ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

黒沢健一ライブレポート&インタビュー(Vol.2)~祝!08/12/27カルカルライブ盛会+7年振りのアルバム「Focus」リリース!!

2009年03月03日

Kklive_2

  2008年年末、12月27日に
  東京カルチャーカルチャーでライブをした黒沢健一さんが、
  たっぷりとお話を聞かせてくれました。
  3月4日には、7年振りのニューアルバムとなる
  「Focus」をリリースします。
  L⇔R(エルアール)をはじめとする数々のバンド、
  ユニットでキャリアを積み重ねてきた
  百戦錬磨のシンガー・黒沢健一さんの語る、
  ライブの話、新譜の話、そして音楽の話を、
  どうぞお楽しみ下さい。

  ライブレポートから読みたい方はこちら。

「間取り図ナイト」とかをやってる中で
パーティ形式でライブしたら、どうなるんだろうって(笑)。

―― まずは、
   東京カルチャーカルチャー(以下カルカル)での
   ライブ、お疲れ様でした。

黒沢健一(以下黒沢):どうも、ありがとうございます。

―― 去年の12/27のカルカルでのライブは、
   いかがでしたか?

黒沢:そうですね……
   カルカルライブはもう2回目なんで……
   そもそもの話をしていいでしょうか(笑)?

―― はい(笑)。

黒沢:……僕、カルカルの横山シンスケ店長が
   新宿歌舞伎町のロフトプラスワンにいたときに
   音楽評論家の萩原健太さんと、
   健’zっていうユニットのイベントやってて。
   非常にお世話になってたんです。
   それで一昨年、シンスケさんから
   「ニフティで新しい店はじめたんだ!
   ライブやらない?」って連絡あって。
   それでお台場まで一昨年の年末に見にいってみたら、
   ロフトプラスワンと全然違って、
   観覧車の真下の店だし、
   ガラスばりだし、厨房のシェフが
   料理のフランベしてるからびっくりしちゃって(笑)。
   スケジュールで他のイベントをみたら
   「間取り図ナイト」とかだし。

―― はい(笑)。

黒沢:音楽のライブが出来る環境かどうかの
   下見っていう名目でお店に行ったのに、
   昼間からいきなりビール出されて
   うちのマネージャーに、
   「周りはどう思ってるか知らないけど、
   俺は黒沢と友達だと思ってるんだよ」とか
   言って脅すし(笑)

―― 本当にすみません(笑)。

黒沢:(笑)いや、それで、逆に面白くなっちゃたんですよ。
   シンスケさんも新しいことやってるし、
   俺もソロ5年ぶりだし、新しいことやりたいなって。
   そういう瞬間を一緒に楽しみたかったんですね。
   「間取り図ナイト」とかをやってる中で
   パーティ形式でライブしたら、どうなるんだろうって(笑)。

   それで……
   一昨年から今年にかけてやっていた僕のライブが
   “LIVE without electricity(電気のないライブ)”
   ……っていうツアー名で。

   要は、アコースティックギターとピアノでやれるだけやる、
   停電になっても音が届くっていう、原始的なライブだったんですね。
   その延長で、カルカルでもアコースティックライブしまして。
   楽しかったですね。

―― その“ピアノとギターの原始的な弾き語りツアー”は、
   一昨年と、昨年にも行われましたね。
   ミュージシャンとして、そこから持ち帰ってきたものは、
   何かあったんでしょうか?

黒沢:“LIVE without electricity”っていうのは、
   曲は素材であって、どう変わるかわからないっていう、
   ものすごい自由度があるライブなんですね。
   CDの音源を再現するわけではないので。
   だからそこでお客さんが喜んでくれるかっていう
   不安がすごいあって。

―― それは意外ですね。
   健一さんくらいのキャリアの方でも不安だったんですか?

黒沢:アコースティックライブは、ごまかしがきかないですから。
   ところが、はじまってきたらとても好評で。
   5年ぶりなのに、たとえば渋谷のDUOでね、
   チケットが売り切れて。満員に埋まったんですね。
   即日で完売して。ピアノとギターだけなのに……。

―― はい。

黒沢:それが、すごい嬉しくて。
   すごくいいステージができたっていう自負もあって。
   その緊張感がすごい忘れられなくて、
   もういっぺんツアーをやったら、
   またお客さんがいっぱいきてくれまして。
   自由にやった結果をお客さんが
   支持してくれるっていう事実が、すごく自信になったんです。
   「ソロアーティストとして、僕はみなさんに何かを届けられるな」
   ……っていう自信がつきましたね。
   それに、新曲を待ってくださってるのを実感しました、
   お客さんの顔をみてわかったんです。

