ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

「作家・中谷彰宏 スペシャルトークライブ~「月ナカ生活」秋祭り!」ライブレポート(09.10/25開催)

2009年11月15日

大好評の作家・中谷彰宏さんのスペシャルトークライブ第二弾が開催!大人気のトークセミナーCD「月刊・中谷彰宏」「別冊・中谷彰宏」のファンの皆さんが全国より集い、今回もトークにサイン会に握手会と、大盛り上がりの「月ナカ生活 秋祭り!」となりました。

Nakatanisan201

作家・中谷彰宏さんのスペシャルトークライブ第二弾!今回も中谷さんが「人生を豊かにする方法」をあなたに伝えます!

Nakatanisan202

「横道にそれてみるのが面白い」。中谷さんが語る人生をより楽しむ秘訣。

旅が大好きな中谷さん。世界、日本各所を旅していてとくに好きなのは「迷路のような町を歩くのが面白い」とのことで、京都や城下町、水軍の島、そしてニューヨークのマンハッタン等、迷路のように入り組んだ町の中をさまようとドキドキしてくるそうです。そしてその一番の醍醐味は「新たな発見」があるということ。ふと横道に入って、ガイドブックには載っていない素敵なお店を自分で見つけたりして、本当に楽しいそうです。
さてそこで中谷さんから語られたのは「人生も横道にそれてみるのが面白い」。仕事も、勉強も、趣味も、一番正しいと思われているメインルートをただ進むのではなく、横道にそれて自分のルートを探し、その道を自分で切り開きながらとことん終点まで進んでみると人生が楽しくなってくるとのことです。「目的地は自分で発見する」、これが人生をより楽しむ秘訣なのです。

Nakatanisan203

中谷さんが出会った「横道王」のすごいエピソードに場内騒然!

Nakatanisan204

「こ、これっていったいどんなイベントなん?」中谷さんも思わず絶句・・・。

そんな「横道の達人」の中谷さんですが、その中谷さんもビックリした「横道王」がいらっしゃるそうです。それは誰かというと、テレビでもおなじみのあの荒俣宏さん。荒俣さんといえば、博物学、図像学、妖怪学などあらゆる分野に精通されている博識者でありますが、中谷さん評して「まさに生きる百科事典」とのことです。実は丁度同じ日の夜にカルカルにて荒俣さん出演の『水族館ナイト』もありましたが、中谷さんも以前に荒俣さんとの共著を出されたことがあり、その時の面白エピソードを語ってくださいました。
取材で荒俣さんの自宅を午後7時に訪ねた中谷さん。テープを回してインタビューを始めたところ、荒俣さんの口から次々と飛び出す面白い話題に、まるで百科事典を夢中になって読んでいるかのように引き込まれたそうです。こちらがどんな話題をしても全てOKで、二人で横道をさまよっているみたいな気分でとても心地よく、気がつけばなんと六時間半分用意したテープが無くなってしまっていたそうです!しかもまだ「本題」に入っていなかったとか・・・。ス、スゴすぎ~~~~っ!

さらに中谷さん、カルカルのイベントラインナップを見て「横道といえば、ここも極致だね~。『水族館ナイト』とか『間取り図ナイト』とか誰がいったいどんなことやってんの?見てみたいわ~~」と興味津々のご様子でした。(ちなみに『水族館ナイト』は私で~す!)

Nakatanisan205

大阪人に学ぶ「人の覚え方」。そのスゴイ技を伝授!

後半は会場のお客さんから中谷さんへの質問コーナーが行われました。その中から一つ「中谷さんはどのようにして人の名前を覚えているのですか」。日頃より多くの人と接する機会の多い中谷さんより、そのコツを回答していただきました。そのコツは「呼んで間違えることを恐れず、間違えながら覚えていく。間違えたっていい!」とのこと。一番いけないのは相手の名前が分からなかった時、覚えていないとは言えなくて、適当にその場を切り抜けてしまうこと。それではいつまで経っても覚えることはできません。間違えてもいいから呼んでみる。別に相手もそれくらいで怒ったりはしないはずです。勇気をもって呼びかけてみる、これが大切とのことです。
そしてこちらから名乗るという謙虚な心も大切。偉い人ほど自分から名乗ってくれるとのことで、かの松下幸之助氏も挨拶する時はいつも自ら名乗っていたそうです。そうした気遣いを大事にすれば、お互いに名前を覚えることができるのですね。

ちなみに中谷さんの地元である大阪での「人の覚え方」は、名前ではなく顔を覚えるのがコツだそうで、名前以外の情報は顔を見れば全て正確に覚えているそうです。スゴイですね。では呼びかける時はどうすればいいかというと、年齢や性別にあわせて「おくさん」「にいちゃん」「おっちゃん」と、とっても便利な言葉があるそうで・・・。なんとも効率的!

Nakatanisan206

ライブ終了後には、握手会&サイン会も開催されました。

Nakatanisan207

大盛り上がりの「月ナカ生活 秋祭り!」また次回もどうぞお楽しみに!

ライブ終了後には中谷さんとの握手会が開かれ、中谷さんもファンの皆さん一人一人とお話を楽しまれておられました。最後は恒例の参加者全員での記念写真。今回もとっても素敵な笑顔に包まれた「月ナカ生活 秋祭り!」でした。

※今回のトークライブの様子は「月刊・中谷彰宏12月号」に収録予定です。どうぞお楽しみに。

(ライター H.S.)