ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『大人の科学マガジン~“羽ばたき飛行機”空を舞う!』ライブレポート:創作付録で大人気、大人の科学の“羽ばたき飛行機”をみんなで飛ばそう!(11.6/12開催)

2011年07月13日

人間にないもの、それは空を飛ぶための翼。
神が人間に翼を与えなかった理由は定かではないが、
我々は鳥のように気軽に空を飛ぶことは出来ない。
だから人間は空を自由に飛ぶ鳥に憧れを持っている。

そんな憧れから作り出された象徴、それが“羽ばたき飛行機”かも知れない。

Cimg1358
人間は鳥にはなれないし、鳥を作ることも出来ない。
しかし、鳥のように羽ばたく“羽ばたき飛行機”は、
『大人の科学マガジン Vol.31』を買えば簡単に作れる。

Cimg1178
人間は『羽ばたき手羽先』というアイデア料理も作ることが出来る。

きっかけは空飛ぶパンツ

テクノ工作セットやアンプ+スピーカー内蔵のミニエレキなど、
毎回変わった付録が話題の『大人の科学マガジン』。
では、なぜ今回は“羽ばたき飛行機”を付録にしようと思ったのでしょう?
『大人の科学マガジン』の付録開発担当者、小美濃さんはそのきっかけを
「野尻さんの空飛ぶパンツの映像を見たのが原点」
と話しました。

Cimg1212
これがその空飛ぶパンツ。そのパンツを持って微笑む制作者の野尻さん。
このパンツが今回の付録の原型です。

では、野尻さんはどうして空飛ぶパンツを作ろうと思ったのでしょう?
この疑問に野尻さんは、
「『そらのおとしもの』というアニメがあるんですけど。
そのエンディングで、パンツが空を飛んでいるんですよ。
これが大変素晴らしい飛び方をして、空力的に飛ぶな、と思ったんです」
と、制作のきっかけを告白。

Cimg1214
野尻さんの作ったパンツが太陽目指して空を飛ぶ!

“羽ばたき飛行機”はツンデレ

そもそも、“羽ばたき飛行機”の魅力とはどこにあるのでしょう?

野尻さんは

「“羽ばたき飛行機”はプロペラがなくて、往復運動だけで動くんです。
その動きが生き物に見えるんです。
そういうパタパタしている動きだけで、生きているなぁ、と思えるのが面白い」

とその魅力を説明。

また、『羽ばたき飛行機製作工房』を主宰する高橋さんも、

「やっぱりパタパタしているのが生き物みたいで面白い。
あと、昔からゼンマイとかモーターとか動くオモチャが好きだったというのもある」

と自身が“羽ばたき飛行機”にハマった理由を告白。

『超小型飛行体研究所』主宰の宗像さんは

「自分でゼロから作ろうとするとなかなかツンデレな部分がある。
言うことを聞いてくれない。それが上手くいくと嬉しい」

と話しました。

Cimg1232
「どれだけ軽量化できるかが成功のカギ」と高橋さん。

Cimg1251
実際に会場で飛ばしてみました。ちゃんと飛んでる! 凄い!

Cimg1245
宗像さんは付録の“羽ばたき飛行機”を改造してラジコン化。
携帯電話のモーターを使用しているんだとか。

Cimg1249
ラジコン化してあるので、動きも自由に操作できます。

Cimg1306
非常口案内の上に不時着するハプニングも。

Cimg1343
最後はお客さんも交え、みんなで“羽ばたき飛行機”を飛ばしました。

(ライター・たまに大阪)