ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

映画宣伝マンお台場集結!熱気あふれるプレゼンに場内は興奮しっぱなし!『映画宣伝マンバトルロワイアル!!~新作、公開作を映画各社大プレゼン&大プレゼント放出大会!!』ライブレポート(10.11/19開催)

2010年11月30日

映画戦争勃発!!映画各社宣伝マンがなんと奇跡の一同集結!!
年末年始やこれからの公開作や現在の公開作を制限時間内に各社宣伝マンがプレゼン!

映画ファンにはたまらない内容となった今回のバトル!
紹介された映画がテンコ盛り!
その分、ライブレポートの量もテンコ盛り!というわけで早速いっちゃいましょう~~。

29

▲進行はシンスケ横山さん&恩納さん

まず登場したのは・・・

●「デジタルプラス」(「トランスポーター3」「ソラニン」などの宣伝を担当)の山澤さん

生きて帰れたら、言いたいことがあるんだ・・・
アンストッパブル」(トニー・スコット監督)
2011年1月7日公開

40

実際に起こった列車暴走事故を基にしたストーリー。
キケンな薬物を積載したまま無人で暴走し始めた貨物列車を、鉄道マンが止めようと奮闘するサスペンス・アクション。

山際さんのおすすめポイント

「100分でまとめてるっていうのがいいんですよ!」
「緊張感が切れない長さなんです!」
「何の情報を入れなくても面白い!」
「アメリカでしかできない規模の作品です!」

横山さん「迫力あるな~~」
山際さん「パニックモノが好きな人には特におすすめですね」

39

▲「『カルカル』は床がよく揺れますね~。銀座の某映画館かと思いました(笑)」と言いつつ、映画の面白さを淡々と語る山際さん。

いきなりのパニックもので息を飲んだところで、次の作品

●「フリーマン・オフィス」(「ゾンビランド」などの宣伝を担当)の堤さん

今、中国映画が熱い!
アジアの巨匠も大絶賛!
モンガに散る」(ニウ・チェンザー監督)
12月18日公開

44

1980年代の台北西部の歓楽街・モンガを舞台に、裏社会へと足を踏み入れた若者たちの運命を描いた青春群像劇。

堤さんのおすすめポイント

「台湾では『アバター』を抜く大ヒット!」
「アジアの巨匠も大絶賛!ジョン・ウー監督、ピーター・チャン監督、ホウ・シャオシェン監督にいたっては、”ニウ・チェンザー監督は、今後10年の台湾映画界を担う監督になるだろう”とも」

堤さん「台湾では『モンガに散る』の大ヒットを受けて、年間20本しか作られていなかった映画が、50本越えをするようになったんです!」

Photo

▲堤さんの熱気あふれるプレゼンで、カルカルの温度が2度上がったところで2作品めの紹介へ。

映画好きの方には特におすすめ&大満足間違いナシ!
カンフーサイボーグ」(ジェフ・ラウ監督)
2011年1月22日公開

Photo_2

近未来を舞台に、警察に配属されたサイボーグ警官第1号をめぐる出来事を、笑いありロマンスありで魅せるアクションムービー。

Photo_3

堤さんのおすすめポイント

「『香港版トランスフォーマー』っていうか、もう、”そう言ってほしい”っていう感じですね」
「要所要所に、名作の映画をオマージュしたようなところがありますので、”あの映画の、あのシーンじゃないか”と想像しながら見ていただければ」

5

堤さん「主人公がアトムに似てます」
横山さん「ビーバップにも見えますよ」
堤さん「いや、アトムなんです(苦笑)」

●「アニープラネット」の目黒さん

ジョンレノンの生い立ちを描いた映画
ノーアウェイボーイ~ひとりぼっちのあいつ」(サム・テイラー=ウッド監督)
公開中

13

世界がまだ見ぬ、誰もまだ知らなかった青年ジョン・レノンと二人の”母”の真実の物語

目黒さんのおすすめポイント

「オノ・ヨーコさんも絶賛!」
「ビートルズを描いた映画は今までにもあったんですが、ビートルズになる前を描いた映画はなかったんです!」

恩納さん「そうそう、オノ・ヨーコさんが絶賛されてました」
横山さん「ビートルズファンいうよりも、青春ストーリーとして鑑賞しても非常に良いですね!」
目黒さん「親子愛を描いたドラマとしても楽しめます」

続いて

待望のジャッキー映画!
ラストソルジャー」(ディン・シェン監督)
17

ジャッキー・チェンが主演だけでなく原案・製作も務め、自身の主演作の中で中国最大のヒットを記録したアクション・エンタテインメント。戦国時代の中国を舞台に、弱小国である梁(りょう)の兵士と敵国・衛(えい)の武将との奇想天外な逃走アクションを描いた作品。

