ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

外でお台場花火!中で韓国野球のスーパースター!『韓流野球ナイト!!2010夏 ~バット1本6球団渡り鳥 俳優(元プロ野球選手) チェ・イクソン トークライブ』ライブレポート(10.8/14開催)

2010年08月21日

WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で日本を苦しめるなど、
世界的にみても野球レベルの高い韓国。
そんな韓国プロ野球で6チームを渡り歩き、
“ジャーニーマン”と呼ばれた男、チェ・イクソン。
今回のイベントでは彼の知られざる野球人生を振り返りました。

Cimg0387 
今回のイベント限定メニューは韓国料理。美味しそう!

Cimg0397 
イベントの司会を務めるのは、韓国プロ野球に詳しい室井昌也さん。

Cimg0406 
今回の主役、元プロ野球選手で俳優のチェ・イクソンさんが笑顔で登場!
ときどき「K-1」の武蔵さんに間違えられるそうです。

Cimg0409 
韓国語で“乾杯”を意味する「コンベ!」のかけ声でイベントプレイボール!

野球を始めたのは中学2年生から

韓国プロ野球で1シーズンに30盗塁20本塁打を記録するなど、
主力選手として活躍したイクソンさん。
そんな彼が「父との約束を守るため」
という理由で野球を始めたのは中学2年生から。
これはかなり遅いスタートです。

なので、テスト生としてサムソンライオンズに入団後は、
基本が足りないということでかなり苦労したんだとか。
コーチからは「プロでは通用しない」と言われたこともありましたが、
信頼できる指導者、ペク・インチョン監督と出会えたことで、
プロでも活躍することが出来たそうです。

Cimg0420
「日本のプロ野球選手では秋山幸二選手(現在は福岡ソフトバンクホークス監督)が好き」とイクソンさん。

Cimg0428 
ペク・インチョンさんからビデオメッセージが!

初ホームランの思い出

イクソンさんのプロ初ホームランは印象に残るものでした。
打席に入ったイクソンさんは、相手ピッチャーの球がまったく見えず、
あっという間に2ストライクまで追い込まれたそうです。
そこで、
「どうせ三振なら、目をつぶっておもいっきり振ろう!」
と思いバットを振ったところ、見事ホームランに。

この初ホームランが、イクソンさんのプロ初安打でもありました。

Cimg0436   
イクソンさんの友人からもビデオメッセージが届きました。

常にプラス思考

6チームを渡り歩いたイクソンさんですが、
どのチームに行っても決して楽ではなく、
プラス思考でないとやっていけなかったそうです。

そんなイクソンさんは、現在悩みがある人に
「最近、“勝負はまだ終わってない”という言葉をよく使っている。
終わるその地点まで、最後まで行ってみないと誰が勝ったか分からない」
とアドバイスしました。

Cimg0449   
休憩中の物販では韓国プロ野球グッズが販売されました。

Cimg0448 
このイベントを祝うかのように、外では花火が!

Cimg0459 
俳優として『ストライク・ラブ』に出演したイクソンさん。
自分の演技を観て一言「恥ずかしい……」。

引退セレモニー

2005年、韓国プロ野球を引退したイクソンさん。
彼の引退セレモニーは残念ながら韓国では開かれませんでした。
そこで今回、引退セレモニーを開催。
イクソンさんの後輩で現在は読売ジャイアンツに所属している
イ・スンヨプ選手からもビデオメッセージが届きました。

Cimg0486 
「まさか日本で引退セレモニーをすることになるとは思わなかった」とイクソンさん

Cimg0471 
イクソンさんの第2の人生を応援するイ・スンヨプ選手。

Cimg0512 
イベント終了後はサイン会が開かれました。

わざわざ鳥取から来た人もいた今回のイベント。
引退セレモニーは実に感動的でした。
チェ・イクソンさんは自伝『ジャーニーマン』を出版し、
その本が漫画化されることを願っています。
漫画化して、『ジャーニーマン』が世界に広がると良いですね。

(ライター・たまに大阪)