ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

しりあがり寿 with 手塚眞ナイトレポート 08.04.06

2008年04月07日

Img_2748_7

2008年度 NeoMrePubricビデオ上映会&公開審査

ニフティの動画共有サービス NeoMrePubricに応募のあった作品から

10本ほど優秀作品を上映し、最優秀作品を選ぶイベントが開催されました。

Img_2839_3

審査員は、しりあがり寿氏。

Img_2760_3

案内役は、ビジュアリストの手塚眞氏。

映像には、3つの楽しみがあると。観る楽しみ。語る楽しみ。そして、作る楽しみ。

今は、パソコンでも映像を作れる時代。プロ予備軍、楽しみで作る派が

たくさんカルカルに集まってくれました。

携帯用などのポケットムービーを制作する映像ユニット、ポケットムービー製作所が審査員として登場し、作品も披露してくれました。

Img_2763_3

スキャンしたように見えます。(iPod用ムービ)

Img_2798_2

エントリー作品が次々に上映。

Img_2794_2

作品「ない」 

真っ暗な部屋を案内される客と不動産屋。「ゲタ箱がない。窓がない。エアコンがない。コンセントがない。近くに駅はない。」ないないづくしのパワーコメディー。爆笑。

Img_2806_2

作者もたくさん会場にいました。手塚先生が直に本人にコメントを。

合計10本ほどの作品が上映、講評されました。

やはり、作者が会場にいて、みんなで作品を見て、その場で講評されるリアル

ならではの盛り上がりは、ウェブサイト上では味わえない。

後半は、手塚先生の作品を上映。

Img_2823

8分。撮影4時間。経費2000円。

手塚眞監督による「2000円ホラー」企画。

やはりホラーは、CGよりもアナログな手法で撮影するのがよいと、手塚監督。

1本目は、本篇を上映し、2本目はそのトリックの種明かしをするという

2本立てのエンターテイメントホラー。さすが、違う。

残っているはずのドリンクが。食べかけのポテトチップが。テーブルが。ドアノブが。

そして、着ていた服までがなくなり。。。

Img_2817

手塚ホラーは、まじ怖いっす。

Img_2822

ネタばらしの2本目。長まわしの撮影では、スタッフがグラスを替えてます。

そして、しりあがり寿氏のショートムービー10連発!

Img_2834

しりあがり寿氏のショートムービー。飛ばしてます。

Img_2841_2

ネット配信ならでは。

Img_2846

本場ドイツ、ハンブルグ撮影。

Img_2868

ハンバーグ男、スクリーンを飛び出しお台場へ。なぜかバイオリン。

Img_2876

エンディングは、しりあがり寿氏から最優秀作品賞を発表。受賞作品「ない」

「こういう作品は、嫌いじゃない。そんな自分も嫌いじゃない。」(しりあがり寿)

レベルの高い上映会は、ほんと楽しい。またやりたい。

(テリー植田)