目黒さんのおすすめポイント

「構想20年!ジャッキーがず~~っと考えていたそうです!」
「中国制作のジャッキー映画の中で歴代ナンバーワン!」

25

▲大好きな映画の魅力を温かい口調で語る目黒さん。着ている服も温かそうだ。

●「アルシネテラン」(「エルム街の悪夢」「髪結いの亭主」などの宣伝を担当)の萩原さん

吸血鬼目線の映画!
デイブレーカー」監督:マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ)
11月27日~公開中

30

ヴァンパイアが世界を支配し、人間が絶滅に瀕した近未来を吸血鬼目線で描く、革新的SFアクションスリラー。

萩原さんのおすすめポイント

萩原さん「数からして95%ぐらいがヴァンパイア、人間は5%しかいないっていう設定なんです。ヴァンパイアが人間を捕獲して管理しているっていう・・・」
横山さん「なるほど。吸血鬼目線っていう言葉が気になってたけど、そういうことなんですね」

続いて・・・

韓国300万人が泣いた、実話から生まれた感動の物語
ハーモニー」(カン・デギュ監督)
2011年1月公開

40_2

18ヶ月になれば子供を養子に出さなければならない主人公、家族さえも背を向けた死刑囚、各自が胸の痛い事情を抱えたまま生きていく女子刑務所で、合唱団が結成され、愛する者のために胸を熱くする感動のステージを作っていく物語。

荻原さんのおすすめポイント

「普段は、家族と話すこともできないのに、唯一、クリスマスの時だけ外に出られるっていうことで、合唱団を結成するわけですよ!」
「試写会では男性も女性も100%号泣ですよ!」

35

▲内容を思い出しただけで泣きそうになりながら解説する萩原さん

●「マンハッタンピープル」(「ターミナル」「スパイダーマン Ⅰ・Ⅱ」などの宣伝を担当)の原田さん

Photo_4

いきなり機関銃(もちろん本物ではない)を持って登場した原田さん。(ビックリして思わず写真がブレちゃいました)
その風貌からも、タダらなぬことが起きそうだ。

紹介するのは

女性にも見てほしい!
GAMER」(監督:マーク・ネヴェルダイン、ブライアン・テイラー)
12月3日公開

10

世界が熱狂する「ゲーム」—それは脳を操られた囚人による究極のバトル・・・
脳手術によって、生身の人間が生身の人間をアバターとして操作できるという、近未来を描いたスピーディーなアクション映画。
というわけで、原田さんの機関銃は映画の内容をイメージしたもの。

原田さんからのおすすめポイント

「映画『アドレナリン』の監督なんで、それだけでも期待度大ですよ!」
「男性向けの映画かと思っちゃうかもれないですけど、会社や彼氏に縛られていて、一歩抜け出したいと思ってる達にも見ていただければ」

6

▲「ウチの会社は設立して29年。私も29歳なんですけどねーーーー」と言っただけで、なぜかお客さんから笑いが。

●「アンリミテッド」(「アバター」「ハリーポッター」などの宣伝を担当)の水野さん(女性)&
「ドラゴンキッカー」(「怪盗グル―の月泥棒」などの宣伝を担当)の大槻さん

14

「ハングオーバー」チームの最新作
デュー・デート~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~」(トッド・フィリップス監督)
2011年1月22日公開

18

アメリカ大陸横断を余儀なくされた男二人の波瀾万丈な旅を描くロードムービー。
3200キロを5日で横断!どう考えてもトラブル続出!果たしてたどりつけるのか!?

水野さん&大槻さんのおすすめポイント

水野さん「俳優さんのハチャメチャ度がすごくて、俳優生命に陥るんじゃないかと思うくらい、いろんなことをしています」
大槻さん「日本では公開する予定がなかったのですが、『アメリカで大ヒットしたのに、こんな面白い作品をナゼ公開しないんだ!!』と署名運動が起こって、公開されたという作品なんです!」

26

どうしても気になるのが、テーブルに置かれた犬(サニー)の存在。
大槻さん「この犬がカギを握るんですよ!!」
水野さん「2011年の初笑いは『デューデート』で!!」

22

▲最初は「恥ずかしい~~~」と言っていた二人だったが、2分後にはすっかり板についていたのだった。

●「ノーフ―チャー」(「Drパルナサスの鏡」「シャッターアイランド」などの宣伝を担当)の美濃又さん

制服の下に秘拳が眠る
KG
2011年2月5日公開

31

ノーワイヤー、ノーCG、ノースタント!
女子高校生が本当に蹴って蹴られる、危険で過激で美しい実闘カラテアクション映画!

