ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

ろじぱらの夏休み~やりのこした「夏」、みんなでやらないか?~ライブレポート(2009.8.30開催)

2009年09月23日

累計アクセス数が1億4千万を超える、超人気テキストサイト、『ろじっくぱらだいす』。通称『ろじぱら』。
今年行われた伝説の10周年イベントも大好評でした。
それから僅か半年。またしてもカルカルがカオスな空間になっちゃいました!

1_2   
会場に入ると、氷柱に入ったスクール水着がお出迎え。

2_2
物販の売り子さんを見ただけで、並みのイベントではないことが分かります。

8月最後の日曜日。
しかも、この日は大事な総選挙がありました。
それにも関わらず、チケットは売り切れで会場は満員!
夏にやり残したことを、みんなでやっちゃいました!

ろじぱらスイカ割り!

夏に1番テンションが上がる遊びといえば、やっぱりスイカ割り。
と、いうわけでやっちゃいました。

3_2
スイカの皮を器用に削って、ろじぱらキノコに。割るのがもったいない!

割るのはもちろん、『ろじぱら』管理人のワタナベさん。
客席にいた兄貴さんが急遽ナビゲーションを務めることになり、

「この棒で玉を……」
「イキたいのか?」

など、意味深な言葉で、ワタナベさんをスイカまで誘導。
そして……

4_2
目隠しをしたワタナベさんが、兄貴さんとの共同作業で、みごとにスイカを割りました!

5_2
キレイに真っ二つ。

6
細かく切って、お客さん全員が食べられるようにしました。

ちょっとだけ早い七夕祭!

続いては、ちょっとだけ早い七夕祭。

ちょっとだけ遅い七夕祭じゃないです。
ちょっとだけ早い七夕祭なんです。
300日くらい早いけど……そんなの関係ないですよね。

みんなで短冊に願いを書き、笹に吊るしました。

7   
主役であるワタナベさんの顔が、笹に隠れて見えません。

8
前回のイベントで水着姿になっていたワタナベさん。果たして今回、願いが叶って、ワタナベさんの水着姿を見ることは出来たのでしょうか?

スク水氷柱カキ氷

会場に入った瞬間出迎えてくれた、スク水入り氷柱。

この氷柱を作るのに、実は5万5千円もかかったんです。
そんな5万5千円かけて作った氷柱の氷を使い、カキ氷を作って、みんなで食べちゃいました。
食用には向かないという専門家の話を無視して…………。

ちなみに、中に入っているスク水は、ワタナベさんが着用したものです。

9
氷柱の氷を削るワタナベさん。

10
出来上がったカキ氷を食べる、司会のmoon4さん。

私もカキ氷を頂いて食べたのですが、食べやすくて美味しかったです。

花火をやろう!

夏の締めくくりといえば、やっぱり花火。
ということで、やっちゃいました、室内で花火。
もちろん、室内専用の花火を使いました。
本当はお客さん1人につき1本花火を差し上げたかったのですが、
色んな人から怒られて、1テーブルに1本の花火ということで落ち着きました。

11
夏の終りを告げる花火。

12
派手さはないですが、蛍のようにキレイでした。

衝撃のラスト!

花火をしてキレイに終了……と思ったその瞬間、

Watanabe
スク水姿のワタナベさん。

クラッカーの音と共に、ステージにいたカルカルの店長・横山さん、司会のmoon4さん、そしてワタナベさんがスク水姿に!
みんなの願いが叶いました!

14
イベント終了後のサイン会。実は、水着姿のお客さんが2人いたんです!

2時間という限られたイベント時間で、夏にやりたいことを思いっきり詰め込んだ今回のイベント。
会場にいた人全員、この夏一番の思い出になったのではないでしょうか?
とにかく、お客さんとの一体感が素晴らしかったです。

私も、この夏最初で最後のカキ氷を食べられて、夏の気分を味わうことが出来ました。

(ライター・たまに大阪)