ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

駄目な文房具ナイト

2008年04月25日

いきなりですがすいません!なぜ2月のイベントのライブレポを今頃書いてるかというと、イベントが面白過ぎて写真を撮りまくり過ぎまして、しかもその時のレポートメモをミスで紛失してしまい、後で写真見てもいわゆる文房具の原型をとどめてないような文房具の写真ばかりで、情報がすっかりトンでしまい、最終手段で主催のきだてくんに「これなんだっけ?」と尋ねるという超情けない反則技を使いながらの今頃のライブレポとなってしまいました。何卒御了承下さいホントスイマセン。

まずは店長日記でも書いたのですが、なんとSOLD OUTになったのですよ!「駄目な文房具ナイト」なんていう酔狂なタイトルで超満員にするという奇跡に出演者達もカルカルも狂喜乱舞。しかし開場と同時に御入場してくる沢山のお客さんを見ながら、楽屋でオレも出演者もどんどん緊張してきてしまい互いを「大丈夫!大丈夫!」と励ましあいました。

2_2 

まずはこのスクリーンの写真は、このイベントの為に主催のきだてくんが配布してくださってたフライヤー。

最初見た時の僕のコメント。
オレ「いやあ消しゴムと人とのCG処理上手いねえ~!」
きだてくん「いや、これ本物ですよ」
オレ「・・・・・・・」

この消しゴム本物だそうです。
で。この製品の説明。きだてくんからの注釈です。

1

『SEED S-10000』
全長27センチ、重量2.2kgの馬鹿デカ消しゴム。体積比で普通の消しゴムの200倍。お値段巨大に一万円也。

1万円なんだ・・・。でもきだてくん的にはすべての駄目文房具は「でも買うんだよっ!!」スピリットなのだろう。ちなみにモデルさんはきだてくんのヨメだそうです。

そしてイベントスタート。

4
出演者は左から現役文房具屋さんの他故壁(たこかべ)さん。主催のきだてたくさん。そして某文具メーカー製作者でもあり“文具王”の異名も持つ高畑正幸さん。3人とも「TVチャンピオン」やあらゆるメディア露出でも有名、というかようするに日本の文具コレクターのテッペン3人です。

で。この上下の製品写真もきだてくんからの注釈。
44

『ブラシペン』中国の露店で購入したヘアブラシつきボールペン。ブラシの裏は手鏡になってます。

だそうです。

まあ・・・ようするに・・・「使いづらい」という事です。

イベントはどんどん続きます。
これもきだてくんからの注釈で・・・。

5

『三徳ナイフペン』アウトドアツールの老舗coleman製の三徳ナイフつきペン。ナイフ、はさみ、爪やすり付き。

これは、人によっては使えますよね。メーカーもcolemanブランドだし。
死ぬ程どうでもいい余談ですが、このイベント後、これの「六徳ヴァージョン」を偶然道端で拾い、すいません、今使ってますオレん家。

そしてここからは・・・・すいません・・・・もう互いの情報すらありません。

6

オレが個人的に一番駄目過ぎで気にいってた「一度に沢山切れるハサミ」。

7

「測定規つき腕時計」。文房具かどうかもすでに判断不可能。

8

「二色いっぺんに書けるマジック」。・・・・・よけい。

9

ロケットでもピストルでもなくペンです。

10

文房具です。ホントです。

11

全部文房具です。ホントなんです。

まだまだいっぱいあったのですが、すべての紹介された文房具からわかるのは、
「これ文房具?」と「多分・・使えねえなあ・・・・」という事だけです。

でもきだてくんは世界中のありとあらゆる文房具をリサーチし、買いつけし、色々調べた結果「自分は世界一の文房具コレクターだ!」と言ってました。多分本当にそうだそうです。素晴らしい。

先月取材に来て下さってた「朝日新聞」がきだてくんとこのイベントを記事にして下さってました。

12

それで。最後に何が一番言いたかったかというと、このイベントがあまりに面白かったので、早くも5/17に第二弾をやる事になったのです。

Dame_bungu2

http://tcc.nifty.com/event/general/13255

つうかもう前売券発売してまして、残席もなくなってきたので、文房具好きな人は是非是非遊びに来て下さい。

(店長・シンスケ横山)