ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

ヲタクで可憐なアイドル達が赤裸々告白!ヲ乙女(おとめ)アイドル総決起集会!『ヲ乙女ナイト(おとめないと)!~ヲタクで可憐なヲ乙女アイドル大集会!!』(10.11/20開催)ライブレポート

2010年12月07日

銃を持つ。
漫画を愛す。
ゲームを楽しむ。
坂本龍馬を追いかける。

そんな4人が勢ぞろいしてトークショー。
“ヲタクな乙女”たちによる、マシンガンのようで王子様に憧れながらアダルトで歴史的なイベント「ヲ乙女ナイト(おとめないと)」が行われました!

Wotome_013
写真左から司会の田中秀幸さんと横山シンスケ(東京カルチャーカルチャー店長)さん。
今回は田中さんの著書『ヲ乙女図鑑』(コトブキヤ)の出版記念イベントです。
冒頭で自己紹介すると「ぼくらが長々しゃべってもしかたないので」と、さっそく4人の「ヲ乙女(おとめ)」が壇上へ。
まずは乾杯となりました。


メイド喫茶が生んだスナイパー
Wotome_022

ミリタリーヲ乙女、相原みぃさん。
『ヲ乙女図鑑』に掲載された写真がスクリーンに映ると、場内からざわめきが。
司会の田中さんが「これ実銃ですからね」と言うと、
相原さん「きょう、持ってこようと思ったんですけど・・・・・・
司会の二人「持ってきたら大変なことになるでしょう!
もちろん相原さんは銃の免許を取得しています。

Wotome_014
そもそも銃を好きになったきっかけは、働いているメイド喫茶への取材。
企画でエアガンの名手と競争したところ、まったくの未経験ながら好結果を残し、銃に目覚めたそう。
ステキな笑顔とドキッとする発言で、この日は来場者の度肝を次々と射抜いていました。
いまでも秋葉原のメイド喫茶・ミアカフェには勤めていらっしゃるそうです。
「8月に写真集だしました。けっこう脱いだのでよろしくお願いします」
もちろん「露出が多い」という意味です。

ゲームの巧みなオトナの女性
Wotome_034
「ごきげんよう、現役AV女優乃亜です」
司会の田中さん「言っていいんですか?」
乃亜さん「言わないと引退したと思われるんで」
第一声から別次元でした。なお『ヲ乙女図鑑』では「セクシータレント」と紹介されています。

Wotome_041
子どものころは部屋に閉じこもり気味だったという乃亜さん。「ゲームをひたすらやっていた」そう。
初めはゾンビゲームが苦手だったが、『ヲ乙女図鑑』に載っている“あるきっかけ”で、今では毎日ゾンビゲームをやることもあるとか。
「好きな武器は銃とチェーンソーが一緒になっているやつ。『ギアーズ・オブ・ウォー』の」

「こんばん、波(は)っ!」
Wotome_058
誰よりもハイなテンションで登場した原田まりるさん。
ヲタクの女の子によるユニット・中野腐女シスターズの一員。
『ヲ乙女図鑑』の取材をした際、「漫画やアニメの話をするとき本当に目がキラキラしていた」と司会の田中さん。

Wotome_007
その取材で、桜井琥一(こういち)くんという男性について熱く語った原田さん。
「『ときメモ』(ゲーム)のキャラで、はばたき学園に通う高校生。弟がいて、身長は189cmと高くて・・・・・・」と、プロフィールを何も見ずにスラスラ挙げていく原田さん。
「好きな色がオレンジ色でわたしのラッキーカラー! 服も彼からの高感度が上がりそうなものを選んでいる」
アニメ・ゲーム好きな面を注目されがちな原田さんですが、自動車競技に出るための資格、国内A級ライセンスを持っているそう。
「『頭文字D』に出てくる佐藤真子(まこ)ちゃんという運転の得意なキャラが、20歳という設定。わたしも20歳のときに資格を取ってレースに出場しようと思った」
趣味を趣味で終わらせない。すばらしいです。

『タモリ倶楽部』に出たい歴ドル
Wotome_053
歴史好き、坂本龍馬好きで知られる美甘子(みかこ)さん。でもタモリさんも好き。
サインをもらったレコードのジャケット(いまは買えない)を持ち笑顔。
後方の絵について聞かれると「水木しげるさんも好きなんですよ」。

歴史ブームに乗っかったわけじゃない!

