祝!松本零士先生・作家生活55周年!「零士 FUTURE 2009」ライブレポート(09.12/20開催)

Reijifuture01

祝!松本零士先生・作家生活55周年!「零士FUTURE2009」開催です!

Reijifuture02

会場にはもちろんこの方も。「零士FUTURE2009」出発進行!

Reijifuture03

漫画・アニメ界の巨匠・松本零士先生登場!場内一気にボルテージMAXです!!

漫画家・松本零士先生のイベントシリーズ「零士FUTURE」が2008年に引き続き、2009年も東京カルチャーカルチャーにて開催されました。作家生活55周年を迎え、今も一層熱い創作活動を行われている松本零士先生の作品は、世界中で多くのファンに支持されています。「零士FUTURE」はそんな松本零士先生の世界を体感できるイベント。会場には先生の最新作や関連グッズがズラリと並び、全国より駆けつけた熱いファンの皆さんが集う中、先生によるトークショー&サイン会が行われ、会場は熱気に包まれました。

Reijifuture04

松本零士先生のサイン会では・・・、な、な、なんと先生直筆の生イラスト入り!

Reijifuture05

気合の入ったコスチュームで参加のお客さんも!もちろんリクエストはキャプテンハーロックです!

Reijifuture06

メーテル、鉄郎、沖田艦長、デスラー総統・・・、松本零士キャラクターズが続々と!憧れの松本零士先生との夢のひと時!

第一部は松本零士先生のサイン会。会場にて購入された先生の著作や関連グッズにサインをしていただきましたが、今回はさらに「零士FUTURE」ならではのスペシャル企画として、抽選で選ばれた30名のファンの皆さんには、なんと先生直筆のイラスト入りのサインをプレゼント!しかもその場で自分の好きなキャラクターをリクエストして描いてもらえるという、まさにビッグドリームな企画です!

描いている様子もスクリーンにて紹介され、皆さん思い思いのリクエストしたキャラクター達が続々と登場。先生によって今まさにこの瞬間命を吹き込まれたキャラクター達、スクリーンに映し出される度に「おぉっ!デスラー!」「おぉっ!ミーメ!」と一斉にどよめきが起こり、その製作の過程を見るだけでも感動モノです。中には55年前の昭和29年発表のデビュー作品「蜜蜂の冒険」のリクエストも!先生も一人一人のファンの皆さんと談笑や記念写真などを撮られ、大変楽しまれていましたよ。

Reijifuture07

Reijifuture08

豪華メンバーによるトークショー。激動の作家生活55年を熱く語ります!

第二部は豪華ゲスト陣を招いてのトークショー。「月刊OUT」の編集者で宇宙戦艦ヤマト研究の第一人者伊藤秀明さん、「宇宙戦艦ヤマト」の森雪・「銀河鉄道999」のクレアの声優麻上洋子さん、松本零士作品のメカニックデザイナー板橋克己さん、「クイーン・エメラルダス」の総作画監督増永計介さん、そしてシークレットゲストのアニメーター結城信輝さんと、豪華メンバー勢揃い!『大人のオタクによる、零士激動の作家生活55年!サブカル裏トーク』と題して、先生の55年の作家生活を振り返りました。

Reijifuture09

宇宙戦艦ヤマトのルーツはヒーロー漫画にあり!次々と飛び出す製作秘話に場内も大盛り上がり!

今回は先生より数々の面白エピソードをお話いただきましたが、その中からいくつかご紹介。

まずは「宇宙戦艦ヤマト」のルーツといえる二つの作品のお話。その一つは「電光オズマ」、こちらは先生が昭和36年に手がけたヒーロー物の作品で、なんとこの主人公が乗る宇宙船の名前として「宇宙戦艦大和」が初登場!そして昭和46年の小松左京氏の原作を漫画化した「模型の時代」で、実際の軍艦としての戦艦大和を初めて描いたそうです。ちなみにこの作品は、この世の全てのものが実物大のプラモで造られるという不思議な世界を描いた作品で、出てくる戦艦大和もプラモであり、そしてプラ静岡、プラ富士山にむかって突撃するというスゴイ作品だったそうです。読んでみた~~いっ!

その他、「宇宙戦艦ヤマト」の登場人物は自分の敬愛する人物に由来するもので昔恋をした女性の名前も入っているとか、「エメラルダス」のタイトルロゴが赤いのは実はずっとエメラルドを赤い宝石だと思っていたから・・・、などなどちょっとお茶目なお話も。
そして「宇宙戦艦ヤマト」や「銀河鉄道999」の設定画や絵コンテなど貴重な資料も紹介され、ファン垂涎の大盛り上がりのトークショーとなりました。

Reijifuture10

メーテルより花束を贈られ、松本先生もゴキゲン!大盛況のうちに夢の一日は無事閉幕いたしました。

「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」「宇宙海賊キャプテンハーロック」など、発表より30年以上経った現在でも多くの人々に愛される松本零士先生の作品たち。それは単なる宇宙や未来を描いたSF作品で終わることなく、先生の人生観が詰まった力強いメッセージを感じる作品だからに違いありません。故郷福岡より夜汽車に乗って、沢山の夢と希望とともに上京した少年は、今もその熱い想いをもって走り続けています。

(まんじまる/ライター)