ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『ラブラブK-POP!!少女時代、KARA、BIGBANG…“日本一のK-POP博士”のK-POP徹底ヒストリートーク!!ライブレポート(10.11/6開催)

2010年11月17日

10月に発売された“少女時代”の『Gee』がオリコン・シングルウィークリーチャートで2位を獲得!
先日発表された『2010 ユーキャン新語・流行語大賞』では《K-POP》という言葉がノミネート!
そんな今年完全にブレイクしたK-POPですが、まだまだ知らないことも多いですよね。
そこで、今回のイベントでは日本一のK-POP博士がK-POPの歴史について詳しく解説します。
さらに、大人気K-POP完コピダンスグループ“4C”のミニライブもあり!
これさえ見ればあなたもK-POP博士に!?

Cimg3807 
女性を中心としたお客さんでほぼ満席。

Cimg3805 
この日限定ドリンク巨峰まっこり。美味しくてびっくり。

1   
出演者登場! 左からK-POPにあまり詳しくないカルカル店長の横山さん、
K-POPにムチャクチャ詳しい日本一のK-POP博士のDJきむ・たくさん(すいません・・・顔出しNGです)、K-POPに12年ほど前から注目していたK-POPライターの大塚幸代さん。

これさえ見れば知ったかぶりできる! 近年のK-POP事情

まずは大塚さんが、ここ2~3年のK-POP事情を紹介!

韓国内でK-POPが流行りだしたきっかけ、
それは2007年9月に発売された“ワンダーカールズ”の『Tell me』でした。
この曲がヒットした要因は、誰にでも真似できるダンス。
真似したダンスをインターネット上にUPすることが流行り、
相乗効果でドンドン流行りだしたそうです。
また、この頃から《フックソング》という曲中に同じ単語を繰り返す歌が流行り出しました。

2008年2月に発売された“JEWELRY”の『One More Time』もダンスが話題に。
《ETダンス》と呼ばれる振り付けが人気になりました。

2   
映画『ET』のように指の先と先をくっつけるから“ETダンス”。
分かりやすい!

2009年はK-POP大ブレイクの年。
まずは1月に“少女時代”が『Gee』をリリース!
これが大ヒットして“少女時代”は韓国で国民的アイドルに。
『Gee』は今年10月に日本でも発売され、10万枚のセールスを記録しました。

5月には“2NE1”が『Fire』をリリース。
女性に人気のある女性アイドルなんだとか。
来年頭に日本進出するらしいので、今から要チェック!

6月は“4Minute”が『Hot Issue』をリリース。
元“ワンダーカールズ”のメンバーがおり、デビュー前から注目されていたグループ。

3   
「韓国のアイドルグループには“元○○”の肩書きで再デビューする人が多くいる。
以前と名前や顔が変わっている人もいる」とDJきむ・たくさん。

そして7月。“KARA”が『ミスター』をリリース!
“KARA”のデビューは2007年ですが、2008年にメンバーチェンジ。
メンバーチェンジ前はパワフルな歌とダンスが特徴でしたが、
メンバーチェンジ後はキュート&元気路線に。
『ミスター』の大ヒットで“ワンダーガールズ”“少女時代”とともに《韓国の女性アイドル3強》と言われるようになりました。

Cimg3808 
「今年の忘年会はみんなKARAの腰ふりダンスをやるでしょうね」と横山さん。

今まで紹介したのは女性アイドルグループでしたが、男性アイドルも負けていません。

2009年6月に“BIGBANG”が待望の日本デビュー!
韓国では2007年から人気だった“BIGBANG”。
先に紹介した“2NE1”は“BIGBANG”の妹分なのだそうです。

“BIGBANG”のリーダーを務める“G-Dragon”はソロでも活躍。
卵から登場する映像がカッコよく、何度も見返しました。

“2PM”というグループは曲中に組み体操をするというぶっ飛んだパフォーマンスが大うけ。
もちろん超カッコいいです。

男性アイドルの紹介のときは、客席から歓声が起きました。

Cimg3819 
大塚さんも思わずモニターを覗き込んでいます。

そして2010年。
6月に“Sister”が『Push Push』をリリース。
韓国で今流行りのドラムをドコンドコン入れる《アフリカンビート》とファンキーなボーカルが魅力です。

9月には“miss A”が『Breathe』をリリース。
今後の活躍が期待されます。

5   
これさえ覚えれば、とりあえず知ったかぶることはできます。

完コピダンスグループ登場!

休憩を挟んで、ゲストとしてK-POP完コピダンスグループ“4C”が登場!
K-POPのダンスイベントで活躍しまくる実力派のグループです。

Cimg3837 
カッコよくて可愛い!

Cimg3845 
息の合ったダンス!

Cimg3863 
衣装チェンジでさらにカッコよく。

Cimg3867 
偶然通りかかった人たちも思わず釘付けに。

Cimg3872 
ダンス終了後、“4C”のみなさんにインタビュー。
K-POPのダンスは体のラインがセクシーに見えるように研究されているそうです。

K-POP20年の歴史

続いてはK-POP博士のDJきむ・たくさんが、K-POPの歴史を20年前から振り返ります。

1986年“少女隊”という日本のアイドルが韓国のステージに。
当時韓国では日本語で歌うことが禁止されていたので、英語で歌いました。

そして、1987年に“少女隊”の男性バージョンが韓国で生まれます。
それが“ソバンチャ”。彼らが韓国のダンスグループの原型らしいです。

1988年には男性のソロダンス歌手が現れます。それが“パク・ナムジョン”。

90年代に入り“ソテジワアイドゥル”という男性グループが出現。
バックダンサー上がりの彼らは、韓国の音楽に多大な影響を与えました。
彼らの登場でK-POPは変わったと言われています。

この“ソテジワアイドゥル”を受け継いだのが“HOT”。
“HOT”から大塚さんはK-POPのファンになったんだとか。
ちなみに、彼らのライブで200人が失神したという伝説が残っています。

最近ではダンスがムチャクチャ上手い“Nam Hyun Joon”が登場。
誰にも真似できないダンスで人々を魅了しました。

4
K-POP界の人間関係にも詳しいDJきむ・たくさん。
もっと詳しい話を聞きたい人はDJきむ・たくさんがやっている新宿ゴールデン街のお店へ!

Cimg3888 
イベントラストはK-POPが大好きで韓国に留学経験もあるローバー・美々さんが登場!
オススメの曲を紹介し、プレゼントを持ってきてくれました!

Cimg3913 
“4C”のメンバーがジャンケン大会でプレゼントをゲット!

6_2   
イベント終了後、お客さんと出演者の交流がおこなわれました。

今話題のK-POPについて知ることができた今回のイベント。
正直、私は“少女時代”と“KARA”の区別もつかないほどK-POPには疎かったのですが、
人並み以上に詳しくなれた気がします!

(ライター・たまに大阪)