Wotome_048
小学校のとき自由研究で『龍馬の一生』という本を作った美甘子さん。
愛媛県出身で、子供のころから高知の龍馬像を観に行っていた。
修学旅行の自由行動では、班の仲間とは別行動。歴史好きの友人とともに脱班(だっぱん)して坂本龍馬のお墓を観に行った。
歴ドルの夜明けの前から、美甘子さんは美甘子さんだったのです。

Wotome_002
そんな“ヲタクで乙女”な皆さんの素顔をまとめた『ヲ乙女図鑑』。

Wotome_019
司会を務めた田中秀幸『ヲ乙女図鑑』著者)さんと横山シンスケ(東京カルチャーカルチャー店長)さん。
田中さんによると、「ヲタクな女子」と聞くとイメージが良くないんじゃないか。という考えから“ヲタク”と“乙女”を混ぜ合わせた“ヲ乙女”という言葉が生まれたそうです。
確かにただ「ヲタク」というのと「ヲ乙女」ではイメージ違いますね。

前半は上記のように、『ヲ乙女図鑑』の記事をもとにトークが展開されました。

Wotome_057
後半までの休憩中、物販コーナーの美甘子さんグッズ売り場にご本人が。

Wotome_060
後半はアンケート形式のトークに。
まず「もし3つの願いが叶うとしたら」というテーマ。

相原みぃさんの願いは・・・・・・
Wotome_062
【1】もっと当たりますように(射撃の弾が)
【2】戦車に乗りたい
【3】世界平和

原田さん「2つめと3つめがスゴく矛盾しているように思うんですが!」
しかし相原さんは真剣そのもの。決して3段オチの大喜利をしているわけではありません。

乃亜さんの願いは・・・・・・
Wotome_063
書いてません
白紙のホワイトボードを見せ、一瞬で下げる乃亜さん。早かったので写真も撮れず。
欲してるものがありません
乗りたい戦車もありません
おもしろくなくてスイマセン
おもしろすぎます、問題ありません。

原田まりるさんの願いは。
Wotome_066
【1】1日がもっと長ければっ!
【2】11/24のCD売れたい!
【3】愛されたい!

いずれも切実。

「11月24日のCD」は、原田さん・・・・・・によく似た方が参加している「腐男塾」のニューシングル『同じ時代に生まれた若者たち』のお話。

美甘子
さんの願い。

Wotome_068
【1】1867年11月15日にタイムスリップしたい
【2】リアル『ブラタモリ』
【3】デートがしたい

命日へ行き、龍馬を助けたいという美甘子さん。「お龍(りょう)さんと結婚してすぐ亡くなってしまった。だから生き延びてもらって、夫婦でもっと長くいてほしい」
リアル『ブラタモリ』」は、「もうリアル(プライベート)でタモさんと街をブラブラしたい」という。
3については「歴史とかタモさんとか関係なく、とにかくデートがしたい」
龍馬が好きでタモさんも好きで普通の女性の一面もある美甘子さんでした。

「もし彼氏に趣味を理解してもらえなかった場合どうしますか?」
Wotome_070
興味深い質問です!

Wotome_074
乃亜さん「そういう男は彼氏にはなれない
すいませんでした。

Wotome_072
相原さん「銃キライな男の人はいないと思います
そんな笑顔で言われたら否定できないと思います。

続いては当日、来場者から募ったアンケートから。
最近ヲタク力(りょく)が上がった買いものは?
Wotome_093
声優さんのネットラジオをよく聴いている」という原田さん。
中でも『テニスの王子様』の番組には愛着が強いそう。
写真にあるポーチ含めラジオのグッズにはプレミアがつく、ライブイベントがいまや武道館でやる規模に、などなど。『テニスの王子様』及びその声優さんについて熱心すぎるほどに語ってくださいました。

最後にこんな質問が。
失恋しました。皆さんは何のために生きていますか
質問者ではありませんが、気になります。
Wotome_074_2
乃亜さん「失恋したぐらいでそんな質問するなんて何考えてんのアンタ
すいませんでした。

Wotome_095
トークは途切れることなく、

Wotome_042
エンディングまで突っ走り、

1_2
最後は4人で記念写真。

2_2

お客さんも交えての大撮影タイム!

Wotome_116
原田まりるさんは都合によりここでお別れ。
「お別れの挨拶です。グッバーイ! バイバイ!

Wotome_136
相原みぃさん、乃亜さん、美甘子さんによるサイン会、撮影会。

3

トーク中は質問をズバッと斬っていた乃亜さんも、ファンとの交流では終始笑みを浮かべていました。

イベント中は息がぴったりだった4人のヲ乙女(おとめ)。
別々のものを好きになっても、とことん何かに夢中になった人同士は気が合うものかもしれません。
ぜひとも『ヲ乙女図鑑』で皆さんの素顔にもっと迫りましょう。

(駆け出しライター・田村R)