ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

黒沢健一のホーム・パーティへようこそ!聖夜に贈るは“歌心”「SEAT AND MUSIC2009~☆Holy Night☆~」ライブレポート(09.12/25開催)。

2010年01月26日

黒沢健一のホーム・パーティへようこそ!

2009年はどんな1年でしたか?
楽しいこともありました。悲しいニュースもありました。
けど、今日このイベントに来たたくさんのお客さんにとっては、
「黒沢健一と共に過ごした楽しい1年」だったのではないでしょうか?

2009年3月、健一さんは7年ぶりのニューアルバム「Focus」をリリース。
バンド編成でのツアーを組み、秋にはなんと、弦楽器のカルテットと
全国の劇場などを回るという野心的なツアーを組みました。
たくさん健一さんの音楽に触れられた、そんな嬉し楽しい1年でした。

そんな健一さんが、旅を終えて、東京に帰ってきました。
そして1年の締めくくりに、今年も選んでくれました。
お台場・東京カルチャーカルチャー。

Img_4416_2

「10月の秘境駅ナイト、いきたかったんですよー。
 あ、明日はダムナイトですよね。気になるなあ。」

開演前、楽屋でリラックスした表情でいきいきとこう語る健一さん。

果たして、黒沢健一さんとダムや秘境駅や廃墟を、同じスケジュールに
並べていいものか、ちょっと迷ってしまうこともなくはないのですが、
健一さんは逆に、そういうイベントを開く会場でライブをやることを、
楽しんでくれているのです。光栄の限りです。

カルカルでの黒沢健一ライブは、2009年で3回目。
常々健一さんは言っています。
「カルカルのライブは、ホームパーティみたいなライブにしたい。」と。

そういう意味では、3回のカルカルライブの中で、
今回は最も「ホームパーティ」のような雰囲気でした。
演者と、会場と、お客さんと、スタッフとの距離が、
とても親密なのです。

Img_4231_2

なにせステージと客席がこんなに近いのです。

こうイベントハウスのスタッフが自ら
言うのもおこがましいのですが、
3年間のときを経て、カルカルは健一さんの
ホームグラウンドになれたのかな……と、
こっそり感慨にふけってしまいました。

Img_4544

親密なので、こんなリラックスした表情もみられます。贅沢!

クリスマス限定メニューで大盛り上がり大はしゃぎ!

さて、今回の「ホームパーティ」は、12/25=クリスマス開催です!

去年までは「健一さんの前で食事やお酒なんて喉が通らない!」
言っていたシャイな健一ファンも、今年はステージやお台場の楽しげな
雰囲気も手伝って、気軽に飲んだり食べたりしていました。

Img_4152
楽屋で食べたメニューの話で盛り上がる健一さんとKey.遠山裕さん

カルカルもパーティを盛り上げるために、クリスマス限定メニューを
たくさん用意しました。

今回のお薦めドリンクには、昨年好評だった健・キールに加え、
健一さん自ら推薦した「ジョン・レノンが大好きだった、滅茶苦茶強いお酒」
半分に割った「ハーフ・ブランデー・アレキサンダー」を用意。

更に、健一さんの好物のたこ焼きとエビ春巻きを用意しました。
健一さんがそれぞれ「タコ・フォー」「エビストリングス」と命名。
ちなみにタコ・フォーは、ビートルズを指す「Fab Four(素晴らしい4人組)」から
とったそうです。細部でもビートルズを忘れないあたりが、流石。

粋(いき)な命名のおかげで、厨房は開場からラストオーダーまで大忙し。
バーカウンターではグラスが足りなくなる非常事態になったくらいです。

Img_4066
特別メニューの撮影中。好物がそろって笑顔がとまらない健一さんです。

気軽に飲んだり食べたりしながら、素敵な音楽を楽しめる。
健一さんや出演者の遠山裕さん、
お客さんやスタッフの笑顔があふれるパーティになりました。

ただでは終わらない、聖夜の健一劇場!

