ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

高野健一+pal@pop10周年記念ライブ フォト+ライブレポート(2008.12.06開催)

2008年12月26日

“高野健一”(pal@pop)を知っていますか?

名前は知らなくても、ひょっとしたら、
彼の作った曲をCMやコンビニなどで
耳にしたことがあると思います

「さくら」や「三陸産のウニに涙したい」という曲が
有線のリクエストで大ヒットした、名シンガーソングライターです。

歌い手さんから芸人さん(小梅太夫、森三中……など)まで、
色々な人に曲を提供したりもしています。

そんな高野さんも、pal@popという名義でデビューしてから
10年を迎えました。

東京カルチャーカルチャーで2008年12月6日に行われたのは、
そんな彼の、デビュー10周年記念ライブパーティです。

その模様を、何枚かの写真と共に、お伝えします。

Takano01
カウントダウンからはじめよう

満員のお客さんで埋まったカフェレストラン、
東京カルチャーカルチャーが一転暗転し、
前面のディスプレイにカウントダウンが映されました。

00:00。
拍手と共に、高野健一さんが、ステージに上がります。

Takano02
1曲目から、熱唱。

1曲目は、「will」。
未来への希望、意思を歌うこの曲は、
まさに10周年を祝うに相応しい選曲。

Takano03
真剣歌唱から一転、フランク・トーク。

ステージドリンクにビールジョッキを携えて、
「飛ばしていきます。」と決意表明。
その宣言どおりに、身体をいっぱいに使った
伸びのある声を、カルカルに轟かせていきます。

Takano04
バンドから弾き語りまでやれちゃうマルチシンガーです。

決して、太い声ではないのだけれども、
力強さを感じる、そんなヴォーカルが印象的です。

息のあったシンプルな編成のバンドと、
打ち込みの音の融合が素敵でした。
カルカルで行われた音楽ライブの中で、
一番作りこまれた音だったんじゃないかな。
プロデュースもやっているだけあって、流石です。

Takano05
あ・うんの呼吸のデュエット。

このイベントでは、10周年の総決算ということで、
楽曲を提供したり、親交があったりする
豪華ゲストが多数訪れました。

まずは、戸田和雅子さん。
やさしい丸みのある声が、
高野さんのやわらかい言葉づかいに
ぴったりフィットします。

Takano06
未発表だった曲「うららかるらら」を披露。

続いては、松谷菜穂さん。
pal@pop時代の名曲「スフィア」と、
chappie名義で発表された
“90年代テクノポップ最後の名曲”
「Welcoming Morning」をキュートな声で熱唱しました。

Takano08
シンセサイザーを操る高野さん。打込みも得意技。

続いては、石野田奈津代さん。
高野さんとデビューした年が近い、
親交が深いいしのださんの音頭で、
10周年を祝う乾杯が行われました。

Takano11
カンパイ!10周年おめでとう!

Takano12
高野さんからのリクエストで、「愛しいものをまっすぐに守るように」石野田バージョンを披露

Takano13
あれ?これは誰?

ちなみに、この写真の右の男性も、
ほかならぬ、高野さんです。

ゲストにクリスティさんが登場したとき、
ラップの曲を披露したのです。
TPOを踏まえた格好での登場に、
会場は笑いに包まれました。

Takano14
さくら+ラップで、“SAKURAP”。リリースの予定あるらしいです。

有線大賞をとった名曲「さくら」を
ラップアレンジした「SAKURAP」は
会場の誰もが嬉しい驚きに包まれた名曲。

終演後、
「ラップ、僕の作風と合うでしょう?
研究すると奥が深くて面白いんです。」
と、
楽屋で僕に話してくれました。

ガールズヒップホップの雄・HALCALIとも
組んで、charaのカバーをアレンジしたそう。
10年目の新機軸。これは楽しみな展開だ。

Takano15
一転、大人な雰囲気に。

続いて竹仲絵里さんが登場。
コブクロのプロデュースでブレイクして、
新星本格派シンガーとして活躍する竹仲さんも、
実は高野さんデビューの頃から、親交があったとのこと。

Takano19
息のあったハーモニー。

当時はリリースにいたらなかった未発表曲「つぼみ」と、
「会いにいきます」を二人のハーモニーで披露しました。

音楽プロデューサーとしてデビューした高野さんならではの
豪華かつユニークなゲスト陣が会場をあたためます。
本当に、今日のゲストはみんなキャラクターが違う。
だけど、確かに、高野健一の音楽観に、
誰もが見事に溶け込んでいるのです。

Takano20
ゲストタイムが終わった後は、高野さんの弾き語りタイム。

ここから、ゲストはいったんステージをおり、
バンドと高野さんのみのステージがはじまります。

Takano22
あえて生と死の重要さをうたったという名曲「さくら」を熱唱。

Takano24
いっぱい君を笑わせる。詩人らしい、暖かい歌詞が印象的。

Takano26
熱いヴォーカルが、カルカルに響き渡る。

「ゆかり」が終わり、本編終了。
暖かい拍手に包まれてステージを降りる高野さん。

しかし、アンコールの拍手は鳴り止まず、
荘厳なコーラスがSEとして流れ出します。

ゲストの栗原加江さんと共に演奏したのは、
デビュー曲であり、pal@popの世界観を
世に知らしめた名曲、「空想X」。

Takano27
一転、荘厳な雰囲気に。

Takano28
渋谷の映像や、

Takano29
カルカルのお客さんの映像を使い、舞台を演出します。

映像と音楽のシンクロが見事な1曲。
渋谷の音をサンプリングし、90年代という時代を切り抜いた名曲が、
2008年、お台場に、リアルなサウンドで響き渡りました。

Takano31
終曲は「祝婚歌」

ラストは、友人の結婚式でも披露されているという「祝婚歌」。
この曲を終曲に選ぶところが、「今」を大事にする
高野さんらしいな、と、聴きながら考えてました。

高野さんの曲にであって10年。
僕も、こういう曲のよさが分かる年齢になったんだなぁ。

Takano32
友人の結婚を祝うこの曲で、高野健一の「今」をうたいきる。

シンガー・高野健一が奏でた10年間の集大成。
その音楽がカルカルと共にあったことを、僕らは誇りに思っています。

はじめて高野さんの音を生できいたという、
カルカルスタッフの笑顔も印象的でした。
いい音楽って、誰にでも伝わる、普遍的な魅力があるんだね。

15周年、20周年と活動を続けていくであろう高野さん。
次のアニバーサリーも、カルカルと共にあってくれると、嬉しいな。

【撮影・テキスト】河原あず(東京カルチャーカルチャー)

(12/6セットリスト)

Openning
will
三陸産のウニに涙したい

まあるいほほ
うららかるらら
(wiz/戸田和雅子)

スフィア
Welcoming Morning
(wiz/松谷菜穂)

愛しいものをまっすぐに守るように
オリオン
(wiz/石野田奈津代)

(「遺書」DVD映像)

SAKURAP
全部☆君に届く
(wiz/クリスティー)

会いにゆきます
つぼみ
(wiz/竹仲絵里)

僕は君が好きが続いてゆく
君の一番の幸せが僕の一番の幸せであるように
さくら
いっぱい君を笑わせる
ゆかり

(アンコール)

空想X
(wiz/栗原加江)

祝婚歌