ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

春のお昼の中国茶話会レポート 08.03.22

2008年03月24日

Img_2382_2

晴天のお昼は、お茶会日和でした。満員御礼、感謝多々。

最高のナビゲーターと、最高のスタッフに入れてもらうお茶は格別の味。

Img_2397

オールアバウト中国茶ガイドの平田公一氏(右)と、中国茶ブログDrinkin’cha主宰の納富廉邦氏(左)が、春に皆で飲みたいお茶を沢山セレクトしてくれました。

お二人は、二人のトークについて

「稽古不足の素人漫才のようでお茶に悪い。」と謙遜されていたが、

ことお茶に関する知識と作法とその上品さは、本もの。

お二人のお話を聞き入りながらも、お隣さんともガヤガヤしながらも

いい雰囲気で進んだ茶話会になりました。

Img_2392

特別メニューをキッチン宮越が考えてくれました。「ゴマ団子」「プリプリエビの揚げ春巻き」「杏仁豆腐」と、お茶にもピッタリのラインナップ。

Img_2370

なんとこのかわいい茶杯を来場者にプレゼントという太っ腹さ。

内容は、こんな風に。

(前半)

・冷茶についてあれこれ(サービスドリンクででたお茶)

・中国紅茶について

・中国茶以外もおいしい

(後半)

・発酵と焙煎

・スタッフの我流茶紹介

・面白茶器の話

・美味しいお茶の探し方

Img_2401

今回はいろいろ時間など制約があったためミネラルウォーターを寸胴鍋で沸騰させてお茶を提供。

Img_2403

まずは、「四川紅茶」から。 イベント中にどんどん極上のお茶が運ばれます。

Img_2408

ほうじ茶。

僕は、お茶の中では、ほうじ茶が一番好きで、おかんがいつも出してくれていた味を思い出しました。

Img_2406

「お茶の味がしなくなったほうじ茶が美味い。焙煎だけの美味しさを味わうというか。」(納富廉邦氏)

Img_2413

だんだん珍しいものへと突入。

Img_2423

スタッフの我流茶セットも紹介。長いキャリアをお持ちだとか。粋です。

Img_2405

どんどん試飲します。

Img_2419

カフェインが多いせいか、高揚されている様子の納富廉邦氏。

イベント後半は、変り種の茶器も紹介されました。

茶器の楽しみ方もなかなか深いもんですねぇ。

Img_2429

ポン!

Img_2434

ロシアのマトリオシカとどちらが歴史が古いのでしょうか。

Img_2435

ほうじて(火にかけて)、そのままお茶を入れられるという便利な品。

Img_2443

イベント終了後は、平田公一氏と納富廉邦氏は、サイン攻めに。

凛とした爽快なお茶イベントになりました。おいしゅうございました。

(テリー植田)