硬くならないなどの特徴がおこわに最適で、 海産物にも非常によく合います」 と農林研究所の宮田科長(後ほど紹介)も自信満々でした。

 

しらす・蓮根・ツナ(※)の炊きおこわ
おこわ1
(※油井缶詰所のツナ缶を使用)

 

桜えびと駒豆の炊きおこわ
おこわ2

 

それと、ご飯モノでもう一品、桜えびを使った伝統的な桜田麩の桜ごはん。やましちの山崎伴子さんが料理教室で教えている地域密着・優良食育メニューの一つです。味は絶品!これぞ駿河湾の宝!

 

桜えびの佃煮と桜田麩の桜ごはん
桜ごはん

 

気づけばテーブルの上が “しずぉ〜かの幸” で埋め尽くされていました。

 

しかも、これがおかわり自由という神イベント!
しらす&桜えびを食べつくし!

 


 

【 地酒試飲コーナー 】

 

静岡の地酒の試飲コーナーも紹介しましょう。

なんと 26種類 もの銘柄が並びました。

これらは全て 誉富士 という静岡県のオリジナル酒米で醸したお酒。誉富士は静岡県内の酒蔵にしか出荷されておらず、静岡県外で誉富士のお酒は造られていないとのこと。

 

静岡の地酒 試飲カウンター
地酒試飲コ-ナー

 

開場直後から大盛況!
大盛況の地酒コーナー

 

お酒の好みを伝えると
おススメのお酒をチョイスしてくれます
大盛況の試飲コーナー2

 

カルカルでは様々な地方創生・観光PR系イベントが行われていますが、こんなに沢山のお酒が並んだのは記憶にありません。静岡県は、富士川・安倍川・大井川・天竜川といった一級河川が流れ、富士山の雪解け水は100年とも言われる長い歳月をかけて地下から豊富に湧き出るなど、とても豊かな水源に恵まれており、古くから多くの酒蔵が存在していました。そう、静岡県は知る人ぞ知る吟醸王国だったのです。

 

誉富士のお酒がズラリ!
静岡の地酒がズラリ

 

下の写真( ↓ )の中央にある「駿河酔」というお酒には ”天空の誉富士” と書かれたシールが貼られていました。誉富士のお酒を標高2000mの富士山5合目で半年間貯蔵したことを示す商標だそうで、「標高の高いところで熟成をさせるとまろやかさが増す(農林技術研究所・宮田科長)」のだとか。

「天空の誉富士」のお酒は静岡県内でも発売即完売となってしまうため、販売価格よりも高値で取引されることもしばしば。そんな超貴重なお酒も今回いただくことができました。

 

幻の「天空の誉富士」シリーズも並ぶ
天空の誉富士も

 

私はお酒に強くないので沢山の種類は試飲できませんでしたが、この日飲んだお酒の中から一つお気に入りを挙げるとすれば、浜松酒造の「出世城」でしょうか。誉富士と天竜川の伏流水を使い、静岡県初の女性杜氏(増井美和氏)が醸すお酒 だそうで、優しい含み香と甘みを感じられ、とても飲みやすかったです。

 

出世城をいただいて … 出世できるかな?(汗)
出世城をいただく

 


 

【 トークショー 】

 

さて、しらすと桜えびの食べ尽くしと、静岡の地酒大試飲会で既に大変な盛り上がりとなっていましたが、これに加えてステージでは静岡の魅力を語り尽くすトークショーも行われました。

・ 駿河湾のしらすがなぜ日本一と言われるのか?
・ 駿河湾でしか獲れない桜えびについて
・ 誉富士を使って醸した静岡の地酒の特徴とは?

…等々、知って食べると、知って飲むと、より一層おいしく”静岡” を味うことができます。

 

トークショー始まる
トークショー始まる

 

高瀬 進 さん
(静岡県 経済産業部 水産業局 水産振興課/課長)
高瀬さん

 

挨拶は「缶バンワ!」
缶詰博士・黒川勇人さん

缶詰博士・黒川さん

 

司会進行:テリー植田プロデューサー
(東京カルチャーカルチャー)
テリーP

 

誉富士のお酒で乾杯!
乾杯

 

平日ながら多くのお客さんが駆けつけました
お客さんも乾杯