ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

「第3回痛車サミット」ライブレポート(09.10/3開催)

2009年10月21日

Itasya301

司会のれぐたんさん&ちびすけさん。今回はデザインから痛車の魅力をアプローチ!

痛車の聖地・お台場にて「痛車サミット」が再び開催!三回目となる今回は「痛車のデザイン」がテーマ。さて痛車ファンを魅了するあのデザインはいったいどのようにして作られているのでしょうか。今回も実際の痛車オーナーの皆さんに痛車のデザインへのこだわりや想いを熱く語っていただき、さらにリアルタイムでのデザイン実演など、痛車のデザインの魅力に迫りました。

Itasya302

「日産フェアレディZ」オーナーの佐倉さん。車体に施したステッカーは全て手切りです!

佐倉さんの痛車デザインのこだわりは自作ステッカー。車体に施したキャラクターやロゴのステッカーは全てカッティングシートの手切りによるもの。まさに職人技です!
そしてキャラクターやロゴのレイアウトも実に絶妙でカッコイイですが、これは画像編集ソフトを使い、まずコンピューター画面上で自分の車にキャラクターやロゴをバーチャル配置してみるそうです。その作業には二週間~三週間かけてじっくりと練って、車とキャラクターが一番魅力的に見えるように「痛カッコイイデザイン」を追求しているそうですよ。

Itasya303

「トヨタMR-S」オーナーの明夜さん。なんとオリジナルキャラをデザイン!

明夜さんの痛車デザインのこだわりはオリジナルキャラクター。車体に施したキャラクターはなんと明夜さんが自分でデザインしたオリジナルキャラクターとのことですよ。「まさに娘のような存在ですね。この子に夢中です」と自分でオリジナルデザインを作り上げる喜びを語ってくださいました。
佐倉さんと明夜さん、それぞれのデザインのこだわりのポイントは違いますが、痛車への熱い想いは同じで、佐倉さん「自分で描けちゃうなんて、うらやましい」 明夜さん「自分でオリジナルステッカーを自作。素敵です」とお互いに刺激を受けたようです。また新たな痛車デザインの世界が広がりそうですね。

Itasya304

本日のメインイベント「痛車のデザインをやってみよう!」 実際にステージで痛車のデザインを競います!

Itasya305

こちらはデジタル派。画像編集ソフトを使って、レイアウトを決めていきます。はたしてその出来栄えはいかに!?

続いて痛車デザインの実践編。それでは実際に佐倉さんにリアルタイムで痛車をデザインしていただくことに。「ええ~~!?聞いてないよ~~!!」と佐倉さん。さらに客席よりリクエストされた素材はなんだか扱いが難しそうなデフォルメキャラ・・・。はたしてどんな作品が出来上がるのでしょうか。
そしてちびすけさんとその妹分みなぎるハルこさんの姉妹コンビは手描きで痛車デザインに挑戦!デジタル派VSアナログ派の勝負開始です!

Itasya306

まずはアナログ派の作品発表!サイドガラス全面にキャラクターをあしらった大胆なデザインのちびすけさん。いや、それって道路交通法違反じゃ・・・。

Itasya307

みなぎるハルこさんは子供の頃好きだったアニメをモチーフにデザイン。こういうデザインも家族で楽しめていいかも!

Itasya308

おなじみ横浜痛車會代表・大明神さんも参戦!それは違う車ですから~~~っ!!

Itasya309

佐倉さんの作品完成!おぉ~っ!痛カッコイイ~~~ッ!!

デジタル派VSアナログ派による痛車デザイン勝負に場内は大盛り上がり!(アナログ派の大喜利コーナーという話も・・・)そして熱戦の末、佐倉さんによる作品が完成。おぉ~っ!デザインが難しそうなデフォルメキャラでしたが、キャラクターとロゴをうまくレイアウトしてとってもクールなデザインに!痛カッコイイ~~~ッ!!

というわけで今回は「デザイン」をテーマにさらに痛車の世界に迫った「痛車サミット」。ますますエンジン絶好調です!今後は東京カルチャーカルチャーのロゴやキャラクター(「お台場戦士カルカルちゃん」とかどうでしょう?)をデザインしたオリジナル痛車とかもぜひ作ってもらいたいですね~。

「第4回痛車サミット」をどうぞお楽しみに!

(ライター H.S.)