ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

都築響一の世界「スナック魅酒乱」ライブレポート(by クロスケ。)

2009年06月11日

カルカルでは、お馴染みの都築響一の世界パート2が開催されました。

今回は【スナック】 前回の「あなたの知らない演歌、歌謡曲の世界」の続編ともいえるこのテーマは、一見すると、どこの町にもある「スナック」ですが、その扉を開けて一歩踏み入れるには、なぜか勇気がいる『身近で遠い不思議な世界』

そんな、スナックの魅力の世界を追ったドキュメンタリー・イベントとなりました。

01

今回も魅惑の世界を、独特の切口で披露する都築さん

02

テリー植田さん(左)と都築さんの息のあったコンビに、会場も都築ワールドへ

そもそも、都築さんがスナックを探求しようと思ったきっかけは、著書「珍日本紀行」の取材で各地を回った時、地方で酒を飲むところはスナックしかなく、逆を言えばどこに行ってもスナックは存在することから、扉を開けるまで中の様子がわからないスナックの魅力を追い求めるようになったとのこと。

前半は、前回のおさらいと今回のスナックには欠かせない「演歌」から紹介。でも、そこは都築響一の世界。
演歌の聖地「東十条のレコード店・NSダン」で行われている街頭キャンペーンから始まり、西新宿のレコード店街に話が移り、外国人アーチストもこぞって来店するお店へと話が進んでいく。

03

(都築)日本で、一番『デスメタル』に詳しい奥さんだよ
(テリー)え!このリラックマのエプロンの人が?

そして、話は新宿再開発でコマ劇場と共に姿を消すグランド・キャバレー「クラブハイツ」へと進む。クラブといっても最近のキャバクラなどとは、格も規模も違う別世界。500坪の店内に150人のホステスと540席の客席、見事な装飾に彩られた店内は、スクリーンからも豪華さが伺える。

04

(都築)このシャンデリア、洗うのに70万円もかかるんだって・・・
(テリー)ゲゲッ!そりゃすごすぎますね!

しかし、最近はグランド・キャバレーも姿を消し、通っていた客や働いていたホステスさんは、どこへ行けばいいのか?そうなると、スナックしかないのだ!
そして、メインイベント『東京スナック魅酒乱(ミシュラン)』の本題へ

06_2

楽しそうに、スナックの紹介をする都築さん

都築さんは、複数のスナック企画を進めており、全国に15万~16万件あると言われるスナックのなかで、一番名前が多い「来夢来人(ライムライト)」を廻る連載や、廣済堂あかつきのオンライン・マガジン『天国は水割りの味がする』を連載しています。

05_2

(都築)このママの人生とかすごいよ、それを聞いた後でカラオケを聞くと・・・

以前ダイエットをされた都築さんですが、この取材で10キロもリバウンドしてしまったそうで・・・

後半は、『天国は水割りの味がする』で、都築さんと共にスナックを廻り、取材をしている「廣済堂あかつき」の「臼井さん」もステージに上がり、スナック探求で出会った「人と店とが織成す街角人間模様」の話になりました。

何しろ、スナックという世界は、ネットやハイテクが通用しない。検索してもヒットは皆無、そもそも店でホームページといっても「何それ?」と言われることが当たり前の世界。取材は半分以上飛び込みで始まり、ママとの意思の疎通が出来るようになるまで時間と金?をかけて、マメに通って成し遂げた努力の証であり、それを毎週更新すると言うのだから、驚かされる。

07

都築さんと共に東京各地のスナックを巡る臼井さん(中)
(都築)ハチャメチャの人生とか普通に聞かされたって・・・
(臼井)でも、本当に明るい感じで、お店の雰囲気とかもいいですよ。

後半途中からは、『天国は水割りの味がする』のサイトを使って話を進めましたが、このサイトは1ページが異常に長い!どこまで下げても続く・・・それもそのはず、文字だけでも1万5千字はあるページですが、それは都築さんのこだわりと言うか、ウェブマガジンの欠点とも言える「書籍ボリューム」を都築流に表現した形で、右側にあるカーソルの位置で、このサイトのボリューム感を堪能してほしいからだそうです。
ページ最後には、お店で録音した「ママのカラオケ」の熱唱が添付してあり、多くの苦労を経験してきたママの歌声を、お店の繁盛音が入ったままの状態で聞くことが出来ます。

どこの町にもあるスナック、そんな店が町の片隅で数十年も続けていけるのは、ひとえに「ママの人柄」であり、そこから生まれた信頼が、人を呼び男女の壁を越え、若い人からお年寄りまで幅広く、夜のコミュニティー空間となって、その町に生き続けていた証。
そんな長く営業し続けているスナックに「ハズレは無く」多くのスナックを廻っている都築さんも、失敗談やひどい目にあったことは、1度も無かったと言うことだった。(予想外に値段が高かったことはあったようですが、それでも1万円ぐらい?だそうです)

今回のイベントも、会場全体が都築ワールドに染まりました。次回のイベントもご期待ください!

次回の都築響一の世界3は、「お水ファッション」がテーマ!7・20(海の日)に開催!チケットはチケット絶賛発売中!イベント詳細は、こちら!

都築さんの記事が読める!廣済堂あかつきのオンラインマガジンは、こちら!