ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

ヤバいスライドの連発にお台場が揺れる!2010年カルカル“脱力残念エンターテイメント”の集大成!『最ダメ大賞2010~駄目な文房具・アホアホ本エクスポ・いんちきおもちゃ大図鑑・バカレコードナイト~2010最ダメ決定戦!!』ライブレポート(10.12/26開催)

2011年01月18日

「ドグラ・マグラ」をはじめとした『日本三大奇書』があるように。
長野の「御柱祭」をはじめとした『日本三大奇祭』があるように。
ここ、お台場カルカルにも「四大奇蒐集イベント」があります。
と括って言い切ってしまって良いのか分かりませんが、
カルカルが誇る「危ないものが集結する」4つのイベントを、
一気にやってしまおうという試みのイベントが開催されました。
その名も「最ダメ大賞2010」!
カルカルが誇る人気コンテンツを一気に集めて開催したものの、
ネタが危険すぎるため、当然のようにUst中継無しだったこのイベント。
その模様を、ギリギリな写真を交えながらレポートします!

Photo01_2
今年最もダメなものとは一体!?

イルミネーションが輝き、カップルが押し寄せている師走のお台場。
そんなお台場にある巨大観覧車の下に集結した、
4つのイベントの猛者達が舞台に集結しました。
おかしな文房具を一気に紹介する「駄目な文房具ナイト」!
世の中のあらゆるアホ本を集めた「アホアホ本エクスポ」!
インチキ臭がそこはかとなく漂う「いんちきおもちゃ大図鑑」!
迷レコードジャケットを乱れ打つ「バカレコードナイト」!
そんな4イベントが大好きなカルカル横山店長!
いい年した5人の大人が、(良い意味で)頭の痛くなるスライドを
3時間に渡って見せ合うイベントとなりました。

Photo02
写真左から、
カルカル横山店長
駄目な文房具ナイト・きだてさん
いんちきおもちゃ大図鑑・いんちき番長さん
アホアホ本エクスポ・中嶋さん
バカレコードナイト・森さん
いんちき番長の乾杯の音頭でスタートです。

各イベントの鉄板ネタや新作を、交互に見せあう感じで
イベントが進行したのですが、
とりあえず演者さん単位でまとめて紹介していきます。

【駄目な文房具ナイトPart】
Photo03
十徳ナイフのような文房具。
左上に見える玉のようなものは「チュッパチャップス」。
というか、これ自体「チュッパチャップス」のメーカーが作ってます。
学校に隠れてお菓子を持って行きたい人向け。

Photo04
生首ではなく鉛筆削りです。
ちゃんと削れます。
目に鉛筆を刺して、口から削りカスを出します。
悪ふざけってこういうことを言うんでしょうね。

Photo05
ロボットに変形する鉛筆です。
これが、変身する前の鉛筆モード。

Photo06
で、これが変身後。
手と足がちゃんとあるんだもの、ロボットですよ。

Photo07
某邦画とタイアップした文房具です。
カバーを外すと、、、

Photo08
映画のタイトルを模した消しゴムが。
所謂「カドケシ」みたいなものです。
これはちょっとカッコいいかも。

Photo09
指に装着して使うタイプの「ペーパーナイフ」。
相当カッコいいフォルムです。

Photo10
で、当然のように全ての指に装着するわけです。
男の子なら、絶対にこうやってみたくなりますよね。
1本500円らしいので、両手に装着して5000円。
さぁ、皆さんも是非!

【いんちきおもちゃ大図鑑Part】
Photo11
某ヒーローっぽい顔が付いた斧。
これ、このヒーローが付いてる意味はあるんでしょうか。
ちなみに、これのサーベル版もあり。

Photo12
「イタイワニー」みたいなおもちゃ。
ダメな歯を押すと、噛まれます。
この歯でドラ焼きを咀嚼してたんですね。

Photo13
中国では、顔が付いた機関車のおもちゃがブームのようです。
日本でも、この手の機関車は良く見ます。

Photo14
が、中国では機関車が合体してロボットに変形します。
流石、中国クオリティ。
こちらの想像の数歩先を行くおもちゃばかりです。

Photo15
で、こちらも顔付き機関車おもちゃです。
こちらの機関車も変形するのですが、何と!

Photo16
更にカッコいいロボットに変形します!
あれ?顔は?

