ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

椿鬼奴!藤井隆!博多大吉!世界のナベアツ!超豪華!!ヨシモト4WEEKS NOWライブ!!ライブレポート(09.12.16開催)

2010年01月29日

動画サイト『GyaO!』で好評配信中のよしもとニュースバラエティ「ヨシモト4WEEKS NOW」が、
普段の収録スタジオを飛び出して、カルチャーカルチャーで公開収録をおこないました!
テレビでおなじみの藤井隆さん、博多大吉さん、世界のナベアツさん、椿鬼奴さんといった豪華なキャスターたちが、ヨシモトに関するニュースを面白おかしく紹介!
イベント後半はマル秘ゲストの登場や特別企画も実施され、会場は大盛り上がり!
今年もヨシモトの勢いは衰えそうにありません!

Cimg1516 
会場にはカメラが4台も!

Cimg1533 
モニターの数も凄い。どれだけ気合を入れて番組を作っているかが分かります。

Cimg1486
本番前、真剣にスタッフの話を聞く4人。

Cimg1505 
番組収録スタート!

2009年のヨシモトを振り返る

数多くの芸人を抱えるヨシモト。2009年もヨシモトに関する色んなニュースがありました。
今回の収録では、
間寛平さんがアースマラソンを開始したり、
ルミネtheよしもとの舞台に明石家さんまさんが登場したりといった大きなニュースから、
椿鬼奴さんがEvery Little Thingのギタリスト・伊藤一朗さんのボーカルオーディションに参加していたといった、
世間ではあまり知られていないニュースなどをピックアップして紹介。
2010年はどんなニュースが舞い込んでくるんでしょうね?

Cimg1502
2009年、ぎっくり腰になってしまったナベアツさん。

鬼奴さん、お正月のスポーツにチャレンジ!

続いてのコーナーは、ヨシモト スポーツNOW。
今回は、鬼奴さんがお正月のスポーツ、凧揚げに挑戦したようです。
その模様を収めたVTRを紹介しようとした鬼奴さんですが、緊張のためか言葉を噛んでしまい、上手く紹介できません。
そこで藤井さんが一言
「ビール頂きますか? あなたの本調子が出るならビール奢りますよ」

そんなわけで、鬼奴さんにビールの差し入れが。

Cimg1530
満面の笑みで乾杯する鬼奴さん。

その後、しっかりとVTR紹介に成功。
VTR中の凧揚げも、何とか成功していました。

シルクさん登場!

イベント後半は、スペシャルゲストとしてシルクさんが登場!

Cimg1571 
大胆な衣装で登場した、年齢不詳のシルクさん。べっぴん塾というのを開催している、美容のスペシャリストです。

登場するやいなや「女性フェロモンは胸から出る」と力説するシルクさん。
「胸を擦るとグレープフルーツの匂いがする、嗅いでみますか?」
と藤井さんに迫るも……

Cimg1578
「僕いいです、本当にいいです」と断る藤井さん。

そんなシルクさんですが、今26歳の彼氏がいるそうです。
ナンパされたことがきっかけらしいのですが、それに対してナベアツさんは、
「一応芸能人なんですから、ナンパについていかないでくださいよ」
と鋭いツッコミを入れていました。

4WEEKS NOW紅白歌合戦!

続いて、男性チーム・ナベアツさんと藤井さん、女性チーム・鬼奴さんとシルクさんに分かれて、4WEEKS NOW紅白歌合戦を開催!
何故か男性チームに入れなかった大吉さんは、
「僕は何も言ってないんですけど、スタッフの人から、“大吉さんは、歌はアレですよね。”と言われて。僕は歌うつもりだったんですけど……」
と話していました。

Cimg1595 
ナベアツさんは、自身が所属するユニット『紫SHIKIBU』の『イヲピにかえて』を熱唱。写真で分かるとおり、マジで歌っています。

Cimg1605 
シルクさんは『キャンディーズ』の『年下の男の子』を可愛らしく歌いました。でも、何故か衣装はピンクレディー。

Cimg1615 
本当の紅白歌合戦にも出場経験がある藤井さんが歌ったのは、『観月ありさ』さんの『Through the Season』。カラオケで一番歌っている曲だそうです。

Cimg1630 
トリを務めたのは鬼奴さん。『オフスプリング』の『プリティフライ』を熱唱。

結果は超僅差ながら、紅組の勝利!
おめでとうございます。

Cimg1653 
最後は2010年の抱負を発表。

ナベアツさんは「お笑い王にオレはなる」
藤井さんは「change」
シルクさんは「美容命」
鬼奴さんは「嫌いなものが食べられますように」
大吉さんは「プレイングマネージャー就任」

この抱負が実現するといいですね。

Cimg1665 
イベント終了後、関係者だけで打ち上げが行われました。

平日の昼間にも関わらず、多くお客さんが足を運んだ今回のイベント。
これだけ豪華な出演者を生で見ることができて、歌まで聴けるイベントはそうないはず!
来た人は本当に得したと思います。

今年もヨシモトから目が離せませんね!

(ライター・たまに大阪)