ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

「仏像マニアックス2」ライブレポート

2009年10月25日

今年、いきなり巻き起こった仏像ブーム。
『国宝 阿修羅展』の入場者数は100万人を突破し、
テレビや雑誌でも仏像の特集が組まれています。
カルカルでも、5月に行われた『仏像マニアックス』が大好評でした。
と、いうわけで今回はその第2弾。
超巨大建築仏や、変わった仏像などを、面白おかしく紹介しました。

Cimg6512
舞台上の青い阿修羅像が、お客さんをお出迎え。

Cimg6527
本日の主役、仏像に詳しい面々が登場! 左から司会のテリー植田さん、
クロスケさん、小嶋独観さん、まんじまるさん。

元祖巨大建築仏VS世界一超高層建築仏

仏像の中に、大仏というものがあります。
大仏とは、大きな仏像の総称で、一般的に身長4メートル80センチ以上、座高2メートル40センチ以上のものをさします。

そんな大仏の中でもさらに大きい、元祖巨大建築仏をまんじまるさんが、
世界一大きい、超高層建築仏をクロスケさんが紹介してくれました。

元祖巨大建築仏

Cimg6560
元祖巨大建築仏、高崎白衣大観音。

建立当時、東洋一の大きさを誇った元祖巨大建築仏の高崎白衣大観音。
なぜ東洋一で、世界一ではないのか?
それは、アノ有名な自由の女神がいたからです。

Cimg6570
お、惜しい……。

Cimg6574
高崎白衣大観音の内部。趣があります。

世界一超高層建築仏

Cimg6600
世界一の超高層建築仏、牛久大仏。

牛久大仏の身長は、なんと120メートル!
世界一大きい仏像なんです!
牛久大仏は茨城県にあるのですが、あまりにも大きくて、
うっすらとですが東京からも見ることが出来ます。

Cimg6594
このように、ほとんど影ですが、何とか見ることができます。

120メートルがどれだけ大きいか、分かりやすく、あるものと比較しました。
その比較対象は……この夏話題になった、お台場にあった実物大のガンダム。
実物大のガンダムも生で見ると相当デカイです。
しかし、牛久大仏と比較すると……

Cimg6607
実物大のガンダムは18メートル。牛久大仏の顔ほどの大きさしかありません。

Cimg6628
牛久大仏の中にある馬鹿でかい写経場。ただ、写経している人は1人もいません。

ぶらり参拝、東京大仏散歩

あまり知られていませんが、実は東京にもいくつか大仏があります。
上野大仏、神楽坂大仏、麻布大観音……
もしかして、あなたの街にも大仏があるかも!?

Cimg6667
高さ10メートルもある、大きな麻布大観音。麻布にも大仏があるなんて驚きです。

変わった仏像

仏像は、石や木を彫ったり、岩を削ったりして作られます。
なので、完成にはかなりの時間と労力が必要です。
しかし、コンクリートの登場で事態は変わりました。
時間や労力をそれほどかけないでも出来るようになり、
仏像を作る敷居がもの凄く下がったのです。
その結果生まれてしまった変わった仏像を、独観さんが紹介してくれました。

Cimg6697
何かちょっと……威厳がないような…………。

Cimg6715
仏像というか、某キャラクターみたいです。

Cimg6764
ラストは仏像の写真をめぐってジャンケン大会。

前回同様、仏像のイベントにも関わらず堅苦しさなど一切ありませんでした。
笑える仏像のイベントって、貴重だと思います。
果たして、次のイベントではどんな仏像が出てくるのか?
今から楽しみにしています。

(ライター・たまに大阪)