ネットとリアルをつなぐソーシャル飲食店

『スーパーベルズの鉄道ナイト11』ライブレポート:ニコニコ生放送でも約3万5千人が視聴!キングオブ鉄道イベント今夜も発車オーライ!(11.7/17開催)

2011年07月29日

L1

“キングオブ鉄イベント”“伝説の鉄イベント”
として名高い『スーパーベルズの鉄道ナイト11』
チョイ鉄の身で参加してきました!

真夏の炎天下の中、開店前から続々と集まるお客さん。
それぞれ看板の前で立ち止まって
「このイラストは電車じゃなくてモノレールじゃないか!」

などと呟いている辺り、お客さん側のやる気を感じさせますね!

P1030219

開場時間になると、申込番号順に呼ばれ、
カルカル会場に乗車…じゃなくて、入場。
なんせ“全席満席!オーダー改札止め”
なイベントなもので席取り合戦も熾烈極めます。

出来ることなら“かぶりつき”で観たいのが鉄道ファン!
最後に入場したものの、そこそこの席をゲットして、着席。

P1030215

さて、カルカルは飲食しながら…きっぱり言うなら
飲みながら楽しめるのが良いところ♪
ちゃんと、鉄音ナイトの説明にも“祝賀列車酒発進行~!”とあるので
ドリンクオーダーです!

L66

カルカルではイベント毎に本日限定ドリンクが出ますが、
本日はアルコールが3種類。
緑色の“E5 はやぶさ”、赤色の“E6 こまち”
そして黄色の“ドクターイエロー”
食べ物は“いかめし”。数量限定でした。

L2

ソフトドリンクではコーラ&メロンの“節電車両”
途中に緊急追加で出演者、南田裕介さんの大好物という
“ウィルキソンのジンジャーエール”が加わりました。

さて、開演時間になり、出発進行です!

L7

スーパーベルズの曲がかかり、ノリノリで登場したのは、
我らが保線DJ土屋さん(左)と車掌DJ野月さん(右)のお二人。
入線…じゃなくて入場時からパフォーマンス激しい!
ファンサービスがっつり!

L9

続いて、アイアンゲストの
S-flyer桜井さん (左端)南田裕介さん(右端)が入場し
とりあえず4人のビールが揃ったところで早速、

「かんぱーい!」

…って、アレ?
まだ事前告知されていた重要なゲストが来てないような…

L10

というわけで、
乾杯を終えてしまった多少気まずいタイミングで
クリステル・チアリさんがにこやかに登場しました!
4人ともアチャーと言った感じ。

L11

チアリさんもドリンクオーダーしつつ、まずは自己紹介が。

元英語のお姉さん(NHK「英語であそぼ」)でありながら、
現在は日本の数多くの鉄道路線の車内英語アナウンス
をされているチアリさん
鉄道ファンのみならず全国の人の耳にお馴染みのアノ声
会場も熱狂しています。

しかも、会場のお客さんがリクエストした
英語アナウンスを実際やって頂けることに!

L12

しかし、当たったお客さんのリクエストがマニアックすぎて
聞き返しても理解できない、チアリさん。横で南田さんがニヤリ。
結局、「蘇我」「渋谷」の車内放送を実演して頂きました。

拍手と興奮に包まれる会場の中を
土屋さんの感想 「凄く、似てる!!」
に大爆笑が…。

その他、車内放送収録の裏エピソードなどを披露されたり、
スーパーベルズの次の曲に出演決定(?)したり…。

チアリさんのアナウンス「mita subway line」の発音が
「みたされない」に聞こえてしまうエピソードから
またもや土屋さんから「英語下手でしょ!」発言が飛び出す!

L13

大盛り上がりの会場に、更に二名のゲストが追加!
鉄道模型会社トミーテックの鈴木さん(中)とジオラマ製作DDFの矢幅さん(右)
ときたら、始まるのは模型トーク「プロジェクトN」

L14_2

お客さんよりも興奮して画面を見つめる、出演者の皆さん。

まずは模型ではなく、実物の電車(EF)の画像から始まりました。
鈴木さんによる模型に目覚めるようになるまでエピソードを披露。
EF79-54のヒューズ箱の写真などマニアックさ全開!

L15

鉄道むすめシリーズから三陸鉄道応援企画製品の紹介や
鉄道模型ショウ2011の紹介などを経て、矢幅さんへバトンタッチ。

L16

素晴らしい精密なジオラマの写真が披露されたわけですが、
合間にちょいちょい入る矢幅さんの酒好きエピソード。
「飲み放題で青森が着いてくる」
等の名言を残されました。

L17

作成中の鉄カルタ(仮)の紹介があり、なんと会場から内容を募集!
その後にイベント限定物販の商品の説明を
土屋さん野中さんの息のあったコント風味で紹介があり、休憩へ。

L18

毎回恒例の風景だそうで、物販への長蛇の列があっという間に…
「つり革ピアス」や、各地で好評のイベント限定「記念切符キーホルダー」などなど。
そして「出演者ネーム入り方向幕タオル」も人気。

L19

休憩が終わり、二部がスタート!
桜井さん、土屋さん、野月さん、南田さん、チアリさんが再入場!
しばしビールで乾杯タイムが終わると…

L20

野月さんの生ラップに合わせて、
鉄道アイドルKIHA48
が入場!!!!

