ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『ヨーロッパ企画の第7回ショートショートムービーフェスティバル~SF映画大会・一般応募作品予選会』ライブレポート:年に一度の超楽しい超短編映画祭!今年はSF大会だ!(11.5/21開催)

2011年06月09日

年に1度の映画祭が今年もやってきました。
カルカルでお馴染みの京都の劇団「ヨーロッパ企画」が主催する
短編映画の祭典「ショートショートムービーフェスティバル」。
(以下SSMFと記載させていただきます。長いので。)
これまで数々の名作や迷作を送り出してきたこの祭典が
装い新たに今年もやってきました。
去年までとは異なるルールで開催される第7回大会。
カルカルで開催される一般予選を勝ち抜いて
本戦にコマを進めるのはどの作品なのか。
笑いあり涙ありの一般予選会の模様をレポートします!!

Photo01_2
はっじまるよー!

昨年までのSSMFは、以下のようなルールで行われていました。
・5分以内の映像であること。
・作品タイトルは、運営委員会が指定した共通タイトルとすること。
 (※第4回は「黄金」、第5回は「ゴ」、第6回は「ロック」という共通タイトルでした。)

上記ルールが今年から改められ、以下のような感じになりました。
・5分以内の映像であること。
・第7回大会は、運営委員会が指定したジャンル「SF映画」であること。

タイトル縛りではなく、ジャンル縛りとなったわけです。
しかも5分という超短時間で「SF映画」という難題に挑戦する監督たち。

Photo02_2
本日の司会と審査はこちらの方々。
(写真左から)
司会はSSMF運営委員長の中川さん
審査員は
ヨーロッパ企画主宰の上田さん
映画監督の筧さん
アスミック・エースの竹内さん
のお三方です。

審査は、お客さんと審査員の方々の投票によって行われます。
一人あたり2つの作品に投票し、得票の多かった上位2作品が本戦に進むことが出来ます。
なお、審査員の方々の1票は、3票分としてカウントされます。
審査員票を多く集めることも重要なポイントですね。

Photo03_2
ちなみに、こちらが投票用紙。
運営委員のミスで枠が1つしかありませんが、
2作品に投票するシステムです。
「1作品にしか投票しないと無効票となるトラップです!」と上田さん。
審査するお客さんにトラップを仕掛ける映画祭です。

今回、一般予選会で上映されたのは事前審査を通った12作品。
それらの作品に対する審査員の方々のコメントも併せて、一気に紹介します!
(なお、上映順は監督名の五十音順になっています。)

Photo04_2
青色三号監督
タイトル「カスタマイズドハニー」

自分好みに恋人を育て上げるゲームの話

審査員コメント
筧さん:
設定紹介に終始してしまった感じがもったいない。
設定紹介を言葉でやってしまうと、映像が流されてしまうので
映像使って何か強烈なエピソードとかでやるのが良いかも。
竹内さん:
5分でSFってっ難しいですね。
情報処理能力が試される感じ。
見る人の持っている経験を記号化していくと良いと思う。

Photo05_2
宇宙の隙間監督
タイトル「なんてことは全然なかった」

地球に宇宙人が侵略してきた?

審査員コメント
上田さん:
語り口を絵で補強していくのが、
なんと言うか気が利いているというか。
説明と絵を少しずらしているのも良い。
物語が単純に好き。
筧さん:
プロの人がデジタルでやっていることを
本当にアナログ使ってやっているのが良いと思う。
SFっていう本来クールなものを、
手触り感というか暖かさで演出しているのが良い。

Photo06_2
北見理監督
タイトル「extra」

宇宙人のお父さんと日本人の母

審査員コメント
筧さん:
宇宙人のお葬式という記号がド頭に出てくるのが良い。
王道なSF映画だと思います。
レベル高いですよね、これ。
竹内さん:
最後のシーンの宇宙船を出すか出さないかは、悩むところだと思う。
うちから溢れてくるものを出してきたんだろうな、という感じ。

Photo07_2
作道雄、橋ヶ谷典生監督(月面クロワッサン)
タイトル「負けない透明人間」

「透明人間はどこだ?」という番組の模様

審査員コメント
筧さん:
透明人間を主観で描くというのは斬新で良かった。
SFって、SF要素を掛け算しすぎると薄まる。
謎と謎をどんどん増やしていくと、薄まってしまうので
面白かっただけに、ちょい残念。
竹内さん:
最後のオチが、普通の映像からSF映画として昇華した瞬間だと思う。

