ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

Spiral Life Bootleg Night レポート 2008.6.8

2008年06月17日

Spiral Lifeファンによる、Spiral Lifeファンのための集い

誰にでも、語りつくすまで語りたいテーマというのが
ひとつやふたつ、あると思います。
僕らにとって、Spiral Lifeは、そういう存在でした。

Spiral Lifeを知っていますか?
ご存じない方も多いかもしれません。
1993~1996年に、Jポップという言葉が
定着しようとしてた時期に活動したバンドです。

おりしも、時は日本のポップス業界が華やぎ、
ミリオンヒットという言葉に列島が踊っていたころ。

そんな時代にSpiral Lifeは、あの横浜アリーナを
一万人の観客で埋め、その日を最後に活動を終えたのでした。

Spiral Lifeをファンみんなで振り返り、語りつくすイベント。
それが「Spiral Life Bootleg Night」です。

Slbn_010   
スパイラルライフ(左、車谷浩司、右、石田小吉)

今回イベントの仕切りに名乗りをあげたのは、
彼らの墓標のある「横浜アリーナ」で
(正確には横アリの付帯設備の「サウンドホール」で)
SLN(Spiral Life Night)という10回忌イベントを主催した
exhivisionのアオキさんと、イワホリさん。

ゲストには、Spiral Lifeのファンクラブイベント
「spiral psychedelic backyards」を主催する
mixiのSpiral Lifeコミュニティの管理人、
「paveu」ことクボさん……

……そして、数多くのクラブイベントに登場し、
ネット上では今をときめく「中田ヤスタカ」の
ウォッチサイトを運営していることで知られる
気鋭の論客、のりしろさんを迎えました。

Slbn_003
左から、イワホリさん、アオキさん、のりしろさん、クボさん、あず。

全員、ばっきばきの音楽好きで、
あちこちの音楽イベントに顔を出す、
ポップスに魂を売り渡した方々です。

そして、Spiral Lifeというバンドが
そんな彼らを、音楽フリークスへと導いたルーツなのでした。

お台場が、90年代ポップスフリークスのメッカになるといい

約束の17時、立場も所属も違う、だけど、
「Spiral Life」というバンドを共通点にもつお客さんが
会場に集まってきました。

お客さんを最初に迎えるのは、
壁に貼り付けられた、彼らの写真たち。

Slbn_001
貼っているだけで気持ちが盛り上がりました。

スクリーンには、彼らのPVを爆音で流してました。
外からは、Zepp Tokyoで当日ライブが行われた
徳永英明のファンらしき人々が覗きこんでいました。

Zepp Tokyoはその日、90年代を代表するふたつの
アーティスト一色に染まったわけです。

お台場が、90年代Jポップフリークのメッカになるといいね。

そんなことを出演者で、楽屋で話していました。

Slbn_006
彼らの歴史を、スクリーンで振り返り中

音楽雑誌の切り抜きたち、秘蔵動画の数々、
関係者の証言でSpiral Lifeの三年間を振り返ります。

90年代は、音楽雑誌というメディアが大活躍していた時代でした。
まだ、ネットが発達する前のことです。

今みたいに、GoogleやYou Tubeを使って、一発どん!で
情報収集という時代じゃありません。
雑誌をむさぼり読み、テレビやラジオにかじりついて
情報を集めてた、そんな時代です。

思えば音楽好きにとって幸福な時代だったのかもしれないなぁ、と、
進行しながら思ってました。


彼らの真骨頂“サウンドオブマイジェネレーション”!

ヒストリーを一通り振り返ったあとは、
彼らの音楽の「元ネタ」のまとめ動画を振り返りました。

Spiral Lifeはさまざまな音楽を「元ネタ」として
自分たちなりに昇華して、「俺らはこういう音楽が大好きだ!」と
表現する音楽活動をしてました。公言もしてました。

元ネタを使って表現する音楽を
「サウンドオブマイジェネレーション」なんて呼んでました。

今だったら、2chで「パクリ野郎!」と叩かれてたかもしれない。
あんなバンドや、こんなアーティストみたいに。

Slbn_004

Slbn_005
お客さんからの投書で判明した、「FURTHER ALONG」ジャケットの元ネタ。

しかし、振りかえってみて思うのは、
元ネタを知るほど逆に彼らの音楽への愛着が増すという事実です。
客席は「あちゃー」と言いたげな苦笑の嵐でしたが、
その苦笑には、確かな愛情がこもっていました。

Spiral Lifeのファンって、そんな彼らの姿勢も含めて、
彼らが「紹介」してくれた音楽も含めて、
彼らのことが大好きなんですよね。

活動休止の横浜アリーナを振り返る

Slbn_008
そして、活動休止当日を振り返る会場。なんとなく、しんみり

印象的だったのが、客席も巻き込んで振り返った
彼らが活動休止(事実上解散)した横浜アリーナのライブのこと。
彼らは素知らぬ顔で、普通のツアーファイナルとして横アリでライブをして、
後日、もう二人で活動をすることはないということを公にしたのでした。

「アリーナ席はパイプいすが並んでた。
 今みたいにスタンディングじゃなかった」

「隣の席の中学生が少しでもステージを見たくて一生懸命
 背伸びしてきゃーきゃー言ってたのが微笑ましかった」

……なんて会場の中の具体的な話から、

「当時福島にいて、チケットとれたけど、親に反対されて
 上京できなかった。後で音楽誌で活動休止の事実を知り、号泣した」

「東京にいたけど、なんとなく彼らが横アリで解散をするという空気はあった。
 情報源が音楽雑誌だけの地方にはなかったと思うけど……」

……という、ドラマを感じさせる話まで。

Slbn_007
14歳のとき、会場にいったという方にインタビュー。
いわく「絶対解散するって思ってました」

横浜アリーナライブから11年が経とうとしているけど、
少なくないファンにSpiral Lifeがそれなりの大きさで生き残ってるのは、
そういう彼らがつくってしまった「ドラマ」の大きさのせいかもしれないなと、
ふと壇上で思ったのでした。

イベントは、石田小吉氏が活動休止後にリリースされた
ベスト盤ジャケットに書き残した、こんなメッセージで締めくくられました。

「思えばスパイラルライフとは、熱と光(とプラズマ)だけの
 冷え固まることのできない新星のようでした。
 これからも良き音楽が人と共にありますように」

これからも良き音楽が僕らと共にありますように。
そう思えるイベントを、まだまだやりたい。
そう思えるイベントができて、本当によかった。

(河原あず/カルカルスタッフ)