Photo17
いんちき番長が中国でおもちゃを買った際に、
おもちゃを入れてもらった袋がこちら。
何故、伊万里市(佐賀県)のゴミ袋が中国で出回っているのでしょうか。
他に「ドン・キホーテ」の黄色い袋のときもあったそうです。

【アホアホ本エクスポPart】
Photo18
確かに「チームワーク」っぽい絵だけど、
「いかに上にのし上がって楽するか」みたいにも見える表紙。
この表紙は、著者の方が発注したんでしょうか。

Photo19
仏教って、こんなに手軽なものだったんですね。
相談者の女性が使っている電話機からコードが延びていないので、
本当にこの世ではないところと相談しているようです。
(中身を見ていないので、推測ですが。)

Photo20
カラオケで何を歌うかで性格判断が出来る!と謳う本。
まずは歌手別。
B’zを歌う人は「早口でせっかち」、
石原裕次郎を歌う人は「粋なことが好き」だそうです。
ちなみに写真では見切れていますが、
松任谷由実を歌う人は「100%と言っていいほど苗場」だそうです。

Photo21
先ほどは歌手別ですが、今度は曲別です。
尾崎豊の「I LOVE YOU」で「若死にする人」ってのも気になりますが。
松田聖子の「赤いスィートピー」を歌う人を
「何も知らない顔をして、しゅけしゅけの赤いレースのパンティーに
黒のガーターをしているような食わせ者。いい娘だと思う。」
と言い切っているのが凄いです。
これは本屋などで見かけたら是非買うべき一冊です。

Photo22
ブックオフで売っていた「他人の手帳」。
多分、合コンに関する戦略を立てているページ。
まるでサッカーのフォーメーションを考えてるみたい。
ここまで考えた合コンは失敗しそうだなぁ。
このスライドを見た会場から「何で買うの?」との声が挙がりましたが、
「面白いから買うんですよ」と返した横山店長は流石だと思います。

Photo23_2
これもブックオフで買った「他人の写真アルバム」。
このアルバムを持っていた人は医療関係者のようで、
症例みたいなのが沢山載っていたそうです。
他にも、自分の奥さんばかりを取ったアルバムとか。
クオリティが高いものも多いようです。

Photo24
ブックオフで売ってた高校の卒業アルバム。
遅刻常習者を、大相撲の番付風に仕上げた一品です。
これはかなりのクオリティ。
というか、何でも買い取るし売るのね、ブックオフって。

【バカレコードナイトPart】
Photo25
A面が「なぐりとばして別れようか」で
B面が「忘れるものか」って、
完璧ストーカー案件じゃないですか、これ。
奥さん、逃げてー!

Photo26
ある時期の流行は「何でもディスコ化」。
みんなのヒーロー「月光仮面」もディスコ化してます。
某耳毛の先生は、これには文句言わなかったんでしょうかね。

Photo27
埼玉って、オリンピック招致に立候補してましたっけ?
ちなみに、招致に立候補していた名古屋の
「名古屋オリンピック音頭」っていう曲も存在します。
決まる前からオリンピック音頭を作っちゃう自治体が多いんでしょうか。

Photo28
小沢昭一さんの「父ちゃん音頭」の歌詞。
深夜ラジオ好きの間では某番組のエンディングテーマとして有名。
前立腺肥大症~♪

Photo29
三波春夫大先生がこういうのをやると、
所謂「オヤジギャグ」も爽快です。

Photo30
ちなみに「温度音頭」の歌詞はこちら。
三波大先生の声に聞き惚れてしまう一曲です。

Photo31
流行にもなった「ハモネプ」を更に昔にやっている一枚。
演奏している曲はピンクレディーの「サウスポー」。
これ、YouTubeにもアップされているので、是非ご視聴を!
テンション高すぎて最高です。

今回のイベントでは3時間で450枚ほど写真を撮ったのですが、
レポートの長さの都合でカットしたというよりも、
「これは使ったらダメだ。。。」ということで使えない写真が多いです。
最高に楽しいのに、その楽しさを伝えられないジレンマ。
来年の「最ダメ大賞2011」ではどのようなものが飛び出すのか。
そして、次回は使える写真がどれくらいあるのか。
期待と不安が入り混じった気持ちで来年を迎えようと思います!
変なものに興味を持った方は、是非来年は会場へ!

Photo32
ちなみに、今回の物販は「いんちきおもちゃ」。
相変わらずの破壊力のようで、開演前や休憩時間には
見たり触ったりしたい人で山のような人だかりが。
実際に見たい方は、「最ダメ大賞2011」でご覧下さい!

(うさげん/mixiカルカルコミュニティ管理人)