Photo08_2
ジュース監督
タイトル「落札!SF」

過去の遺物となったSFグッズをオークションで落札していく。

審査員コメント
上田さん:
鼻血の表現方法とか、映画っぽくて良いと思う。
竹内さん:
タイムマシンに「臭さ」っていうものを掛け合わせるのが良かった。
この世界観は新しい。

Photo09_2
大長陽二朗監督
タイトル「リア充ボマー」

リア充を爆発させることが出来る能力を得た男

審査員コメント
上田さん:
主演の方の見ごたえが良かった。
主演のキャラクター性は自主映画としては欠かせない。
力がある作品で良かった。
筧さん:
主役のキャスティングが良かった。
説明セリフがエンターテイメントになっているのが凄い。
こういう人って独り言多そうだから、長セリフも見れるよね、
っていうことがあるのかもしれない。
竹内さん:
最後のシーンは「アンチリア充」としての
男の矜持だったのではないか。
筧さん:
三者三様の捕らえ方が出来る作品って、素敵だと思います。

Photo10_2
バイノットシーズ監督
タイトル「さよなら、不良おじさん」

全国から不良を集めているおじさん

審査員コメント
筧さん:
一回設定した世界観を崩すっていうことは中々しないけど、
数十秒単位でそれを変えていくのがスゴイ。
テロップとかナレーションの文体も変わる。
自分の作ったルールを変えているけど、何かそれが可愛く思えてくる。
竹内さん:
本日初のインナースペースもの。
人の中に宇宙を持っている。
でも、外側にも宇宙があったりして、混沌としている。
その混沌さが良い作品だと思う。

Photo11_2
福山茂監督(occasione)
タイトル「そらとぶクルマ」

そらとぶクルマを買いに来た人の話

審査員コメント
筧さん:
会議室のクローズドな世界で展開していたのは良かった。
変に映像に頼らず、会話でSFを展開していたのが好感持てる。
竹内さん:
最後に「もう終わり!?」みたいな声が上がったって言うことは、
それだけみんなが集中してみていたってことだと思う。

Photo12_2
粉末・サトイ監督
タイトル「時をかけれても少年」

時は越えられても、運命は超えられない?

審査員コメント
上田さん:
見ていて面白い。
短い時間でリフレインされるのが良い。
リアリティがあって良かった。
筧さん:
映画監督の才能の一つに、「エロいこと」ってあると思う。
この映画は、女の子の太ももの撮り方が良かった。

Photo13_2
前田和彦監督
タイトル「SOBAR WARS」

女の子とやきそばとの闘い

審査員コメント
上田さん:
予告編というスタイルは、5分でSFをやるには合うのかもしれない。
回と回の間を、観客が頭の中で埋めてくれるので。
筧さん:
エンドロールの使い方って、難しいと思う。
そこで終わりだってお客さんが思ってしまうので。

Photo14_2
真壁幸紀監督
タイトル「三億光年の彼方から」

公園でのレクリエーションサークルに参加する宇宙人?

審査員コメント
竹内さん:
安定した作品だと思う。
5分という制限の中でSF映画となると笑いにいきがちなのを
リリカルな方向に行っているのが良い。
上田:
三億光年っていう距離の単位が使われているのが、
色々考えれて良いなぁと思う。

Photo15_2
渡部亮平監督
タイトル「SMILE」

悲しみは笑顔を殺す

審査員コメント
上田:
力の注ぎどころが考えられていると思う。
ラストシーンの笑顔に感動してしまった自分がいます。
筧さん:
ほぼプロじゃないですか、この人。
真面目な感じで作っているので、真面目に評論になるけど
ケチを付けるところがなかった。
ストーリーも分かりやすいし。
雨のシーンもセリフだけじゃなくて、実際に降らせているのも好感持てます。

全12作品を観終わった後、投票が行われ
上位2作品が決定しました!
(有効投票数222票)

Photo16_2
第一位61票:渡部亮平監督

Photo17_2
第二位34票:大長陽二朗監督

この2作品が登場する第7回SSMFは
7/2(土)に東京・ヤクルトホールで開催されます。
今回通過した2作品を含む全14作品が上映される本戦。
果たしてグランプリを取るのはどの作品なんでしょうか?
チケットは絶賛発売中とのことですので、
皆様も是非是非足を運んでみてはいかがでしょうか?

Photo18
なお、本戦終了後の7/16に
カルカルでは「落選監督の宴」と称して
本戦に進めなかったヨーロッパ企画の監督をお呼びし、
「何故この作品が進めなかったか」を考える会が開催されます。
こちらも是非!

(うさげん/mixiカルカルコミュニティ管理人)