ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

鈴木おさむの仲良くなりまSHOW!!~タカアンドトシのタカさんとロバートの秋山さん!!

2008年08月26日

タカトシのタカさんロバートの秋山さん、そして鈴木おさむさん司会進行という奇跡みたいな夢の公演。鈴木おさむさんを一応説明してきますと、今日本で一番売れっ子の放送作家で、森三中の大島さんのダンナさんとしても有名で、あの「ブスの瞳に恋してる」の原作者でそのドラマを大ヒットさせた人でもあり、イベントのキッカケは僕がおさむさんの大ファンで、昔から「いつか一緒にお仕事させてください」とお願いしてたら、こんな凄いイベントを考えてくださったという事でございます。

Hyousijpg_5
豪華な信じられない3ショット

この企画は同じ吉本所属の超売れっ子芸人のタカさんと秋山さんでありながら、凄い意外な事に二人はほとんどまったくと言っていいほど面識がなく、「仲良くなりたいなあ・・・・」とお互い思ってたのを、両方と大の仲良しのおさむさんが聞きつけ、どうせなら生ライブで二人をお友達にしてしまおうという企画なのでした。

会場入りしていきなりカルカルのスクリーンを使って、自分の今やってる舞台の録画映像を一生懸命見ながら研究し始める秋山さん。でもカルカルの外のカーテン全開でこんな事やってたので、外から丸見えで、外の入り待ちの沢山の女の子達が驚いてました。

12_7
勉強熱心な秋山さん

そして二人が集まる前におさむさんの提案で「楽屋を完全に真っ二つに分けて二人が事前に絶対話が出来ないようにする」という事になり、急遽パーテーションで楽屋真っ二つ。マネージャーも入れず、二人とも凄い孤独で寂しそうでした。
そしてイベントスタート。
まずはおさむさんとタカさん二人でトーク。秋山さんとどう仲良くなりたいかなどをお話。
写真ではわかりませんが、この日のタカさんの衣装はアロハに短パンにサンダル。

21_2
「近所のコンビニの買い物かアンタは?」と突っ込まれるタカさん。

そして秋山さん。

32_5
秋山さん意外にとても硬派なたくましいタフな人の印象でした。

普段の友達はインパルスの板倉さんで、よく飲んだり仲良しなんだそうです。

Impulse_9
※この右の方です。一応説明。

そして遂に二人ご対面。
「オレは一切突っ込まないし絡まない二人きりでっ!!」と急に壇上で決めたおさむさん。後ろでこうやってじっとしてるだけで進む対談。

52_2
なので二人ともあきらかに緊張してるのがわかりました。特にタカさん(笑)。

二人は、
「あの~・・・・趣味は?」とか
「あの~・・・どんばタレントが好きですか?」
などと、売れっ子タレント二人とは思えないド素人以下な質問の応酬をしあう緊張した二人に会場ずっと大爆笑。

71

緊張のあまりビールに手が伸びる回数がドンドン増していくタカさん

61_4

だんだん泥酔してきて、秋山さんと友達になりたいがために自己アピールが激しくなってくるタカさんと、ドン引きし始める秋山さん。

42_2
それを聞きながら後ろでおさむさんなんだか凄く楽しそう

そして最後になぜかねるとんみたいば「告白タイム」という事になり、タカさんが秋山さんに「友達から・・・・」と握手を求めると、秋山さんから「ごめんなさい・・・・」の衝撃発言。

81
会場全員笑死。

91_2
落ち込むタカさんをおさむさんがなぐさめるという思い切り想定外の結末。

会場やんややにゃの大盛り上がり。
でも実際にはほんとに3人とも凄く楽しかったようで、終演後すぐに3人で飲みに行ってました。

またこのおさむさんの「仲良くなりまSHOW」やりたいので「この芸人さんとこの芸人さんの対談が観たい!!」というリクエストはカルカルまでどしどしどうぞ!!おさむさんに僕が伝えます!!

102
お花が沢山届いたので「ご自由にお持ち帰り下さい」と言ったら女の子達がみんな嬉しそうに持って帰ってました。こういう光景はチャーミングでかわいらしくてとてもイイですね。

(東京カルチャーカルチャー店長・シンスケ横山)