ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

話題の超・短編映画の祭典!『ヨーロッパ企画 presents 第6回ショートショートムービーフェスティバル 一般応募作品予選会』ライブレポート!(10.4/18開催)

2010年05月16日

カルカルではお馴染となってきた、
京都を拠点とする超人気劇団「ヨーロッパ企画」。
映画も好評だった「曲がれ!スプーン」の全国ツアーも大盛況のうちに幕を閉じたようです。
そのヨーロッパ企画が主催する「シュートショートムービーフェスティバル」(以下、SSMF)
という映像イベントがあります。
その中には、一般参加者の中からも参戦できる「一般応募枠」というものがあり、
一般応募枠に選出されると、ヨーロッパ企画のメンバーや芸能人の方、
映像クリエーターの方々が参戦する本選に出場できるわけです。
その「一般応募枠」の二つの枠を賭けた審査会が、カルカルで開かれたわけです。
果たして、どの作品が勝ち残るのでしょうか!

Photo01_5
SOLDOUTで当日券が出ない程の人気っぷり。

本日の司会は、SSMFの運営委員長でもある
ヨーロッパ企画の中川さんです。
そして、審査員として
・ヨーロッパ企画代表 上田誠さん
・アスミックエース 竹内文恵さん
・映画監督 筧昌也さん
が登場しました。
この審査員3名とお客さんの投票によって、
本日上映される12作品の中から2作品が本選に進めるわけです。
(お客さんは2作品に1票ずつ。審査員の方々は2作品に3票ずつ投票出来ます。)
ちなみに、今回の一般予選は応募総数が52本もあったとのことですので、
この会場で上映されるだけで、相当凄いというわけですね。

Photo02_4
左から中川運営委員長、竹内さん、筧審査委員長、上田さん。

今回のSSMFは、
・5分以内の映像作品であること
・タイトルが「ロック」であること
の2つがルールとなっております。

Photo03_4
今回の作品タイトルは全て「ロック」!
(第6回だけにね。)

12作品がそれぞれの「ロック」を、それぞれの世界感で表現したわけです。
では、12作品を一気にご紹介します!

Photo04_4
石田アキラ(ディレクター)
[作品紹介]
右腕と食べられた龍吾君。
[審査員コメント]
・カニバリズムミュージカル。(上田)
・口の中だけ、やたらリアル。
 ミュージカル調ってのが良いね。(筧)

Photo05_4
今泉力哉(会社員)
[作品紹介]
童貞の合コン帰り
[審査員コメント]
・冒頭部分で設定紹介がもう少しあっても良かったと思う(竹内)
・失敗した合コンに対する感情移入が出来て良かった(上田)
・演出は凄くまとまってて良い(筧)

Photo06_4
植田豪(会社員)
[作品紹介]
拝啓 佐野元春様
[審査員コメント]
・改めて見てみると、何でこれを通過させちゃったんだろう。(中川)
・映像を通して、カラオケを聴かされただけの気分。
 エコーの下品さとかから、狙った下品さが見えてくる。(上田)
・オチをつけずにぶった切るのは短編の良さかもしれませんね。(筧)

Photo07_4
ゲーム河上と情報局細野(ライター)
[作品紹介]
日本語学校の生徒
[審査員コメント]
・映像技術はまだまだだけど、この構成力はプロの仕業。
 凄くまとまってるし、面白い。(筧)
・ネタをどんどん重ねていくのが凄い。(竹内)
・あの外国人が習ってるのが、語学なのか数学なのか分からない。(上田)

Photo08_4
高良真秀(イラストレーター)
[作品紹介]
ロックの魂
[審査員コメント]
・引きずられてる音がリアル。(竹内)
・何かヒリヒリする感じが良い。(上田)
・モノクロなのもポイントが高い。(筧)

