ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

カルカル2周年祭!【カルトークダイジェスト2】ライブレポート

2009年09月12日

カルトークダイジェスト2(レポート byクロスケ)

002_2

東京カルチャーカルチャー2周年記念イベント「カルトークダイジェスト2」が開催されました。

コレまでの2年間、300以上ものイベントの中から選りすぐりのイベントのダイジェスト版が4本詰め合わせの美味しいイベントです。

先ずは、カルカルでもお墨付きの「テーマパーク系イベント」【水族館ナイト】から、出演はライターの「まんじまる」さん

003_2

水族館ナイトでは、カルカルに魚を連れてくるわけではないですが、水族館ナイトを聞いてから水族館に行くと、水族館が数倍、イヤ数百倍楽しくなるイベントです。

日本には、「日本動物園水族館協会」に登録している水族館が100件以上!小さな私設水族館や水槽が数本置いてある水族館を入れたら数え切れないほどあるそうで、日本はまさに「水族館大国」

そんな水族館をこよなく愛する「エキスパート」の方々が毎回出演されています。

004

左から水族館プロデューサー「中村元さん」、しものせき水族館【海響館】の「和田政士さん」、

鶴岡市

立加茂水族館館長「村上龍男さん」

水族館に来るお客さんのほとんどが大人。水族館に来るお客さんは「魚を見に来るのではなく、水を見に来る」と語った中村さんプロデュースの「渓流魚のジャンプ水槽」や「いわしの群栄水槽」など。

水族館の新たなチャレンジも紹介されました。

005

時間で水槽の水位が変動し、滝に向かってジャンプする魚を見ることが出来る最新型展示水槽

また、各地の水族館からエキスパートを招いてのトークは、ココでしか聞けない話ばかり。

山形県鶴岡市

の加茂水族館は、一時倒産に追い込まれた時期もあったが世界一の水族館へと変貌を遂げた根性の「クラゲ復活劇」の話は、必見でした。

006

クラゲの展示は「クラネタリュウム」という、ネームセンスも抜群の加茂水族館

次回の水族館ナイトは【2009年 10月25日(日)

水族館プロデューサー中村元presents

水族館ナイト1周年祭り!~水族館に宿る魂~ 開催!

続いて「学研・大人の科学ナイト

007_2

「学研」と聞いて、懐かしいと思う方も多いと思います。幼い頃「科学と学習」のお世話になった方も今はリッパな大人。そんな大人に向けて学研さんが発売したのが「大人の科学」カルカルでは3回発売イベントを開催しています。

カルカルでは、大人気の「ブック系サイエンスイベント」毎回後半は音楽イベントとコラボレーションを行ない、すばらしいサウンドも公開していただけます。

レコーダナイトで出演した「オープンリール・アンサンブル」は「SUMMER SONIC」にも出演しました。

今回は10月発売予定の「二眼レフカメラ」を紹介していただけました。

最初の計画はダンボールのカメラ。そこから開発と失敗の連続で、1年かけついに完成した付録とは思えない付録カメラの発売までの苦労話はすばらしい物でした

学研の西村さん、次回発売の「二眼レフカメラ」を手に熱く語る。

010_2

「光が入らないようにするのが大変なんですよ」と、語る西村さん

付録開発の前田さん。付録が完成するまでの苦労話や中国工場での実験模様が紹介されました。

01001

ダンボールから切り出したサンプルに始まりプラ版試作品、そして完成品までの苦労と完成品の品質調査など、やることは山のようにあるそうで、何しろレンズが2つあるカメラを低予算で付録にするのが一番大変だったようです。

次回、「大人の科学マガジンVol25」10月30日発売!

発売に合わせて、カルカルでもイベント開催予定です

休憩を挟んで、後半は【ロゴ・ナイト】

「ロゴナイト」とは、普段何の気なしに見ている「ロゴ」を取り上げたイベントで、出演者の原さんはmixiコミュ「ロゴ好き」の管理人さんです。

ロゴと聞いて・・・イベントになるのかな?と、感じる方もいらっしゃるかと思いますが、なんのなんの!身近なロゴが、こんなに面白いなんて!と、考えさせられる身近で深いイベントです

014

色々なロゴをバックに始まった「ロゴナイト・ダイジェスト」

楽しそうにロゴを語る原丈典さん

01401

まったく違う会社なのに「よく似たロゴ」や、デザインの中に記号が隠れている物。ロゴには発見と不思議がいっぱいです!

佐川急便の新旧ロゴ比較では・・・

016

なぜか?会場からは拍手が・・・

よくわからないイベントともっとよくわからない会場?だが、それだけ身近な存在が「ロゴ」なのであろう

紙袋や商品に描かれた「ロゴ」しかし、そのロゴに秘められた製作者の思いや企業の意気込みが映し出されるマーケットをしっかりと意識した心意気が感じ取れるすばらしいイベントです

ロゴナイトの原さん、実は「エアライン」も大好き

018

しかし、原さんのエアラインと言うのは、もちろん「航空会社のロゴ」

2009年10月10日(土)

エアライン大好き大集合

エアラインナイト~実は飛行機にそんなに興味ないんです。~

エアラインと言っておきながら?飛行機に興味が無いとは、そりゃいかに?

世界各国のエアラインの洗礼されたロゴを語りつくすイベントになりそうです!

そして、最後はカルカルで歴史を語る「歴史系トークイベント」

021

【お城めぐりナイト】と【歴史ナイト】の本岡勇一さんの登場

歴史ナイトでは、落語家の「春風亭昇太師匠」と熱い「城トーク」を交わした本岡さん

023

お城のことになると、もうそこは自分の部屋のように何でも知っているからスゴイ

「お城めぐりナイト!」とは・・・

02101

「単なるお城きが、お城について夢中で語るだけの場です」と、言い切ってしまうところからも、このイベントの奥の深さがうかがえます。

今回のダイジェストでは、日本一有名な城「姫路城」が平成21年から大規模改修工事が行われ、足場と覆いがかぶってしまうために「姫路城ココだけに話!」をたくさんしていただけました。

025

知ってるつもりだった日本の世界遺産、しかし本岡さんに掛かれば地元民でも知らないような情報が満載

本岡さんに掛かれば、瓦一枚一枚まで厳しいチェックが入るからスゴイ。

姫路城の関係者ですら知らなかった瓦の秘密など、今回の改修工事で直されてしまう部分もあり、まさに歴史の深さを知ったイベントでした。

024

これは、ダイジェストじゃなくて「2時間みっちり聞きたいイベント」です。

今回のダイジェストは東京カルチャーカルチャーの歴史を振り返りながら、これから先の多くのイベントの序章ともいえる予告編トークでした。

これからも、カルカルのイベントから目が話せません!「スケジュール」をこまめにチェックしてくださいね!

(レポーター・クロスケ)