ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

YouTubeで話題騒然!神テクギタリストぎんじねこが贈るギターと音の夏祭り~祭 sai~ライブレポート (10.7/11開催)

2010年07月21日

昨年のライブ以降(レポートこちら)も東京ギターショウ出演など躍進を続ける稀代のギタリスト、ぎんじねこ。
彼がカルカルに帰ってきたぞ!

ぎんじねこ -ginjineko-
ェド船長(疾風船)
Full Flap Free(Vo:khaluah -かるあ- , Gu:ぎんじねこ -ginjineko-)

以上3組プラス、謎のスペシャルゲストを交えての夏祭。

この日はあいにくの雨。しかし外の憂鬱ムードはどこへやら、カルカル内は今か今かと開演を待ちわびる観客の熱気で充満していた!

疾風船より、ェド船長のソロステージ!
会場のボルテージはいきなり最高潮に!

Sany0038_2
ェド船長の愛機はストラトキャスター。
鮮やかな赤がステージで映えます。

Sany0063

指板上を縦横無尽に「駆け巡る」と言った具合の、ワイルドかつ正確な運指。
ピッキングしつつボリュームを細かく操作する右手。繊細なタッチです。

Sany0106

左手薬指につけているのはスライドバーに見えますが、実は点鼻薬のフタです。
「弘法筆を選ばず」とはこのことだ!

ここでぎんじねこさんより企画説明。

雑誌「Player」さんより、ページの切り抜きを持ってきたお客さんへのプレゼント。

Sany0029

Tシャツ、ボールペン、ピックなど大盤振る舞い。いよっ、太っ腹!

Sany0140

休憩タイムのはずがぎんじねこさんのトークライブ状態に。
エンターテイナーぶりを遺憾なく発揮しています。

ぎんじねこさんとkhaluah -かるあ-さんさんによる新ユニット、Full Flap Freeのステージ。

なんと、この日が記念すべき初ライブ!

Sany0226

気合十分、息もピッタリです!

Sany0183

オベーションのアコースティックギターを構えるぎんじねこさん。
ちょっとレアです。渋い!

Sany0259

khaluah -かるあ-さんの美声がカルカルに響き渡る!
ぎんじねこさんのギターに乗って、まさに「耳が幸せ」状態!

ちなみにFull Flap Freeからは、来場者限定で音源のプレゼントも。
その容量、なんと100MB近く!
いいんですか、こんなに!?

続いて、ぎんじねこさんのソロ。

Sany0329
愛機・ヘイマーXTはピックアップや配線材などをカスタマイズしたこだわりの仕様。

Sany0398

フルピッキング→タッピング→フルピッキングと目まぐるしく変化するフレージング。

Sany0377

お客さんのリクエストに答える選曲でライブは進行。鬼気迫る演奏と和やかトーク。
このギャップもぎんじねこさんの魅力です。

ここで謎のゲスト登場!
もはやおなじみとなったカルカルの人気No.1(?)キャラクター!

MOOCSの中の人ことメタル課長のお出ましだ!

Sany0595

課長の愛機は、改ギ研Qでメタルゾーンを埋め込んだフェルナンデスFRT65。
これぞメタル! といったディストーションサウンドがカルカルを埋め尽くす!

Sany0580

大胆なアーミングを絡めた凶悪な演奏。メタル人生30年は伊達じゃない!

最後は出演者全員でセッション。
曲はハードロックの大スタンンダード、DEEP PURPLEのSMOKE ON THE WATER!

Sany0756

この日のためにアレンジしたスペシャルバージョン。

3本のギターによるブ厚い音の壁が迫る!

Sany0618

ぎんじねこさんとメタル課長、機材がおそろいでした(LINE6のPOCKET POD)。
当然ながら、同じ音ではありませんでした。

Sany0738

ソロを回しながら曲は盛り上がっていきます。

大盛り上がりのうちにライブは終了。

梅雨の不快指数を吹き飛ばす、まさに「祭」なひとときでした。

最高の夜をありがとうございました!

(ニセ生物/ライター)