ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

ファッション×アート×ミュージックが一点に交差する唯一無二の新世代アートショー!!『“N’ai pas d’amour syndrome ” ナ・パ・ダムール・症候群 / 愛がない症候群』ライブレポート(10.10/2開催)

2010年10月13日

今年の夏に3周年を迎えた東京カルチャーカルチャー。
毎月20本ほどのイベントを開催していますが、
今まで1度もおこなわれていない種類のイベントが今回開催されました。
それは“ファッションショー”。
店内に一歩足を踏み入れると、そこにはオシャレでアーティスティックな雰囲気が広がっていました。

Cimg2104 
会場に入ると舞台上でおこなわれているボディペインティングが目に入ります。

Cimg2108 
3人がかりで完成に向けて塗り塗り。

Cimg2122   
白・赤・黒の3色を基調にし、シンプルながらも立体感のある芸術的なボディペインティングが完成。

Cimg2123 
カッコいい!

ショーのコンセプト

ファッションショーにはコンセプトがつきものです。
今回は、

Illness starts without love.
愛がないと人は病におかされる。
Not to be attacked,
おかされないためには、
become positive thinking, balancing the nervous system.
プラス思考になり、自律神経のバランスを保つこと。
Love is everything.
愛こそすべて。
Music and fashion and make-up ・・・
メイクアップやファッションや音楽・・・・
Love is everywhere.
愛はすぐそこにある。
自分で見つければいいだけ。
Make your own life.
自分で人生を作ればいいだけ。

というテーマでおこなわれました。

Cimg2133

Cimg2168 

Cimg2138 

Cimg2152 

ゴスロリ風に統一された世界観。
あえて男性に女性の格好をさせ、
妖しげな魅力を出すというテクニックなど、
目が離せませんでした。

Cimg2179 
ステージ上でメイク(フェイスペインティング)がおこなわれました

Cimg2223 
最後はモデルさん、スタイリストさんが全員集合。

舞台上で誰一人言葉を発しなかった今回のイベント。
これも東京カルチャーカルチャーでは初めてだと思います。
色々と新しい可能性を感じるイベントでした!

(ライター・たまに大阪)