ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『月への挑戦~Google Lunar X PRIZE 日本チーム オフィシャル・ファン・ミーティング』ライブレポート:Googleスポンサードで月を目指し活動する日本チーム団体のソーシャルミーティング!(11.6/4開催)

2011年07月03日

Moon
月への挑戦はもう始まっています。

じつは今、月を目指して活動している団体が世界中にいくつもあるのです。
その理由は『Google Lunar X Prize』(以下 GLXP)という月面無人探査レース。
Googleがスポンサーとなり、世界18ヶ国29チームが参加しています。
日本からはホワイトレーベルスペース・ジャパンが唯一エントリー。

Cimg1100 
こちらがホワイトレーベルスペース・ジャパンのメンバー。
今回は来られませんでしたが、東北大学航空宇宙工学の吉田教授などもメンバーです。

ホワイトレーベルスペース・ジャパンはこのGLXPを通して、一般消費者・民間企業を巻き込み、
最終的には宇宙ビジネス市場の飛躍的な活性化、ワクワクする宇宙開発、
そして、子どもの頃の夢を実現することを考えています。

Cimg1134 
このイベントも、その巻き込みの一環です。

賞金総額3000万ドル!

GLXPのルールは、2014年12月31日までに月面に純民間開発の無人探査機を着陸させ、
着陸地点から500m以上走行し、指定された高解像度の画像、動画、データを地球に送信すること。
ちなみに、賞金の総額は3000万ドル。
1ドル80円として考えたら24億円!

単純計算で、1000万円の車が240台も買える!
10万円の時計が2万4000個も買える!
1杯300円の牛丼が800万食も買える!
1本10円のうまい棒なら2億4000本も買える!

……ただ、月に行くためには約1億ドル(約80億円)が必要。
それでも参加する理由は、やはり“夢”があるからなのでしょう。

Cimg1146 
ここからはサイエンスエンジニアリングに興味がある人、
ビジネスプロモーションに興味がある人、
ビギナーに分かれてグループディスカッション。

どうしたら一般女性が宇宙を好きになれるか?
宇宙に興味をもってもらうにはどうしたらいいか?
宇宙をテーマにした創作イベントアイデア

などを話し合いました。

Cimg1169 
最後は参加者全員で記念撮影。

Cimg1172 
絶対、月へ……!

(ライター・たまに大阪)