ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

「温泉チャンピオン郡司勇の温泉ナイト! 」ライブレポート(09.9/23開催)

2009年10月17日

皆さん、怒涛のシルバーウィークいかがお過ごしでしたか。絶好の行楽日和で、全国各地へ旅行に出かけられた方も多いかと思います。そして日本の旅にかかせないものといえばやっぱり「温泉」。私もシルバーウィークは温泉三昧でシメさせていただきました・・・、「お台場」で!
え?なんでお台場なのかって。それは「温泉チャンピオン郡司勇の温泉ナイト!」に決まりですよ!

Onsen01

温泉チャンピオン郡司勇さんが日本各地のオススメ温泉をご紹介!

Onsen02

今回のテーマは「足元湧出温泉」。上は日本有数の温泉湧出量を誇る山形・蔵王温泉。なんと小屋の外にまで温泉があふれます!

カルカル恒例の温泉イベントに3度目の登場となる温泉チャンピオン郡司勇さん。あの「TVチャンピオン」の温泉通選手権にて三連覇を成し遂げた温泉界のカリスマです。
郡司さんが今までに巡った温泉はなんと全国4620ヶ所。その数だけでもスゴイですが、郡司さんのさらにスゴイ特技はその全ての温泉を見分けられるということ!その見分けの方法はというと、温泉を飲む「効き湯」。温泉に行った際は必ず飲んで、体内からも温泉の魅力を味わうそうです。温泉はどれ一つ同じものはないそうで、塩分、硫黄分など千差万別で飲んだだけでそれぞれの濃度までわかるとか・・・。ス、スゴすぎる~~っ!そんな郡司さんの温泉のこだわりポイントは、やはり「温泉は新鮮さが命!」。温泉は生き物であり、なんといっても鮮度の良い温泉は、色、におい、体感、そして味、ともに抜群とのことで、新鮮さを全身で感じることができるそうですよ。

それでは新鮮な温泉とはいったいどういうところでしょうか。最近では温泉のアピールポイントとして「かけ流し」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、実はかけ流しの温泉も源泉より「引き湯」をしたものがほとんどです。そこで郡司さんがオススメする究極の鮮度を誇る温泉は「足元湧出温泉」!その名の通り、足元より温泉が湧き出る「源泉の上にある温泉」のことで、もう新鮮なこと間違い無しですね!

Onsen03

絶景温泉その1 北海道・屈斜路湖畔の砂湯。砂浜を掘ると温泉が湧き出して「My温泉」が作れます。

Onsen04

絶景温泉その2 長野・八ヶ岳の本沢温泉。雪山をバックに最高のロケーション!

Onsen05

絶景温泉その3 屋久島・平内海中温泉。温泉から雄大な海を一望!

Onsen06

「郡司さん、上!上!」 巨岩が頭上に迫るワイルドな岩湯、山梨・増富ラジウム温泉。

Onsen07

河童発見!?・・・と思ったら郡司さん!秋田の山中にある野湯・奥八九郎温泉。ワイルドすぎる~!

絶景!珍景!郡司さんオススメの足元湧出温泉を北から南まで一挙紹介!それぞれの温泉を郡司さんのオススメポイントやエピソード付きで楽しく解説していただきました。
自分で砂浜を掘って作る屈斜路湖畔の砂湯、山道を二時間半登ったところにある秘湯の長野八ヶ岳の本沢温泉、秋田の山中の天然ジャグジー奥八九郎温泉などなど、日本はほんと魅力的な温泉揃いですね。郡司さん曰く「日本は世界有数の温泉地。ぜひいろいろな温泉を巡ってください。そして温泉に入るだけでなく、いろいろな角度から温泉を観察してみるとさらに温泉が楽しくなりますよ」とのことですよ。
ちなみに上記の写真全て郡司さんが写っておりますが、ほとんど単独ツーリングで温泉を巡っているとのことで、実はどれも三脚を使ってセルフタイマー撮影をしたものだそうです。「透明な温泉の時はポーズをよく考えないとね」「慌てて転んだこともありますよ」と、お茶目な撮影裏話も披露してくださいました。

Onsen08

会場にも温泉ファンが大集合。郡司さんへの熱い質問が飛び交います。

Onsen09

ライブ終了後には「郡司さんを囲む会」を開催。楽しい温泉談義で盛り上がりました。

今回は会場にも多くの温泉ファンが駆け付け、温泉チャンピオン郡司さんとの温泉談義で盛り上がりました。「今度は○○県に旅行に行くんですよ」とのファンの皆さんのお話に「だったら、○○温泉がオススメですよ」と郡司さんもとても嬉しそうにお話をされていましたよ。
郡司さん曰く「冬はとくにオススメのシーズンです。寒い季節に温泉がピッタリというのはもちろん、夏は温度調節で加水しているところもありますが、冬はそのままの源泉の魅力を味わえますよ」とのこと。ということは、これからは「温泉が美味しい」季節でもありますね、郡司さん!

いよいよ本格的な温泉シーズン到来です!

(ライター H.S.)