ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

せき止められたダム愛久々の大放流!「ダムナイト!!~ゴールデンウィークにお台場でダム」ライブレポート(2009.5.5開催)。

2009年05月26日

2009年5月5日。
2009年のゴールデン“カルカル”ウィークもいよいよ最終日。
今日のイベントテーマは「ダム」です。

人工的な埋立地であるお台場で、ダムの人工美を愛でるイベント。
最高のマッチングであるイベントについて、以下に詳細を!

001
本日の看板。

開場して席に着くと、お店のチラシと共に一枚の紙が挟まっていました。

002
ダムドリル!

003
第一問 ダムの形式記号について

004_2
第二問 ダムの各部の名称について

005_2
第三問 ダムの目的の形式記号について

006_2
第四問 秩父地域のダムとダム湖の組み合わせ

イベント中に答え合わせを行うとのことで、
開演までの間はこれを解いて待つことに。
うーん、全問正解出来る人、いるのかな?


開演までの間は、物販コーナーにも人だかりが出来ていました。

滅多に手に入れることが出来ない
財団法人日本ダム協会の「月刊ダム日本」に至っては、
あっという間に完売していました。
来てるぞ、ダムブーム。
本日のチケットもソールドアウトだったみたいですし……

007_2
物販コーナー

008_2
物販に群がるダム愛好家の皆様

本日限定のカクテル「浦山ソーダ」を飲みながら待っていると、
演者の方々が登場しイベントがスタートしました。

009_2
本日限定「浦山ソーダ」

本日の「ダム大好き!」な演者さんは、

 ・萩原雅紀(ダムサイト、デイリーポータルZ)
 ・takane(ダム日和)
 ・琉(DamJapan)
 ・高田悦久(ダム作り33年の現場のプロ)

の4人でした。

川治ダム(@栃木)とか、宮ヶ瀬ダム(@神奈川)とかに
携わってきたプロの話が聴けるなんて。

今日はもう、「こどもの日」じゃなくて「ダムの日」で良いよ、ホント。
というくらい最高なイベントになる感じがプンプンしてきました。

010_2
本日の演者の皆様

まずは、ダムナイトの開催自体が久々ということもあり、
萩原さんによる「ダムの基礎知識」講座が開講されました。

折角なので、講義内容を書き留めたものをざっくり記載すると、

 ・ダムの高さは15m以上
 ・ダムは大きく分けると「1.コンクリートダム」と「2.フィルダム」の2種類。

 

更に細分すると

  1-1.重力式コンクリートダム
  1-2.中空重力式コンクリートダム
  1-3.アーチ式コンクリートダム
  1-4.重力式アーチダム
  1-5.バットレス式ダム
  2-1.中央土質遮水壁型ロックフィルダム(センターコア型ロックフィルダム)
  2-2.表面遮水壁型ロックフィルダム(アスファルトフェイシング)
  2-3.表面遮水壁型ロックフィルダム(コンクリートフェイシング)
  2-4.アースフィルダム

 

と分類される。

・放流設備の種類には
 1.自然越流式
 2.ローラーゲート
 3.ラジアルゲート
 がある。

といった感じでした。

箇条書きにすると、ダムに一切興味が無い人を置いて
突っ走っている雰囲気を感じてしまいますが、
初心者にも分かりやすく解説されていたので、
十分楽しく聴くことが出来たと思いますよ。

011_2
みんな大好き「ラジアルゲート」。

さて、基礎知識講座が終わったところで、
次はダムを実際に見に行くときのお話が。

ダムを巡る際の事前準備⇒出発⇒鑑賞の流れについて、
萩原さんから紹介があったのですが。

ダムの下流となる川沿いには、
こういう絵が描かれた看板が立っているそうで、

012_2
サイレンズ

この看板を見つけたら、ダムを見つけたようなものとのことでした。

この看板、ほのぼのとした雰囲気が感じられますが、
良く読んでみると本気で気をつけないといけない
注意書きが書いてあるんですよね。

くれぐれも、河川の増水時には気をつけましょうねー。

「基礎知識」「見学のお作法」といった講義チックな話の後は、
萩原さん、琉さん、takaneさんによる
「日帰りダムめぐりツアー」のプラン提案です。

明日までGWでお休みという人も多いでしょうから、ということで、

 ・萩原さんオススメの「奥利根ダムツアー」(藤原ダム、須田貝ダムetc)
 ・琉さんオススメの「信州ダムツアー」(稲核ダム、奈川度ダムetc)
 ・takaneさんオススメの「群馬ダムツアー」(中之条ダム、四万川ダムetc)

の3つのプランが披露されました。

どのツアーも魅力的なんですけども、
琉さんのプランが明らかに1日じゃ無理なコースでした。

本人も
「東京からの日帰りだと若さと体力と気力が必要かもしれません。」
と仰ってたくらいですし。

そんな琉さんは20歳。
渋谷にいそうなルックスなのにダムが大好きという、最高の人です。

013_2
「奥利根ダムツアー」の一部

014_2
「信州ダムツアー」の一部

015
「群馬ダムツアー」の一部

スペシャルゲストとしてお越しいただいた高田さんからは、
高田さんが携わった「宮ヶ瀬ダム」の貴重な資料写真を
見せていただきながら色々とお話を伺うこととなりました。

宮ヶ瀬ダムの湛水実験の模様を収めた激レアな写真には、
演者さん、会場のお客さん全てがため息をついていました。

確かに、こんな写真は滅多に見れないものですからねー。

資料写真をまとめた冊子のページをめくるたびに
ダムが完成に近づいていくことと、
「ここに私がいます」というネタをちょいちょい挟む
高田さんが素敵でした。

016
宮ヶ瀬ダムの湛水実験の模様

017
このどこかに高田さんが。

最後に、萩原さん、琉さん、takaneさんが
「ダムを使って何がしか訴えたい」というプレゼンをしていたのですが。
そこで紹介されていたtakaneさん作のWEBアプリが素敵過ぎるのでご紹介。

018

どこでもダム

GoogleMap使ってるアプリでして。
好きなところにマーカーを置いて、[着工指示]ボタンを押すと
ダムが出来上がる、という素敵なアプリです。

このアプリにはまった萩原さん、
mixiでこのアプリのコミュまで作ってしまったそうです。

というわけで、みなさんもLet’s着工!

019
こんな感じで、好きにダムを作れます。

ちなみに、後半の途中で「ダムドリル」の答え合わせがあったのですが。
まさかまさかの全問正解者が会場内にいらっしゃいました。

しかも、女性の方。
これには、演者さんもびっくりしていました。

ていうか、ドリルを作成したtakaneさんすら、
全問正解するのが危ういと言っていたのに。
こうなったら、次回開催時には上級者向けドリルを
用意するしかなさそうですね。

020
ダムドリル答え合わせ

021
第三問「ダムの目的の形式記号について」の答え。ここはテストに出るぞー。

気がついたら、予定時間を30分もオーバーしての終了となりました。

今回これだけ楽しかったってことは、
前回の「ダムナイト」も相当面白かったと想像出来ます。
何で来なかったんだろう。悔しいなぁ。

とりあえず、次回(開催日未定)も必ず駆けつけて、
ダムに想いを馳せながらお酒を飲んで楽しみたいと思います!

022
ダムマニアの心理。次回は会場にこのミニチュアが用意されるか?!

(うさげん/mixiカルカルコミュニティ管理人