ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

今回も有名ツイッターユーザーが多数登場!今回も語り足りない2時間半!『ほぼ月刊 ツイッター友の会 vol.5 』ライブレポート(10.7/23開催)

2010年09月03日

ほぼ毎月開催のtwitter友の会ですが、6月はおやすみでした。

なぜかというと、ホスト役である神田さんが、南アフリカにワールドカップ観戦に行かれていたから! うらやましい! 神田さん、南アフリカっていろんな噂がありましたけど実際いかがでしたか?

そんなところから、じっくりお話をうかがう、twitter友の会第5回のはじまりです。

■フライングで語りつくすワールドカップお土産話

毎回2時間半あっても全然しゃべりたりなさそうな神田さんですが、なんと今回は開演前から喋り始めているという裏技!南アフリカでもいろんなラッキー(そしてアンラッキー)に遭遇されたみたいです。

07231_2
ご紹介が遅れました、左からおなじみテリー植田さん、神田敏晶さん。

日本からのW杯ツアーは、開催地のヨハネスブルクの治安が心配されていたこともあり、普通1万人程度のところ、今回は1/101000人程度だったとか。こうして無事帰ってきた神田さんですが、やはり実際もいろいろあったようです。

まず、トイレで手を洗っている10秒のうちに新しいiPhoneが盗難に。ポケットにモノを入れると子どもがいくらでも寄ってきてとっていってしまうので、ポケットそしてデイパックはヨハネスブルクでは絶対NGだとか。最も危険だったのは、「子どもが裸足で歩いている地域」。南半球にある南アフリカ、昼は北海道の夏なみでも17:30以降は気温が氷点下まで下がる真冬です。しかし裸足。

「世界の危険度は子どもが裸足かどうかでわかります!」

そ、そうですか。

07232
とはいえサッカーで盛り上がるところは万国共通。係のひともこんなに陽気。
「言葉は通じなくてもDNAは一緒」。

07233
メキシコ女性とがっつり肩を組む神田さん。楽しそうです。

07235
「そこらじゅうの草を牛が食べて勝手に増えているから、フィレ肉のステーキがどこに行っても大戸屋価格!」

07234
そしてこちらがスタジアム! おおーテレビでみたみた!

ダフ屋が30万円で売っていた開幕戦チケットを、目の前で取締りを行っていた警察から、なんとそのままタダでもらってしまったという、超ラッキーな方法で観戦した神田さん。しかしそこはさすがに神田さん、テクノロジーにも注目します。

今回はFIFAのオフィシャルカメラが30数台近くあり、スローモーション映像などオフィシャルでたくさんのものが配信されていました。

審判のジャッジミスなども問題となった今大会ですが、「これからは、主審カメラができて、人の審判はいなくなるかも!」「ボールにチップが入ってオフサイドもらくらく判定!」などなど、テクノロジー未来予想も。

そして日本人サポーター同士の交流は、やっぱりもっぱらtwitter

初対面同士であっても、twitterのアカウントを交換すれば即座に「擬似幼馴染感覚」に。日本に帰国してからも交流ができ、なんと会場にもヨハネスブルクで知り合ったという方が来ていらっしゃいました。

■最近のソーシャルメディアまわりは

さてtwitterの話が出てきたところで、最近のソーシャルメディアまわりで注目されていることといえば、Facebookの日本進出ですが、Facebook、ぶっちゃけ日本で成功するんでしょうか?

たとえばワールドワイドで展開するオークションサービスのeBayは、日本では既に認知度のあったヤフオクにはばまれ撤退した過去が。

日本のソーシャルメディアといえば、pull型で情報を交換するタイプのmixiから、push型でらくちんに情報が得られるtwitterに人が流れている昨今。しかしmixiが俄然強いのは、ほとんどケータイでソーシャルメディアに接する若者世代。mixigree、モバゲータウンといったサービスに親しむ世代がようやく社会に出てきたとき、Facebookに流れていくかどうかが鍵、と神田さんは予測します。

そして最近のtwitterでは、みんなが早起きに! ぜんぶが前倒しになって、週末ではなく平日遊ぶひとが増殖中。Ustはじめるひとも多いですね。

皆さん、時間の密度を乗りこなすのはほんとに速い!

