ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『トイレLOVEサミット2011』ライブレポート:カルカルがトイレを学ぶ学校に!(11.6/12開催)

2011年06月29日

毎年恒例、トイレ好きのトイレ好きによるトイレ好きのための大人気イベント「トイレLOVEサミット」(リピーターなし)、今回はトイレ学を学ぶ“学校”という設定で行われました。トイレ愛に満ちた講師の方々と本日の授業カリキュラムは以下の通りです。

1限目 どきどきキャンプ佐藤先生 「トイレのショールームの歩き方」
2限目 桜井えりす先生 「トイレタイムの歩き方」
3限目 丸山千里先生 「トイレ空間(インテリア)の歩き方」
4限目 インスタントジョンソンすぎ。先生 「公衆トイレの歩き方」
5限目 フリートーク
放課後 余興企画

ちなみに先生方はステージ中央に設置された特等席(便器)にて講義されます(羨ましい!)

S1jpg
本日の先生方です。

S2
トイレを想起させる今夜だけの特別メニュー。

S3
乾杯の合図や授業開始の号令はあの人気超人が担当。

たとえば車について語ってくれる人っていると思います。「○○社製の××エンジンは従来の□□と違ってすごい!」というように。佐藤先生はそれを便器でやってくれます(笑)トイレ回りに関する膨大な知識!それに対してすぎ。先生からの「なにやってるんですか?笑」の指摘。まったくです(笑)

S4
趣味はINAXやTOTOのショールーム巡りという佐藤先生。便器が似合う。

“ウォシュドル”の称号を持つえりす先生はブログ用の写真をトイレで撮る内にトイレ好きになられたそうです。その写真からは“トイレ空間愛”がひしひしと伝わりますが、すぎ。先生を筆頭に会場全体が同じことを思いました。「なにやってるんですか?笑」過激なショットが多かったので気になる方は各々先生のブログで確認してください(笑)

S5
トイレ好きとアイドルを矛盾なく両立してるすごい方です。

DECORADOR(デコラドール)の店長でインテリアデザイナーである丸山先生は今回唯一安心して講義を受けられるまともな人です。が、便器に座ってます。主催者の方、「なにやらせてるんですか?笑」それでもやはりお話は有意義なもので大変参考になりました。みなさん、壁紙を変える等のひと工夫でも見違えるほど素敵な(トイレ)空間になるんですよ!

S6
トイレに限らずインテリアのご相談は丸山先生に。

すぎ。先生は公衆トイレの専門家です。都内の公衆トイレはほぼ網羅してるんじゃないでしょうか。今夜は外観の美しさ、日当たり、清潔感、競争率等の観点から厳選されたオススメ公衆トイレをご紹介いただきました。その個性の多さに驚かされると同時に、こうも思いました。「すぎ。先生、あなたがなにやってるんですか?笑」

S7
巣鴨にある公衆トイレ、失言です(笑)

フリートークではトイレでギネス記録を作ろうという話で盛り上がりました。が、壮絶な内容となってしまったので却下(笑)次回会場で挑戦できそうな現実的な案がございましたら、是非ともお寄せください。

最後は余興企画としてマルセル・デュシャンばりに便器をいろいろな所に置いてみた写真を楽しみつつ、下校。みなさん、お疲れさまでした。先生方、ありがとうございました!

S8
間違いなくポップアートです(笑)

“トイレ”と一言でいっても様々な切り口があること、また、突きつめたときの奥の深さを今夜素晴らしき講師の方々に教わりました。しかし、トイレのエキスパートになるということは選ばれた人間だけに与えられた特権では決してないのです。普段当たり前のように暮らしていますが、日本のトイレテクノロジーは世界最高水準でしょう。それは我々日本人が遺伝子レベルでトイレ愛を有する人種であることの顕れなのではないでしょうか。みなさんも自分なりにトイレを愛してみてください。きっと素敵なトイレライフが便座を幕を開けることでしょう!

S9
同時並行の裏企画「おしっこを4.8リットル出す」ために脚光を浴びることなくひたすら飲み続けたドリンクマン。惜しくもノルマは達成できず、来年に期待。

(山崎楽/ライター)