ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

2011年。今年は古墳が絶対キマす!古墳マニア大集結!『古墳でコーフンナイト!~古墳めぐりは永遠のロマンの旅』(10.12/21開催)ライブレポート

2011年01月06日

『古墳でコーフンナイト!』~古墳めぐりは、永遠のロマンの旅~(2010年12月21日開催)

古墳が大好きな、古墳好きが集まって「古墳」を語る歴史ナイト!『古墳でコーフンナイト!』が開催されました

500p1090865 
左より「まりこふん」さん「テリー」さん「エンテツ」さん「スソアキコ」さん

そして、最強の助人「エジプト大使館」より「Dr エルカディ ガド」氏も参加
500p1090723
エジプト大使館の文化・教育・科学部の「Dr エルカディ ガド」氏、通称「ガドさん」

スペシャルメニューだってこの通り
500p1090565
「仁徳天皇陵ピラフ」・・・古墳食べちゃっていいの?ピラフだからいいのか・・・

さて、イベントの方は、まずは古墳の魅力を伝える話のですが・・・エンテツさんは、この時点でかなり呑んでます。
500p1090593
スタートからミステリーとロマンとアルコールにほろ酔いのステージ

500p1090595 
古墳時代は文字の無い時代なので、ある意味好きな構想を練ることもできるし、結論が無くても構わない。『壮大な歴史ロマン』とエンテツ氏は語る

500p1090617 
「スソアキコ」さんは、美術同人誌で知り合った遺跡巡り好き同志で、旅をするようになりその席にエンテツさんがゲストとして呼ばれ意気投合・・・後はひたすら古墳と遺跡を愛する日々

500p1090601
「まりこふん」さんは、古墳好きのミュージシャン。自らの古墳めぐりを歌にしてしまうと言う歌う歴女なんです(歌は後半で)

500p1090609 
古墳トークは、最初から弾み・・・ビールも進む

そもそも、古墳ができた時代っていつ?
500p1090640
人類の歴史のほとんどが縄文時代。古墳時代は「弥生時代」後の「飛鳥時代」とほぼ同時期で「聖徳太子が出てくる位まで」だそうです。(前方後円墳がブームになった時代を「古墳時代」と呼ぶ学者も多いそうです。

それにしても、古墳はデカイ!最近ブームのダムや超高層をめぐる「巨大建造物観賞」に非常に似ています。
500p1090652
古墳には名前を記載する文化も無ければ文字無し時代なので、誰のものかわからないのが通説。

そんな誰の物かもわからない古代のロマンを秘めた巨大建造物古墳。
ちなみに埋葬者を推測するには、出土品を調査するしか手がかりが無いそうです。

さて、古墳と言えば「奈良」や「大阪」を中心とした関西圏と思われがちですが・・・こちらの古墳は「田園調布駅から徒歩10分」の高級物件?
500p1090648
え?田園調布にも古墳があるの?

実は、古墳はあちこちに有って「上野公園内」にも前方後円墳があるそうです。

前方後円墳という名前は明治時代にできたもので、正確にはどっちが前か後ろかもはっきりしてない。

イベント前の楽屋でエジプト大使館の「ガド氏」は「Keyhole(キーホール)」と読んでおり、前方後円墳を上から見た形が「鍵穴」に見えるので、海外ではそう呼んでいるようです。

う~~~~ん、歴史の授業で習ったはずだが、全然知らないことばかり

埼玉に有る「さきたま古墳」は、ビギナーにもってこいのスポット!スクリーンに映し出されたのは、古墳だらけの地図
500p1090665 
こんなにたくさんの古墳が密集している。

ここでは、古墳に上がることもでき、古墳のデザイン見てとれる
古墳時代はすでに古墳の形が完成されており、土木技術も向上していたので、綺麗な形が見て取れますが、それ以前の円墳なども魅力だそうです。

500p1090656
そんな、古墳好きな方々が古墳を回ることを『古墳浴』と呼ぶ

そして、出ました「仁徳天皇陵」・・・あれ?「大仙陵古墳」
最近は大仙陵古墳と呼ぶらしいです。一般的には仁徳天皇陵と呼ばれている古墳ですが、最近の研究で仁徳天皇のお墓とは言い切れないらしい。
500p1090671
何はともあれ、世界一大きなお墓はコレ!空から見ないと解らない規模

上から見たのだから、次は中へ入ってみよう・・・
500p1090672
一瞬本物?会場もビックリしましたが、こちらは本物の古墳の中で、横になれる癒しのひんやりスポット。(涼しくて快適だそうです・・・)

