ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

“メンペ夏祭り”お台場にみたエンタメの奇跡(08.7.20ライブレポート)

2008年08月05日

初日0枚から、奇跡のチケット120枚完売!

僕たちスタッフは、これを「お台場、夏の奇跡」と呼びました。

メンペ夏祭り……平成のリアル絵師・金子ナンペイと、
フィギュア職人・デハラユキノリによるパフォーマンスユニット
「メンペ」(メンズペインターズ協会の略)のイベントが
7/20に行われました。

Img_1226

手書き看板に踊る「SOLD OUT」の文字

数々のイベントでにぎわう海の日のお台場に挑戦状を
叩きつけた「メンペ」でしたが、チケット発売初日、
ローソンチケット初動は、まさかの0枚だったのです。

ところが、ここからがすごかった。
次々にあがってくる「本気度100%」なプログラムの全貌……
それが、お客さんの心をつかんだのでしょう。
いつしかチケット枚数は膨れ上がり、
イベント前日についにチケットは完売したのです。

しかし、奇跡はここで止まらなかった。
エンターテインメントの神様はこの日、
間違いなくきっとたぶん、メンペに微笑みかけていたのです。

サービス精神が止まらない

腹芸パフォーマンス映像でイベントははじまりました。
お台場への挑戦状にふさわしい、濃厚な幕開けです。

Img_1242

濃厚なラブシーン

映像が終わると、
2人の美人が、愛の賛歌を歌いながらステージにのぼってきました。
と思ったら、メンペの2人でした。叶姉妹かと思うくらいのきらびやかさ。

Img_1250

可愛い白猫を抱えているのが金子ナンペイ氏(♂)
赤い方が、デハラユキノリ氏(♂)

軽妙なトークショーが繰り広げられます。
客席からは、笑いが止まりませんでした。
メンペは、いつもは代々木公園などの路上で
パフォーマンスをしていると言いますが、
流石、野外育ちあって鍛えられてます。
がっつりとお客さんのハートをつかみます。

Img_1281_2

配ったフライヤーにマークが書かれていたらプレゼント当選

Img_1294

ナンペイさんの書き下ろしイラストプレゼント。リアルすぎ……
ちなみにモバゲータウンポスターのよゐこを書いてるのもナンペイさんです

プレゼントタイムでは、イラストなどのオリジナルグッズの他、
「フードもしくはドリンクを500円分10名様におごります!」などなど、
太っ腹なプレゼントまで用意しておりました。
飲食売上増えてお店大喜び。

サービス精神が止まらないパフォーマンスがまだまだ続きます。

圧巻!チョコレートディスコ!!

第二部は、「相棒」のパロディ劇を映像も交えて上演しました。
名づけて、「チョコレートディスコ殺人事件」。
ミステリー劇とは気合入ってます。

Img_1301

気合はいりまくり。この人たち、「ガチ(本気)」です

人情劇を交えつつ、客席を巻き込んだ綿密な聞き込み調査
(実際は女性のメアドをきいてただけでしたけど)を経て、
犯人像を割り出していきます。お台場のテレビ局、顔負け。

Img_1340

聞き込み捜査中のはずが、なぜか女の子はアドレスを書いてた

“本職”のペインティングパフォーマンスで犯人像を割り出します

Img_1375

人力モンタージュ(画)により発覚した連続殺人真犯人を射殺

そして、ラストシーンでは、犯人に追悼の意を表して
メンペのふたりが、事件の元になった“あの曲”を完全コピーしました。

圧巻のパフォーマンスに、客席はもちろん、
スタッフ一同も惜しみない拍手を送ってました。

オトナの事情により、niftyに動画はあげられませんが、
YouTubeでたまたま見つけてしまったので、さりげなくリンクをはっておきます。

拍手喝采の中、最後の相撲パフォーマンスに突入。
「満員御礼!」の文字が、お客さんの目に焼きつきました。
(どこに書いてあったとかは、ここでは記しません。動画にて。)

実はナンペイさん、足を肉離れしていたそうで、文字通り体を張ったパフォーマンスでした。

Img_1408

ラストは「メーンッペ!!」の挨拶でシメ

原宿の路上から飛び出したパフォーマンスユニットが
屋根つきのお台場のカルカルを満席にし、
目が離せないステージを繰り広げました。

自分たちが面白いと思うことを
本気でやり通してお客さんを笑わせるっていうのは
実はとっても難しいことだけど、
0枚のスタートからそれを成し遂げた彼らを見て、
カルカルももっと、今まで以上に
お客さんを楽しませていきたい、
お客さんと一緒に楽しみたいと思いました。

「奇跡のエンターテインメントユニット。」

この日から、メンペをこう呼ぶことにしました。
是非、カルカル再来を!!

(河原あず/カルカルスタッフ)