ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

お菓子、お茶、ロック、箏(こと)カフェ!!(八木美知依の“箏カフェ” 08.7.6)

2008年07月16日

一度で二度三度美味しいイベント=箏(こと)カフェ

7/6に行われたイベントは、「箏カフェ」。

イギリスの『Songlines』という音楽雑誌で
「世界の演奏家オールスター50人」に選ばれた
八木美知依さんプレゼンツのイベントです。

Koto_01
“世界の演奏家”八木美知依さん

箏の演奏を楽しみながら、なんと箏の演奏を体験し、
更に美味しい抹茶と和菓子を楽しんじゃおうという、
一回で二度三度も楽しめる、
リアルの面白さを存分に発揮したコンセプトです。

ロックンロールな箏演奏者、八木美知依

箏といえば、
優雅でインドアな楽器というイメージがあります。
しかし、そんなイメージを持っていたのも過去の話。
この日のライブを体感して、そんな固定観念が吹き飛びました。

演奏を聴いた横山シンスケ(41歳 職業:店長)の談話。
「ニルヴァーナみたいだな。」

演奏を聴いたテリー植田(36歳 職業:プロデューサー)の談話。
「キング・クリムゾンみたいだね。」

2人とも好きなロックミュージシャンに喩えていました。
本当にそれくらいロックです。
つきさすビート。変幻自在のリズム。
そのたたずまいは、プログレッシブであり、オルタナティブです。

Koto_14
ドラムスティックを使って音を歪ませてます。ロックです

ドラムスティックを使って音を歪ませたり弦を叩いたり、
ストリングスの弓を使って音響効果を出してみたり。

だけど、奇抜なだけじゃなくて、音楽として
琴線に触れてくる演奏でした。箏だけに。ビンビンと。

Koto_05
外国人の方も、東洋の音色に魅了されました

もうひとつ大事なものも忘れてはなりません。

Koto_02
“箏より団子”

そう。箏“カフェ”と言うからには、和菓子も大事な主役です。

和菓子のあとには、熱い抹茶がいっぱい怖い。

Koto_04
こわいこわい、お抹茶こわい

試しに弾いてみた

そして、ライブ演奏とお菓子お抹茶堪能の後は、
お待ちかねのワークショップ。

なんと、箏を体験レッスンできるというのです。
10台近く並んだ琴で、たくさんのお客さんがレッスンを受けました。

Koto_06
カルカルの空気が変わりました

いちに、さんし、という拍うちにあわせて、
はじめてみる譜面でお客さんが調子をあわせて演奏します。
とたん、カルカルがオリエンタルなムードに。

Koto_03
花も恥らう、名演奏

「カルチャーカルチャーの空気が変わったようですね」
八木先生の言葉が、全てを表している瞬間です。

音楽好きの多いカルカルスタッフも興味しんしんで、
何人か仕事の手を休めて弾いてました。

Koto_15
あ、どうも。つられて僕も弾いてみました

弾いてみるとこれが意外と力がいるのです。

指に「つめ」をつけて、
つめでぐいっと押して弦をはじくのですが、
音を大きくならすにはけっこう体重をかけて
弾く必要があります。

弾いた曲は「十五夜お月さん」。
あのようなしっとりした曲を弾くのに、
こんなにワイルドさが要求されるなんて!

とは言いつつも、だんだん弾いてるうちにハイになってきました。
新しい楽器を弾くのって楽しいです。
先生が「はじめてとは思えないですね!」と言って乗せてくれます。

気分はいっぱしの箏プレイヤー、
そして、ニルヴァーナであり、キング・クリムゾンでもあります。
ハロー、ロケンロー! ラブ・アンド・ピース!

琴も、みんなで弾く楽器なんだ

発見だったのは、
箏がセッションにも使える楽器だったということです。
つまり、みんなで一斉に弾いても
素晴らしい楽器ということなのです。

実際、トリオでの演奏を聴いたときには、
音楽の持っている力と波と、その音色の深さに
打ちのめされそうになりました。

Koto_13_2
トリオというか、本当にバンドみたいでした。

ジャズミュージシャンや、ロックミュージシャンとの
セッションを数多く行っているという八木先生。
今度はほかの楽器とのコラボレーションを聴いてみたいです。
願わくば、また是非、カルカルで。


余談

終演後、うまく弾けたなぁと思って
横山店長(41歳 職業:永遠のロックンローラー)に
「僕の箏の演奏、聴きました? どうでしたか?」ときいてみました。

店長からの、愛あるコメントはこちらです。

「似合わねぇなぁ」

Koto_11
落ち込んで、この後仕事にならなかった。

(河原あず/カルカル丁稚奉公人)