聖夜を祝う乾杯のグラスの音が鳴り響く中、
いよいよクリスマスライブがスタート。

Img_4133

1曲目は、健’zでカバーしたTHE DRIFTERSの「Ruby Baby」。
いきなりカバーから始まるあたり、ただでは終わらない気がします。

その予感は的中。全般にL⇔Rの代表曲を随所に散りばめながらも、
なかなか意外性のある曲が弾き語りで披露されました。

Img_4094

特筆すべきは、
バイオリニスト・清原千景さんを交えた「Free Bird」。
これはジャズなのかクラシックなのかロックなのか。
いや、そんな定義なんてどうでもよくなるくらいに、
唯一無二の存在感を誇るセッションがステージで展開されました。

Img_4462
Vl.清原千景さんを交えての演奏!弦カルテットの成果がここに結集!

たまたま大阪から東京にきていた清原さんを、
「今日一緒にやってくれない?」と健一さんから誘ったそうです。
まさに、健一さんのクリスマスパーティならではの、
嬉しいハプニングですね。

待ってました!クリスマスに捧げるあの名曲も披露!

そんな意外性ある曲をはさみつつも、
ファンの期待を裏切らないホスピタリティあふれる演奏も
しっかり織り交ぜるあたりが、また見事。

Img_4621

L⇔R時代の代表曲「KNOCKIN’ ON YOUR DOOR」は
ギター1本で弾き語り。「Just Say I Love You!ありがとう!」の
シャウトで締める演奏は圧巻で、客席の中には涙を浮かべる
お客さんもでたほど。

Img_4170
ギター1本で圧巻のパフォーマンス。

そして、クリスマスといえば、
聴かずには帰れないのが、クリスマスナンバー。
L⇔R時代の名バラード「RED&BLUE」と「NORTHTOWN CHRISTMAS」の2曲が
披露されました。

Img_4292

イベントの最後には、Podcast配信された
「A little book for christmas」の映像をスクリーンに流すという演出も。

Img_4743
健一さんからの、粋なクリスマスプレゼント。

最初から最後まで、バンドであったり、弦カルテットであったり、
さまざまなスタイルで演奏を1年間重ねてきた健一さんの、
スケールアップした音楽が溢れる、聖夜にふさわしい
「ホームパーティ」になりました。

Img_4616

いい音楽は世代や環境を越える。
彼の歌はそんなシンプルな事実を僕らに教えてくれる。

カルカルのスタッフには音楽好きがたくさんいるのですが、
若いスタッフが多いです。

健一さんの音楽がチャートを席巻していた時期は
まだ小学校低学年で、CDなんて全然持っていなかったという人が
たくさんいます。

だけど、実はこのイベントは、若いスタッフに大人気です。
理由をきくと、「黒沢さんの歌は本当にすごい。
迫力があって、背筋がぞぞってするんです。」
と興奮した
面持ちで言うのです。

Img_4709

それを聞いて、本当にいい音楽と言うのは、
世代や環境を越えて、きちんと伝わるのだと嬉しい気分になりました。

黒沢健一さんのカルカルでのパーティは、
音楽の楽しさを、まっすぐに僕たちに届けてくれます。
音楽が好きでよかった。心の底から、そう思えるのです。

イベントの最後に健一さんが、こう語ってくれました。

Img_4689

「カルカルのスタッフ、そして僕らサイドのスタッフ、
 楽しいパーティを作ってくれて感謝してます。ありがとう!」

こんな楽しいパーティで、こんな心にくいこと言われちゃったら、
また開催しないわけには……いかないですよね?
2010年も集まって、お台場の中心で、スタッフも、お客さんも一緒に、
みんなで叫びましょう。「ウェルカム・ホーム!(お帰りなさい!)」って。

Img_4700

また来年もみんなで言いたいです。「お帰りなさい」って。

(河原あず/東京カルチャーカルチャー)

【セットリスト】

1.Ruby Baby(The Drifters)
2.SUPER SONIC BOY
3.BYE
4.And I Love Her(The Beatles)
5.Silencio
6.What is this song?
7.RED&BLUE
8.Grow
9.YOUNGER THAN YESTERDAY
10.Scene39
11.KNOCKIN’ ON YOUR DOOR
12.Missing Piece
13.Free Bird
14.This Song
15.Rock’n Roll
16.I LOVE TO JAM
17.GAME
18.Northtown Christmas
(en)
19.PALE ALE
20.This I Swear(The Skyliners)
21.A little book for christmas