ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

黒沢健一ライブレポート&インタビュー(Vol.4)~祝!08/12/27カルカルライブ盛会+7年振りのアルバム「Focus」リリース!!

2009年03月03日

Kklive_4

  2008年年末、12月27日に
  東京カルチャーカルチャーでライブをした黒沢健一さんが、
  たっぷりとお話を聞かせてくれました。
  百戦錬磨のシンガーが語る、
  40歳・黒沢健一の今と未来ついて、
  そしてあふれんばかりの音楽への愛について……
  どうぞ最後まで、お楽しみ下さい。

インタビュー(3) 40歳・黒沢健一~音楽という「夢」の話。

納得いかないこともやっちゃったけど、
40歳までこうやって生きてこられただけで嬉しいなあって。

―― 時代といえば、
   カルカルのライブでのMCで「40歳になった」と
   おっしゃってましたね。
   40ってきいて改めてきいてびっくりしたんですけど、
   40歳になって変わったところは自分の中でありますか?

黒沢:……前に、40歳になったら楽になるよと人に言われてて。
   僕、30代の頃って不安で、いろんなことがしたくて。
   20代に比べて30って大人だって思ってて、
   できもしないのにしっかりしなきゃって思ってて。
   なんでしょう、男の人ってあるじゃないですか。
   手に職ついて、それに技術もちゃんと身につけてとかね。

―― サラリーマンしててもあります。とっても、あります。

黒沢:ヴォーカリスト1本っていうのじゃなくて、
   詩も書きたい、曲も書きたい、
   他の人のプロデュースもしてみたい、
   他のバンドでやってみたい……
   そういう経験を自分の自信にしていく……
   自分の栄養にしていく……みたいな。
   そういう年齢だと思うんです。30代って。
   それはとても、楽しみながらできたけど、
   40になったら、そういうこともやりつつ
   生きてこれたなと思った途端、安心したんです。
   めちゃくちゃで、納得いかないこと、
   ちょっとみっともないこともたくさんやっちゃったけど、
   でも40歳までこうやって生きてこられたなあっていうのを感じて。

―― なるほど。

黒沢:この感覚ってすごい不思議なんですけど。
   例えば自分と同じ年くらいまで、
   残念ながら音楽がやれなかったりとか、
   下手したらね……あの……やな話ですけど、
   僕の好きなアーティスト……ジョン・レノンなんかはね……
   僕と同い年で亡くなってしまった。
   きっともっとやりたいことあったのかなって……

―― はい。

黒沢:すごくそういうのを、リアルに感じてくると、
   極端な話、「生きてるのってすごく嬉しい」みたいな。
   30代の頃はばたばたしてて、そう思う余裕がなかったんでしょうね。
   40になったら出てきたんです、ちょっと変な話なんだけど。
   ……それがリアルに感じられるようになった分、
   なんか、いろんなことに感謝ができるのかなと思うんです。
   うん。

Img_7729

音楽好きのこの“血”だけは昔から変わんないんだろうしなあって

―― なるほど。
   あの、そうなると今後の、40代の健一さんの活動って、
   ますますシンプルになってくんですかね?

黒沢:今は「わからない!」ってはっきりいえますね。
   だから、30代のうちってそういう質問されると
   ドキドキしちゃってね。
   どうなるんだろう、どう答えるんだろうって……。
   だけど、日々の中でつむいできたことが、
   今日、ここに僕がいることにつながっているのであって。

―― 先のことは分からない、と。

黒沢:計算してここにこれてたんだったら、
   自信をもって、俺はこうやってきた、
   だからこうなっていくって言えるんだろうけど、
   俺の場合はただ音楽がずーっと好きで、
   それに向かっていったらここにきちゃってる感じだから。
   やりたい音楽があって、
   なんかやりたいなーってずっとそれをみてたりとかすると、
   どこかにたどりつけるんじゃないかなって
   気はしてますけどね。

―― 色々あったけど、
   40にもなって、結果的に落ち着くことに
   落ち着いたってことでしょうか?

黒沢:(笑)だから、落ち着いてないんですって!