L21

デビュー曲「たらこ色の純情」を披露!
会場のお客さんから「レミアー!」「宮ねぇー!」などの
熱い声援が飛び交う中、ノリノリで歌い踊るKIHA48の5人。
実は終始無表情のままのセンター宮田千春(旧姓)さん。

L23

着席した途端、会場の空気は宮田さん(中)ペースに!!
横でニコニコしつつ適切に突っ込むTJレミア☆さん(右)
自作の絵による「不思議の森鉄道」の説明をする宮田さん

「森へ帰れ!」と一喝する土屋さん
実に息のあったパフォーマンスです!


3

KIHA48内で席替えがあり、前面に出てきたのは
鈴木彩乃さん(左)、、山本紗由美さん(中)、堀込聖美さん(右)

そうです。鉄女育成スクールが始まりました!

2

スクール生の鉄分向上率をじっくりチェックという訳で
結構難しい(マニアック)な問題が連発!
必死で回答をする3人の様子を生暖かく見つめる感じが最高!

4

宮田さんが前面に戻った、となれば次は恒例の
「宮田千春の駅弁まだまだだ」コーナー!

宮田さんがカロリー重視で好き勝手な駅弁をつくるのでお馴染みですが、
今回は、はやぶさ弁当の容器に詰めてあります!
しかも、グランクラス!その中身は…

5

ウナギとカルパスを揚げてみたもの、のみが!!

主演者全員が頭を抱えながら必死で食べています。
「油が油を呼んで、クーピーみたい…」とのコメントが囁かれつつ、
首をかしげっぱなしのチアリさんからの質問

「…宮田さんは試食はされたんですか?」

で、ご飯しか試食していないことが判明!
しかし、出演者の皆さん、なんだかんだで
美味しそうに召し上がっておりました。
宮田さんのチョイスは「ご飯が進むこと!」だそうで…

油を流しこむためか、出演者の皆さんのアルコールの
ピッチがあがってきたところで、2回目の休憩へ。

P1030340

さあ、3部スタートです!
まずは出演者による鉄道フリートーク。

先ほど募集した鉄カルタ(仮)の発表が。
予想を超えた数の投票とマニアックさに

土屋さん「愚痴とかは自分のブログでやれよ!」
南田さん「生放送だと発表できない…」
野月さん「みんな渋いな~。渋すぎるな~」
桜井さん「おお、これいいねぇ!」

と、大はしゃぎで発表してました。

新コーナー「鉄の空似」へ。
日常の何気ない風景や物が鉄道関連っぽく見えるというもので
鉛筆削りを横にして「マスコン(運転台)!」とか
マウスが「台湾新幹線」とか…
お客さんも出演者もとにかくバカウケ。
「見える!」「わかるよ!」「もうそれにしか見えない!」
とヤンヤヤンヤの大盛り上がり。

さあ、楽しい宴も最後とくれば、勿論そうです。

エアトレイン大会!!!

01_2

エアトレインとは勿論、口まねで列車の走行音などを表現するのですが、
まずは出演者たちが見本!超豪華ですね。
ちょっとした打ち合わせがあり「231系が目黒に入るところ」を見事熱演!
チアリさんの英語アナウンスが入り、KIHA48も車内放送頑張りました!

お客さんからもエアトレインを募集します。

出場者には豪華鉄道系グッズ「鉄道ファン賞」のプレゼントが!
募集した途端、あちこちで「ハイ!ハイ!」と挙がる手の多さ…

001

参加者は常連が多く、皆さんそれぞれ既にあだ名までお持ちの様子
負けずにルーキーも参戦するも、やはり緊張でやり直したりと大変そうです。

0001

3人組みや4人組みには紅一点が混じり
気合の入れ方が垣間見れますねー。

衣装や小道具まで用意してやる気満々の参加者の皆さん。

1

「3~4人でやると面白いね!一人で罪をかぶらなくていいからね!」
野月さん
出演者のエアトレイン時間が長くなると
「ママー!おしっこ漏れちゃうよー!トイレどこー?」
と子どものマネをして打ち切る、チアリん。
「緊張して発表する姿が好きなんだよなぁ。」
とルーキーをいじる、土屋さん。

「エアトレインは調子が良いと、駅でやってても気づかれないんですよ」
とのびっくり発言の、南田さん。

0

21時に、ニコニコ生放送が終了。
3時間の総入場者数約3万5千人のコメント数1万3千弱だそうで
こちらも盛り上がっていたようです。

しかし、エアトレイン大会は続いてました!30分以上!

エアトレインの出場者が埼玉から来たと分かったら、
出演者やお客さん全員で駅名を当てようとしたり、
放送が入らない分、のびのびゆるゆるに進んでいきます。

02

完成度のあまりに高いエアトレイン芸には
感動した出演者から逆リクエストが起こるなど
会場はヒートアップする一方のまま、
さすがに時間オーバーで終了へ。

01

第11回の内容も、濃くて盛りだくさんだった『鉄音ナイト』
ライブだから味わえる感動とともに、
ニコ生やtwitterでの実況を通して楽しみ方が広がったと思います。

次回のイベントも今から期待ですね!

(ライター・raku)