07236
「今もうタッチできないケータイをさわるだけで20世紀に戻った感じです」

■すっかり恒例、やきそばかおるさんの妄想ツイッター

さて後半は、恒例のやきそばかおるさんの妄想ツイッター、お友達紹介とつづきますよ。

今回は趣向をかえて、『有名人ツイート推理クイズ』から!

さてこれは誰のツイッターでしょうか?

「俺は、そうしてきた。」ん、この口調、見たことがある気が…

正解は、出川哲郎bot!出川さんのブログでの発言を140字にしてお送りしています。ほほう。

そして妄想ツイッターのほうもどんどんとばしていきます。

つづいて、『もしも「タッチ」の南ちゃんがツイッターをやったら』

072310
うわー、そうきますか…。

07239
こんな南ちゃんはいやだ…。

話題のあのひとも、やきそばかおるさんにかかればこのとおり…

『もしもNHK-PRの担当者がフジテレビ-PRに転職したら』

072313
それは言っちゃだめー!!

「僕がNHK-PRをやりたい!」と野望を語るやきそばかおるさん。

こんなパターンも。

『もしも、死語をやたらとつかう上司がツイッターをやったら』

072312
「よろしこ」って、もう言わない、言わない。

でもなんだかtwitter上で聞くとちょっと新鮮な気がしますね。

「何言ったらいいかわからないひとは死語でもいいんじゃないでしょうか」

おもしろおかしくも、ちゃっかりtwitterを使いこなすヒントが隠れている妄想ツイッターのコーナーでした。

twitterお友達紹介

休憩をはさんでお友達紹介のコーナー、本日最初に登場してくれるのは、品川でリヤカーでビジネス書を売っている、その名も「リヤカーブックス」木村さん(@rearcarbooks)。

072314
「自分で読んで、いいと思った本を、品川港南口で売ってます。リヤカーで。」

デジタルの時代にリヤカー。そして品川でビジネス書。興味深いサービスですねぇ。

リヤカーブックスについて詳しくはぜひ、地球のココロの↓こちらの記事を。

リヤカーで本を売る、「リヤカーブックス」とは?

随時ツイッターで営業情報を流している木村さん。

ここですかさず神田さんからは新しいアイディアが。

072315
「リヤカーでこれも一緒にみせるなんていうのはどう?」

みせているのは話題のiPadアプリ、『flipboard』。Twitterの発言を、非常にデザイン性豊かな電子書籍の形式でみせてくれます。

つづいての登場は、最近twitterで顔出しデビューしたニフティ役員の津田正利さん(@dave2da)。

mixiで知ってる人とのコミュニケーションで疲れがあったので、知らないひとばかりをフォローしてみた津田さん。頑張って現在フォロワーは2,000人!

「以前はまっていたアマチュア無線と似ていますね、有名人に反応されると嬉しいところとか」

いまではツイッター上でBIGLOBEの役員と歓談する場面も!

072316
そして、私、津田さんのtwitterプロフィール写真を撮影するという大役を
おおせつかってしまいましたので立ち上がってカメラ目線の津田さん!

そしてこのイベント常連になりつつある、カメラのキタムラ(@camera_kitamura)川本さん。

072320
いまはUstreamでの商品説明の実験中です!」

カメラのキタムラでは、『思い出作り研究所』をたちあげ、思い出工学の研究中。

神田さんによれば、海外に、亡くなった肉親のwebサイトを立ち上げ、親戚中で記録をアップロードできるサービスがあるそうですが、思い出とソーシャルメディアって、相性がいいのかもしれませんね。

今回もたくさんのアイディアと未来予測が聞けたtwitter友の会。神田さんの圧倒的プラスのエネルギーで、なんだか元気が出てくるイベントなのでした。

(リポーター:田村美葉)