ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

乗車率120%、鉄道だらけの300分!大好評「スーパーベルズの鉄道ナイト5」ライブレポート(2009.5.3開催)

2009年05月25日

長~いイベントタイトルでお馴染みの
『スーパーベルズの鉄道ナイト』。
今回の正式イベント名は

『スーパーベルズの鉄道ナイト5
 ~デビュー10周年記念・ロングランスペシャルで全力投球!!
 山手線5周分に匹敵の5時間運転!
 ライブ×エアトレイン×トークでゴールデンうぃ~ひっく!』

ちなみに、カルカル史上最も長いイベントタイトルです。

そんな「ゴールデンウうぃ~ひっく」真っ只中でしたが、
会場はいつも通りの満席。チケットはSOLD OUTで乗車率120%!

発車30分前には、すでに9割方の席が埋まる事態に……。
みんながこの日をどれだけ楽しみにしていたか分かりました。

001

チケットも特別仕様、前売乗車券です。ローソンチケットさん、毎回ありがとうございます!

002

この日限定の『三灯式信号カクテル』。
あまりにも注文が多く、グラスが足りなくなる事態に!

熱狂のライブ!

1曲目の『モーターマン』で、会場は一気にヒートアップ!
熱気では、カルカルの下のZEPP TOKYOでライブを
していた大塚愛に負けてません!

『電車体操』では、お客さんも一緒になって体を動かしました。
ラストの曲では、歌の途中で線路を作り、電車を走らせるという
パフォーマンスも披露。あっと言う間の1時間でした。

003

左が保線DJ土屋さん、右が車掌DJ野月さん。白熱のライブ!

004
鉄母(てつぼ)の豊岡真澄さんも登場! みんなに敬礼!

005
線路を急いで作り、急いで電車を走らせ、急いで片付けました。

物販大盛況!

休憩中は物販タイム。
TシャツやCDなどを販売していたのですが、
それを求める列が凄い! 長い!
特にキーホルダーは、あっという間に売り切れていました。

006
カルカルの物販でここまで並んでいるの、始めて見ました。

007
すぐに売切れてしまったキーホルダー。1人で複数買っている人もいました。


あの鉄道漫画の作者登場!

現在『月刊サンデーGX』で好評掲載中の『鉄娘な3姉妹』
タイトルから分かると思いますが、もちろん鉄道関係の漫画です。

そんな『鉄娘な3姉妹』の作者で鉄オタの松山せいじ先生が登場。
出来立てホヤホヤの原稿も公開しました!

電車の絵はこの漫画を描くまで
ほとんど描かなかったという松山先生。
「漫画も鉄道も好きだから、『鉄娘な3姉妹』を書くのは楽しい」
語っていました。

008
奥さんは鉄道に興味はないけど、理解はあるそうです。理解がある奥さん、羨ましい!

009
土屋さん作製のお寺。こ、怖い!

010
野月さんが開発した、可愛いつり革型のピアス。

みんなでエアトレイン!

エアトレイン、それは口で鉄道関係の音を表現する
マニアックなモノマネ。

お客さんだけでなく、カルカル店長まで参加し、
車内アナウンスや立川~日野の電車の音など、
数々のエアトレインを披露しました。

私は今回初めてエアトレインを知ったのですが、これが面白い!

正直、私は鉄道についての知識が乏しいです。
なので、似ているのか似ていないのかは分かりません。
それでも十分楽しむことができ、笑いました!

011
あまりにも上手すぎるエアトレインに「君はもう電車になったほうが良い」と言う土屋さん。

012
デュエットでの参加もありました!

013
最後は車掌DJ野月さんが「券売機の音声」のエアトレインを披露してイベント終了。

014
イベント終盤も途切れることがなかった料理のオーダー。
このオーダー票がその凄さを物語っています。

ライブあり、トークあり、お客さん参加企画ありと、
充実しすぎの5時間でした。

個人的に、エアトレインでお客さんが
積極的に参加していたのが印象的でした。

人前で喋るのって、結構勇気がいると思うんですよ。

それなのに、参加者が後を絶たなかったのは、
やはりこのイベントの温かい空気感があってこそだと思いました。

休憩中も気軽にサインに応じるなど、
想像以上に出演者とお客さんの距離が近かったです。

第6回もあると思うので、
興味のある人は早めに前売乗車券をご購入ください。

(たまに大阪/ライター)