―― なるほど、それが3月にリリースされる
   新譜づくりのモチベーションになったんですね。

黒沢:はい。それが7年ぶりのソロアルバムで。
   ……実は、ちょくちょくと曲は書いてたんですよ。
   ストックも、6、70曲ありました。
   ただ、いつ発表しようかとか、その辺あいまいだったんですよね。
   アルバムとしてのまとまりが、どうもその時点まで見えてなくて。

―― はい。

Img_7517

「あいまいなことっていうのは真実なんだ」ってわかってきたんです。

黒沢:だけどライブをやってくうちに、
   ……あの……これは、新しいアルバムの
   タイトルにもなってるんですけど、
   “フォーカス(焦点)”があってきたんです。
   これは感覚的なものなんだけど……
   たとえば2年くらい前につくって置いておいた
   曲をライブになって実際やってくうちに、
   「これは作品を発表すべきだろう」って思ったんです。
   フォーカスが実感と共にあってきたというか。

―― 「フォーカス(Focus)」を新譜のタイトルに
   しようというアイディアは、7年ぶりのソロアルバムを
   まとめあげる中で出てきたものですか?

黒沢:そうですね。
   あの、言葉じゃいえないあいまいなものっていうのが、
   自分の中でやっぱりずっとあって。
   ……それを伝えたいからずっと音楽を
   やってんだと思うんですけど。
   だけど、なんというか、言葉で言い切ることが
   大事で、その方が市民権や効力を得るということが
   現実社会はあるわけですよね。
   具体的な言葉とか、数字とか。

―― うーん……まして、こういうご時世ですからね……。

黒沢:だけどそういう具体的なものに対抗できる
   音楽の世界っていうのは、
   言葉にはならない、なんだかわからない
   フィーリングに、もっと心をオープンに
   していくものだとだと思うんです。
   “言葉で伝えられるもの”も真実だけど、
   “言葉で伝えられないあいまいなもの”も真実だし。
   その二面性が社会の中にはあって、
   バランスがとれてくるといいといつも思ってるんですけど。

―― はい。非常に分かります。

黒沢:だけど、僕の中でここのところ、
   音楽……つまり、言葉にできないものが
   ばんばん言葉に負けちゃってる気がしてて。
   たぶん、ここ数年ソロをやろうとした時に
   フォーカスがあわなかったのも、
   だからかなって思ったんだけど……
   だけど40歳になって、ふと思ったら、
   「あいまいなことっていうのは真実なんだ」ってことが、
   体でわかったというか……。

―― 「あいまいなことが真実」……なるほど。

黒沢:はい。
   「言葉にできないこと」というのが絶対にあって、
   それがあるからこそ、音楽は形になるんだというのが
   腹にはいってきて。
   だから「非常に感覚的なものにオープンになろうって」意味で
   “フォーカス”という言葉がでてきたんですね。

―― なるほど。
   それは、健一さんの今までの音楽活動にもっていた
   価値観とは違う部分なんでしょうか?

黒沢:違いますね。
   僕には、ソロデビューした当時……
   というか、ソロになるまでに活動してた
   L⇔R(エルアール)の頃からそうですけど、
   「自分の脳に直接ジャックをつないで
   音楽をだせたら絶対に面白い」
   ……っていう確信があったんです。
   それで、頭の中を再現するように
   周りのミュージシャンの方の力を借りつつ
   音楽を作ってきてたんですよね。
   それは、3枚目のソロアルバムの「NEW VOICES」まで
   やったんですが、3枚ソロアルバムを作って
   非常に納得しまして。
   「ああ、自分の頭の中になってるサウンドは
   こういうものなんだ」と。

―― はい。

黒沢:……で、それからいろんな人とバンドをやったんです。
   やってみるとですね、自分の頭の中に鳴っていない音がくると、
   意外とこう、逆にエキサイティングだってことに気づいたんです。
   要するに、極論言っちゃうと、頭の中で鳴っている音が
   そのまま再現されるということはある意味幸せなんですけど、
   意外性はないんですよね。

―― はい。

黒沢:結果的にそれは自分の中のエゴでしかないっていうか。
   ……周りが驚いても、自分は驚かないんですよ。
   けど、プロデュースとか作曲だとかいろんな音楽の
   仕事をしてると、「まとめる」という作業をするのが
   一番重要な任務だったりもするので、
   曲を作った瞬間に頭の中に拡がった音像を
   具体化するだけって作業になっちゃって。

黒沢:だから、他人に自分をコーディネートしてもらって
   どう転がるかは……(インタビューの続きを読む)

Img_7535
インタビューはまだまだ続きます!こちら!

前のページへ| 1 | 2 | 3 | 4 |次のページへ