Photo09_4
徳尾浩司(自営業)
[作品紹介]
外国人ミュージシャンインタビュー
[審査員コメント]
・タモリの再来かと思わせるくらいの英語。
 サングラスかけただけで、あれだけ怪しさを出しているのも凄い。(上田)
・みんなが何となく知っているインタビュー風景ってのが記号化されてて良い。
 で、あれは何人なんだろう?(筧)
・外国から見た日本っていうのが出ていて良かった。(竹内)

Photo10_5
なかじまよしえ(デザインアルバイト)
[作品紹介]
大阪のおばちゃんの怒り、不満
[審査員コメント]
・おばちゃんも強烈ですけど、作品も強烈。普通、これは作れない。
 すごい感覚持ってるよ、これは。(筧)
・演出やってる側からしても、これは凄い。(上田)
・大阪のおばちゃんと中野ブロードウェイのおばちゃんは日本の伝統芸能。
 それを上手く見せてる。(竹内)

Photo11_4
納戸正明(会社員)
[作品紹介]
彼氏に振られた女子高生としがないサラリーマン
[審査員コメント]
・プロなので絵が綺麗でしたね。(中川)
・このイベントにしては新鮮なくらい、ちゃんとした作品でした。(竹内)
・不安になるとセリフを足したがるのは分かるけど、
 より良くするためには、セリフを抜くのも大事。(筧)

Photo12_4
本間広大(大学生)
[作品紹介]
平凡な女の子が求める、非凡な日常
[審査員コメント]
・小気味良かったですよね。さわやかだったし。
 こういうパターンを撮る人っていうのは、モテるパターン。
 この人、絶対モテる。(上田)
・何か、ミュージックビデオみたいだったしね。(筧)

Photo13_5
真壁幸紀(会社員)
[作品紹介]
不器用な女の子の合コン
[審査員コメント]
・5分くらいの作品のモノローグって難しいよね。
 女の子にもう少しフォーカスして作っても良かったかも。(筧)
・演者と監督とかのチーム感があって、良い作品でしたね。(上田)

Photo14_5
三宅一平(会社員)
[作品紹介]
ろくろっくびの林先輩
[審査員コメント]
・演出の腕の見せ所ですよね、これは。
 低予算のハリウッド映画みたいで良かったです。(筧)

Photo15_4
渡部亮平(大学生)
[作品紹介]
太郎ちゃんのおかあさん
[審査員コメント]

・これもある意味ホラー作品です。(中川)
・最後にどでかい作品が来ましたねー。(上田)
・衣装の選び方とかロケーションとか、凄いセンスを持っている。
 これで大学生だっていうから驚き。(筧)
・「大学生」っていう若さが持っている
 とんがっている感じがあって良かった(竹内)

全作品が(途中で休憩を挟みつつも)上映された後、
お客さんと審査員の投票が行われました。
レベルの高い作品ばかりの中から2つ選ばなければいけないということで、
皆さん投票には苦労していたようでした。
そして投票の結果、一般予選会を勝ち抜いて本選に駒を進めたのは
この2人の監督でした!

Photo16_4
第一位(40票) 徳尾浩司監督

Photo17_4
第二位(36票) 渡部亮平監督

ちなみに第三位が真壁幸紀監督の34票でしたので、
本当に接戦だったという感じです。
ちなみに審査員のお三方は、
上田 : 渡部監督&今泉監督
筧  : 今泉監督&三宅監督
竹内 : 三宅監督&渡部監督
といったように投票したようです。
一位通過の徳尾に対して冷たい審査員のお三方。
果たしてその徳尾監督は、東京本選と大阪本選ではどのように活躍するのか。
そして大学生監督である渡部監督は、どのように戦うのか。
気になる東京本選は5/15(土)にニッショーホールにて、
大阪本選は5/22(土)にクレオ大阪中央にて開催されます。
どちらのチケットも好評発売中ですので、
「ロック」な作品を堪能したい方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

Photo18_3
残すは東京&大阪本選のみ!
今年のチャンピオンは誰だ!?

(うさげん/mixiカルカルコミュニティ管理人)