500p1090678
九州に多い「装飾古墳」は、非常に鮮やかな石室を見ることができます

500p1090701
古墳好きなメンバーは、もちろん埋葬品や遺跡も大好き!このパンタロン土偶には、まいちゃってます。

500p1090710
土器の進化も・・・形は現代もあまり変わって無い感じ

500p1090708
スソアキコさんは、帽子のデザイナーもしており、遺跡からの出土品に影響を
受けて遺跡帽子をデザインして作っちゃった!(スソさんはパリコレにも出品しているデザイナーさんです)

「古墳と旅と散歩」
500p1090712
何より古墳めぐりは歩く。ひたすら歩くことが多く晴れた日ばかりではなく、雨も有れば暑い日も有るので、けっこう大変だそうです。

500p1090715
奈良や京都に行かなくても、近場に遺跡や古墳は有ります。池袋からちょっと(20分位)の場所にある貝塚。
縄文時代には古墳も無く当時住んでいた住居に埋葬された跡なども見ることができるそうです。

上野公園や田園調布に古墳があったり、東京近郊に多くの貝塚があったりと、身近な古墳から始めるのもいいと思います。

後半は、エジプト大使館のガドさんによる「エジプトの古墳」の話から
500p1090725
ガドさんは、平成8年から~13年まで九州大学に留学経験があり、日本語もとっても上手なのですが・・・

500p1090723_2
専門的な分野で気分が乗ってくると「英語」になっちゃう、テリーさんの必死の同時通訳?

でも画像と雰囲気でけっこう解る物ですね(画像がとってもリアル、さすがエジプト大使)

500p1090739 
ピラミッドと言っても実はいろいろな種類があり、数は138其もあるそうです

500p1090741
普段は聞けない話に、会場も興味津津

500p1090746 
ピラミットの前身「マスタバ」は、天守閣の石垣風の遺跡、席を立ち力説するガドさん
エジプトのピラミッドも最初は三角形じゃなかったんですね・・・

500p1090750
話はすでに、千年や二千年の話じゃ収まらない

日本でいえば縄文時代にエジプトでは文明が生まれ、巨大な建造物が進化しながら建設されていた。このことを調査するため、世界中から今でも研究者が訪れているそうです

500p1090765
ガドさんファミリーも画像に登場、日本で言えば「奈良」のようにピラミットのあるギザもあちらでは観光地みたいです

エジプトの遺跡は、エジプトの文化というだけでなく、世界の文化の発信地として、日夜研究と発掘が続けられています。

さて、最後のコーナーは・・・
500p1090775
「まりこふん」コーナー!

500p1090777 
衣装を着替えて登場の「まりこふんさん」
古墳好きシンガーのまりこふんさんは「奈良・古墳訪問レポート」

まりこふんさんは奈良駅からレンタサイクルで、いざ古墳へ

でも、スクリーンに現れた画像は・・・?
500p1090782
立入禁止・・・実際に古墳は立入禁止が多く中には入れないことが多い。

しかも近くで見ても、大きすぎてなんだかわからない!

でも、負けない!

まずは、古墳の周りをまわってみる。
500p1090784
「このカーブ!いいでしょ~古墳っぽいでしょ~!」と、外周のカーブに萌え~。
あまりにも興奮したまりこふんさんは、この古墳の周りを2周もしちゃったらしい・・・

500p1090793
途中では甘味処もレポート・・・寄り道?

500p1090812
古墳の画像が出ると、ステージ上はクロストークの連続、古墳が本当に好きなんですね

数々の古墳や史跡を回って、レンタルサイクルでやっと行きついた古墳は
500p1090832
石舞台古墳、この古墳に逢う為に苦労したかいがあったようで、ステージ上でも出会った時の感動を熱く語っておられました。

あまりにも苦労して感動した石舞台古墳、まりこふんさんはミュージシャンであり石舞台古墳までの旅を歌にして披露してくれました
500p1090834 
ここで石舞台古墳の道のり「遥かなる石舞台」

500p1090864
何のイベントだったけ?と、思っちゃいそうな感じですが・・・『古墳のイベント』です

歌詞はおもしろくって、親しみの湧く『古墳ソング』でした

500p1090853
石舞台古墳の前で、石舞台を歌う「古墳ギャル」・・・ある意味画期的すぎるww

古墳は文字が無いほど昔にできた、未来へのメッセージなのかもしれません。

皆さんも古墳から聞こえる、過去からのメッセージを聞きに行ってみませんか?
(ライター・クロスケ)