ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

女子競艇選手“静岡3人娘”登場!!水上の格闘技 THE競艇ナイト3!!ライブレポート(2009.11.13開催)

2009年11月30日

前回のイベントがきっかけで、ある選手から一時取材拒否されてしまったというくらい、
競艇界の裏も表もぶっちゃけるこのイベント。
イベント開始前には「ここであったことはなるべく言わないでください」という注意事項まで流れました。
と、いうわけで今回のレポートでは過激な話にはあえて触れず、「いい話」にスポットを当てて書きたいと思います。

Cimg0244 
超満員の客席。

Cimg0239 
競艇選手の名前に合わせたこの日だけのスペシャルドリンク。

Cimg0253 
出演者登場! 左から『BOATBoy』編集長・黒須田守さん、
平和島実況でお馴染みの松永“ベイ吉”良一アナウンサー、畠山直毅さん。

青山登、登場!

まずはスペシャルゲストとして“髭の勝負師”こと青山登さんが登場。
進入の奪い合いが静か過ぎるといった、最近の競艇界に対する思いを語った後、

「この会場に来て、若い人が多いのにビックリした。若い人たちに競艇そのものを愛して欲しい。
競艇の面白さを知って欲しい。100円から買えるし、たくさん遊べる。今の若い選手は凄いイケメン揃いだし」

と、競艇の面白さを熱く語っていただきました。

Cimg0269
大人の渋さ、勝負師としてのオーラが漂う青山さん。

女子選手登場!

今回で3回目の競艇ナイト。しかし、今まで女性選手が登場したことはありませんでした。
そこで今回は初の女子選手として長嶋万記選手、木村沙友希選手、喜多那由夏選手の“静岡3人娘”が登場!

3人の可愛さに、正直驚きました。

Cimg0277
ボーイッシュで可愛い長嶋万記選手。

Cimg0278
オシャレで可愛い木村沙友希選手。

Cimg0299
299笑顔が可愛い喜多那由夏選手。

マキプロジェクト!

カラオケで酔っ払うと指揮者のような動きをするという長嶋選手。
そんな長嶋選手が、“マキプロジェクト”というのを始めたそうです。
“マキプロジェクト”とは、1着をとるごとに1万円を積み立てて、さらに優勝戦賞金の一割を加えたお金でオリジナルグッズを作成販売し、その収益金の全てを社会福祉のために寄付をするというプロジェクト。
つまり、ファンと一体してチャリティー活動を行うということなのです!

長嶋選手は可愛いだけでなく、何て良い人なのでしょうか!
ぶっちゃけ、ファンになりました。

Cimg0318
“マキプロジェクト”のグッズとして作られたオリジナルTシャツ。

Cimg0328
このプロジェクトに賛同した人で長蛇の列。用意したTシャツは全て売り切れました。

Cimg0330
もちろん、サインにも応じます。

母からの言葉

最近成績が上昇している木村選手。その裏には母からの言葉がありました。

「みんな応援してくれているよ。沙友は出来るって、みんな信じてるから」

母からのこの言葉をきっかけに、「成績悪いから頑張らなくちゃ」、ではなく、
「自分のためにみんな応援してくれているから自信を持っていこう」と思い、勝てるようになったそうです。

気持ちが大事なレースでは、自信を持つことが大切なんですね。

Cimg0365
木村選手のこれからの活躍に期待です!

今後の目標

最後に、3人に今後の目標を伺いました。

長嶋選手は、
「“マキプロジェクト”を成功させたい。競艇で人として成長したい」

喜多選手は、
「女子王座を目標にしたい。静岡の波に乗り遅れないようにしたい」

木村選手は、
「私達はみんな競艇を愛している。ファンと選手で競艇を盛り上げるために頑張りたい」

と語りました。

Cimg0372
3人とも目標に向かって頑張ってください!

と、いうわけで「いい話」にスポットを当てて振り返りましたが、実際は女子選手にセクハラ的な質問をしたり、嫌いな選手を聞いたり、お客さんとの公開お見合いがあったりと、やっぱり過激なイベントでした。
まっ、それは来た人だけのお楽しみだったということで。
こんな可愛い女子選手がいる競艇界。
可愛い選手がいる! 可愛い選手を生で見たい! ……こんな動機で競艇に興味持っても、良いですよね?

(ライター・たまに大阪)