ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『大人の一夜漬けシリーズ講座~原子力と放射線』ライブレポート:物理学の異端児多田将再び!測定器でカルカルを生測定も実施!(11.5/8開催)

2011年05月19日

物理学の最前線で働く多田氏が、今まさに知っておきたい「原子力と放射線」について、誰にでもわかるように解説してくれました。

500p1210459 
多田氏の髪の毛の色は、放射線の影響ではありませんので、御安心ください。

500p1200823 
多田氏は、高エネルギー加速器研究機構で研究をされており、東海村からやってきました。

さて、ここ最近注目度の高い原子力や放射線。最近の報道で聞いたこと無い単位や原子炉の名前が出てくるのですが、何の事だかよくわからない?

500p1200806 
そんな難しい話を多田氏は非常にわかりやすく解説してくれました

今回のライブレポートにあたって、非常に危険なのは『まちがった情報が流れてしまう』こと。

そんな訳で、今回のライブレポートは、どんな内容の話があったのかを紹介し、細かい内容については記載を省きます。(それだけ難しい内容と言うこと)

500p1200836 
スクリーンには、見覚えがある「元素表」が!この表を使う仕事があったのか・・・
もちろん原子力に「元素」は必需品、この辺りからの解説が始まります。

500p1200909 
続いて「原子炉の原理」(原子力発電ではなく原子炉がどのような原理で核分裂が起こっているかの解説)
いわゆる「臨界状態」と言うのが「正常な原子炉状態」であって「超・臨界状態」と言うのが「核爆発」のこと。

今回の震災では超・臨界状態は起こっていないです。

500p1200947 
原子炉の三要素、原子炉は科学技術の固まりですね・・・

500p1200969 
世界初の「原子炉」開発当初、原子炉は「プルトニュウム」を作るために造られたもので、エネルギー利用の為では無かったそうです

500p1200972 
見ているだけで、大混乱しそうな難しい話を、非常にわかりやすく解説してくれる多田氏

さて、原子炉のことが解ったところで、次は「原子力発電」の話
500p1210005 
「原子力」も「水力」も「火力」も電気を作る為には「発電機を回す」のは同じ。とにかく発電機を回さなければ電気は起きません。原発はその発電機を回すために原子力を使っています。

500p1210011 
最近、テレビなどでよく見かける図、こちらは主に東日本に有る「沸騰水型原子炉」

500p1210028 
こちらは、西日本に多い「加圧水型原子炉」

同じ原子力発電でも電力会社によって使っている原子炉が違うんですね。
もちろん、それぞれの原子炉の解説もばっちりしてくれました。

500p1210092 
日本の原子力発電の一覧表、この表からも「東京電力」の発電量が半端じゃない!

500p1210101 
「世界の原子力発電容量」を見ると、日本は世界3位の原子力発電容量を持っています。アメリカ・フランスは日本を越える発電容量、ただしロシアなどはガス発電が多く意外にも原子力発電は少ない

500p1210109 
ただし、国内の発電量の中で原子力発電が占める割合「原子力発電依存度」を見ると、ちょっと状況が変わってくる。日本は24%と割合では多い方ですが、フランスの依存度は半端じゃないですね・・・

500p1210155 
この写真は「原子炉で生成される放射性物質」ようするに「放射性廃棄」

よく言われる「半減期」とは(自然に壊れて半分になるまでの時間)
【プルトニュウム239】なんか、24,100年もかかるんだ・・・

これは子孫に残す「負の遺産」ですね・・・それにしても、長い・・・

後半は【放射線の話】
ある意味、今とても注目されている言葉かもしれませんが、多田氏曰く「放射線は見えないから怖いと言われるが、実際は知らないから怖いのです!」と、豪語してます。

確かにその通り・・・見えないものは、他にもいっぱいありますもんね。

500p1210185 
放射線とは・・・こんなわかりやすく説明を受けたのは初めてですが、放射線とはどういった時に何が起こって、何のことを放射線と言うのかがよくわかりました。

500p1210252 
そして、放射線を浴びると「何故癌になるのか?」少し浴びた位ならどうなるのか?など、誰もが不安に思っている部分を、解りやすく解説

本当に【知らない】と、言うことが一番大きな問題なんですね。

500p1210302 
「防護服」についても勘違いが多く、防護服は「汚染」を防ぐものであり「被曝」は防げないそうです。

500p1210332 
さて、放射能の測定器と言えば「ガイガーカウンター」が有名ですが、実はガイガーカウンターは、たくさんある測定器の一つ。その目的に応じた測定器を使わなければ意味がなく、何でもかんでもガイガーカウンターと言うわけでは無いそうです

500p1210350 
多田氏による「NaIシンチレーター」でのリアル測定も実施!

数値に会場も興味津津、お客さんも持ち物などの測定をしてもらっていました

数値を見て、お客さんも一安心 v( ̄ー ̄)v

500p1210417 
最後は、原子力に変わる「代替エネルギー」についての話

以外にも水力発電が力を発揮しているそうですが、もう日本にはコレ以上水力発電所を作る場所が無いそうです・・・

500p1210428 
最近はやりのソーラー発電も、原発1つを確保するには、お台場全部が隠れてしまうような大きさが必要、それでも夜や悪天候では発電できない・・・これじゃ安定した電力の供給は難しい・・・

原子力発電が本格的になって50年、逆を言えばその50年間に次世代エネルギーの研究・開発をしていなかったことが大問題!

今の日本は、早急に次世代エネルギーの研究・開発に力を注がなければならない切羽詰まった状態にあると言うことです。

500p1210444 
最後は質疑応答、お客さんからの質問に丁寧に答える多田氏
素朴な質問から哲学的なことまで、多くの質問がなされました

500p1210439 
一つ一つの質問に丁寧に答える多田氏

今回の震災でこのような事態になってしまいましたが、今、私たちに一番必要なのは「勉強すること」だと、多田氏も強く訴えています

報道や政府の発表を鵜呑みにして「取り乱すのは、知らないから」

今までの政策も「国民は知らなくていい」だったし、「国民も興味が無かった」

でも、何か起こった時には「皆さん、勉強しましょう!」

知っていると、知らないとでは「安心感」が違います。正しく知れば「なぜ日本に原発があり、今その原発がどうなっているのか?」が解り、自分たちが何をしたらいいのかがおのずと見えてくるはずです。

(ライター クロスケ)