美濃又さんのおすすめポイント

「パンチも蹴りも実際に当てあってます!!」
「2mもあろうかという大男と、ガチンコでバトルしてます!!」
「たった1分のダイジェスト版を見て、興奮した世界各国の映画バイヤー達から海外配給のオファーが殺到してるんです!!」

こんな過激なトピックスも!!

36
※顔写真はイメージ画像

41

続いて

悲鳴と絶叫が続々と・・・
パナノーマル・アクティビティ2」(長江俊和監督監督)
公開中

20

低予算映画「パラノーマル・アクティビティ」の続編。 東京で平凡に暮らしていた姉弟が、毎晩起こる奇怪な超常現象に生活を脅かされる姿を描くドキュメンタリータッチのホラー映画。

圧倒的な恐怖といわれる作品にふさわしく、劇場ではテレビCMや予告編で流れているようにお客さんの絶叫であふれかえっているという。

7

11

15

美濃又さん「あんまり中身が言えないんですよ~。とにかく見ていただければ・・・」

2

▲この日、風邪気味だったという美濃又さん。声にリバーブが効いていて、かなりの良い声でプレゼン。

●「P2」(「インディー・ジョーンズ」などの宣伝を担当)の村田さん

スピルバーグ制作・謎だらけな映画
スーパー8」(J・J・エイブラムス監督)
2011年公開

19

1979年アメリカ空軍はエリア51の一部を閉鎖した。
全てはオハイオ州の施設に輸送されるはずだった……

村田さんのおすすめポイント・・・といきたいところですが・・・
村田さん「それ以上の情報は全く出てきてなくて、これ以上の情報は全く分からないんです(汗&涙)」

お客さん(キョトン)
27

アメリカでは、毎週のように、映画ファンが内容の推測をしているとのこと。
恩納さん「これ、まだホントに作ってる途中って感じがしますね・・・」

村田さんは、「これで終わってしまっては申し訳ない」と思ったのか・・・
村田さん「では、内容に関係ありそうな”宇宙人”の解説をウィキペディアより・・・」
横山さん「え!?宇宙人全体の解説!?(笑)」

23

▲ヘンな汗をかきながら宇宙人の解説をする村田さん。
早く情報が入らないと、村田さんも安心できない。
スピルバーグさん、お願いしますよ。

●「スキップ」(「ラストプレゼント」「てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡」の奥村さん

32

ヒットガールにも注目!
キックアス」(マシュー・ヴォーン監督)
12月18日公開

37

主役は、特別な力は何も持たないのに、憧れだけでスーパーヒーローのコスプレして街に繰り出す貧弱男。
同時進行でマフィアに復讐するために特訓し、完全武装した父親とその娘もコスプレしてマフィアを次々虐殺しまくるというアクション・コメディ映画。

と、思っていると、予告編が流れている間に、なんと「キックアス」が(照れがら)登場!!

42

横山さん「なんか、かわいらしいですね」
恩納さん(笑)

奥村さんのおすすめポイント

「何の特殊能力もない青年が『オレだって、ヒーローになりたい』ということで、通販で購入してヒーローになりきるけど、ボコボコにされちゃう。一見、ただのおバカムービーっぽいけど、メッセージ性がある作品なんです!」
「ヒットガールが綺麗で、銃撃シーンも注目です!」
「100人が見たら、100人が『良い!』って言うような映画です!」

ということで、お客さんの息つくヒマもなく9組のプレゼンが終了!

この後さらに、気になる映画の予告編を一挙公開!
「マチューテ」「RED」「完全なる報酬」「ゲーム・オブ・デス」「バーレスク」「グリーン・ホーネット」「ソーシャル・ネットワーク」「ザ・タウン」「TRON」「沈黙の復讐」などなど・・・

最後は会場の皆さんにドドーーーーンとスペシャルなプレゼント大放出!

38

▲見よ。特選映画グッズがこれでもか、これでもかと登場。
気にならない方がオカしいと思うほど、目立っていたトマトジュースの姿も。
映画「デイブレーカー」より、吸血鬼=トマトジュースということで、トマトジュースをプレゼント!

28_2

▲「デューデート」より、超貴重!!ダウニーJrとザックのサイン入りポスターをプレゼント!(←スゴイ!)
当たったのは、こちらの方!(といっても隠れてますが)
「どうしても顔出しNGなんですぅ~~」とのことなので容姿は秘密だが、ポスターの裏側には満面の笑顔が。

33

▲「ソーシャル・ネットワーク」のTシャツが当たって大喜び。さすが、ITに詳しそうな女性である。

24

年末年始の映画が予習できて大満足のまま終了したのであった。

(お台場が泣いた・・・現場から愛と感動のレポート:やきそばかおる)