―― あ、そうか。そうですね(笑)。

黒沢:なんかね、音楽って餌があると、
   「わーっ」ていっちゃうんです。
   「上を向いて歩こう」をフィル・スペクターアレンジでやるとか。
   好きなミュージシャンとセッション出来るチャンスがあるとか。
   それで、足跡がついちゃうんですよね。
   俺、音楽的に、やりたいな、楽しいなって思うことがあると、
   おさえられないんでしょうね、きっとね。
   もう、あきらめざるをえないというか……
   音楽好きのこの“血”というかね(笑)。
   まあ、この性格だけは昔から変わんないんだろうしなあって
   思いますね。

―― “業(ごう)”みたいなものでしょうか。

黒沢:うん。音楽を聴くのも好きだし、
   やっぱりその現場で何かモノが意外な方向で
   できあがってるのを観てるのとか、たまんないですね。
   もう、にっこにこしちゃって。
   だけどこだわるところはこだわっちゃって。
   きっと、僕に似てる人もきっといるんだろうと思うんですよ。
   自分も、そういうアーティストが好きだし、そういう人が
   好きな人もいるだろう。それを信じよう!みたいな(笑)。

―― 5年ぶりのソロライブに、たくさんお客さんも集まってくれましたし。

黒沢:そうですね…それはでかかったですよね。
   ありがたかったです。聴いていただけるということが。

Img_7573

自分も音楽の楽しさや、夢をずっと持ち続けたいんです。

―― あの、ちょっと話がずれるかもしれないんですが、
   健一さんに関して、個人的に好きなエピソードがあるんです。

黒沢:はい。

―― 昔、MOTORWORKSで一緒だった石田ショーキチさんが、
   とある国民的バラエティ番組にゲスト出演したとき、
   「音楽がなくても生きていける」って言ったことがあって。

黒沢:あははは。はい。ありましたね。

―― それで、健一さんが石田さんに会ったときに、
   「名言であった」って返したという話を、
   雑誌で見かけたんです。そのやりとりが好きで。
   「その心は?」とずっとお伺いしたくてですね。

黒沢:あははは(笑)。
   やー、だって「音楽なんてなくても生きていける」って
   言うのは、それだけ自分が音楽ファンだって
   言ってるようなもんですよ!
   音楽のこと気にしてなければ、そんな発言は出てこないし、
   ……なんでしょうね。そういうことって、
   なんとなく感覚で分かりますよね。

―― なくても生きていけるのに、どうしてこんなに好きなんだろう?
   っていうことなんですよね。

黒沢:そうそうそう! そこにたどり着いちゃう。
   だけど、その気持ちがまた音楽を好きに
   させたりするわけじゃないですか。
   絶対これがないとみたいなことになっちゃうと、
   音楽がいびつに聞こえちゃうし。
   僕は逆に、仕事として、好きな音楽を聴いちゃうのが嫌なんですよ。
   「このイントロいいなあ、使えるなあ」とか、
   「このコード進行はかっこいいなあ」とか。

―― なるほど。

黒沢:そうやって、職業としてメロディを追ってくと、もう……
   子供の頃なんか何もかにもわからなくてその中に浸れてたのに、
   理屈的なところでもう聴いてる自分が嫌で嫌でしようがなくって。
   そういうものを一切抜いた上でもう1回音楽に向き合って
   感動できなくなっちゃうんじゃないかって「怖さ」があるんです。

―― 好きなことを仕事をしていると、
   そういう気持ちは分かる気はします。

黒沢:「上手だね」とか思いながら聴くようになっちゃったら、
   僕はもう、だめなんだろうな。
   冷静にその人を分析してしまって、
   後から思うようになっちゃったら、
   それは夢がなくなってしまって、
   自分の作る曲もつまらなくなっちゃうんじゃないかなって思う。
   「なんだかわかんないけどかっこいい!」とか、
   「どうしてこんなことができるんだろう!?天才!」って
   素直に思いたい。
   自分もそういう人になりたいって思える楽しさや、
   夢をずっと持ち続けたいんです。

―― なるほど、音楽は「夢」なんですね。

黒沢:はい。だからこれからも、
   そうやって素直に、いい気にならずに、
   お客さんを信じていい曲を届けられたら
   いいなあと思いますね。うん。

Img_7771


長きにわたった黒沢健一ロングインタビュー、以上でお終いです。

1回読んでいただいただけでも嬉しいですが、
アルバムを聴く前に1回、
アルバムを聴きながら1回、
アルバムを聴いたあとにまた1回と読めば、
ますます音楽が楽しく響いてくる気がします。

新譜「Focus」を、お楽しみに。それでは!

Img_7809
「お客さんを信じていい曲を届けられたらいいなあと
 思いますね。うん。」(黒沢健一)

Kk_int_jacket
黒沢健一「Focus」2009/3/4 リリース!

1. Grow
2. Feel it
3. Love Hurts
4. Scene39
5. Maybe
6. Silencio
7. POP SONG (al ver.)
8. Mute
9. Do we do
10. Somewhere I can go
11. September Rain

KZCD-1012   \3,150 (tax in)

(ライブ写真・文・構成 河原あず/東京カルチャーカルチャー)

前のページへ| 1 | 2 | 3 | 4 |次のページへ